アルトコインの買い方とおすすめの取引所

アルトコインの買い方とおすすめの取引所
アルトコインのポイント
売買スプレッドに注意
取引所ごとに取扱いはそれぞれ
選択肢の広さは海外取引所

アルトコイン投資にはビットコイン投資とはまた違った魅力があります。

ほとんどの方は、ビットコインだけではなくアルトコインにも分散投資をしていますし、アルトコインの買い方をチェックして大きな投資リターンを得ていきましょう。

それぞれのアルトコイン購入におすすめの取引所も紹介していくので、効率的なアルトコイン投資のご参考としてください。

目次

アルトコインの買い方

アルトコインの買い方は基本的にビットコインと同じです。

仮想通貨取引所に口座を開設して、入金した日本円でそれぞれのアルトコインを購入することになります。

注意点は、取引所ごとで取扱いアルトコインが違うので、投資したいアルトコインがあるなら取扱いをチェックして口座を開設してください。

ビットコインはビットコインATMなどでの購入方法もありますが、アルトコインのATM普及は難しいかもしれません。

取引所によって取扱いアルトコインが違う

アルトコインは取引所によって、取扱い数と種類が異なります。

日本の取引所は金融庁の監視下なので取扱い通貨の審査が厳しく、海外取引所はかなり緩い傾向です。

国内取引所だと、多くてもコインチェックの十数種類の取扱い数ですが、海外取引所だと100種類の取扱いという取引所もあります。

世界一の取引高となった海外取引所のBINANCEは、アルトコイン数の取扱いでシェアを伸ばしてきた印象です。
BINANCE(バイナンス)取扱い仮想通貨数とアルトコイン種類

それでは、国内取引所の取扱いアルトコイン一覧を見てみましょう。

[table id=2 /]

コインチェック以外は大きな差はありませんね。アルトコイン選択肢のためにはコインチェックは押さえておきたいところで、次いでNEM(XEM)やモナコイン(MONA)のためにZaifを選んでいくといいでしょう。

ただ、同じアルトコインの取扱いでも、取引所によって手数料やスプレッドが異なってくるので、それぞれのアルトコインごとのおすすめ取引所も見てみましょう。

アルトコインごとのおすすめの取引所の基準

手数料やスプレッドが異なるので、効率的なアルトコイン投資のためにはアルトコインごとで取引所を選んでください。

気にするべきは取引所と販売所形式の違いで、基本的にはユーザー同士で取引する取引所形式を選ぶべきです。

販売所形式だと、運営会社から仮想通貨を購入することになり、手数料は無料ですがスプレッド(売買価格差)での実質負担が大きくなってしまいます。

取引所と販売所形式のメリットとデメリットを一覧としてみたのでご参考ください。

取引相手 メリット デメリット
取引所形式 ユーザー スプレッドほぼ無し 手数料が少々
ユーザーが少ないと流動しない
販売所形式 運営会社 手数料は無料
売買が簡単
スプレッドが大
(3~7%程度)

販売所形式は、簡単に売買ができますが投資効率は数%も悪くなってしまうのでおすすめできません。

売買板取引を選ぶことを強くおすすめします。

ビットコインはどの仮想通貨取引所も売買板取引が可能ですが、アルトコインは販売所形式も多いので注意してください。
ビットコイン取引所と販売所の違い

アルトコイン取引手数料とスプレッド比較

では、仮想通貨取引所ごとのアルトコイン取引手数料とスプレッドを見てみましょう。

国内の主要取引所としては、コインチェックとbitFlyerとGMOコインが販売所形式、ZaifやQUOINEXが取引所形式となっています。

おすすめの仮想通貨取引所のアルトコイン手数料とスプレッドを比較として一覧としてみました。

仮想通貨取引所 アルトコイン
取引手数料
販売所
スプレッド
コインチェック 無料 ±3%程
bitFlyer 取引所:0.2%
販売所:無料
±5%程
Zaif 0~0.3% 取引所形式
なのでほぼ無し
GMOコイン 無料 ETH:2000円
LTC:300円
BCH:3000円
XRP:1円
(キャンペーン有り)
QUOINEX 0.25% 取引所形式
なのでほぼ無し

(手数料やスプレッドは変更となっている場合がありますので、詳細は各公式サイトをご参考ください)

正直なところ、アルトコインの取引手数料はほぼ気にする数字ではないので、スプレッドを重視してください。

初心者さんにとっては簡単に売買ができるメリットもありますが、売買板取引の使い方も簡単ですし、販売所で購入する意味はほとんどありません

アルトコインごとのおすすめ取引所ランキング

では、それぞれのアルトコインごとのおすすめ取引所ランキングです。

ビットコインと主要アルトコインごとのおすすめ取引所を一覧としてみたのでご参考ください。

アルトコイン 1位 2位 3位
ビットコイン
(BTC)
コインチェック bitFlyer Zaif
ビットコインキャッシュ
(BCH)
Zaif bitFlyer QUOINEX
イーサリアム
(ETH)
Zaif bitFlyer QUOINEX
リップル
(XRP)
コインチェック GMOコイン bitbank
ライトコイン
(LTC)
コインチェック GMOコイン bitFlyer
NEM
(XEM)
Zaif コインチェック
モナコイン
(MONA)
Zaif bitFlyer bitbank

おすすめランキングの基準は、スプレッドの狭い売買板取引を重視しています。

(ただ、売買板取引の場合はユーザー取引高が少なければ、注文した価格で取引が成立しないので流動性も考慮しています)

購入したいアルトコインごとの取引所選びの参考としてください。

アルトコイン売買は海外取引所がおすすめ

アルトコインの売買は国内よりも海外取引所の方が優れています。

海外はほとんどが売買板取引ですし、取扱数が100種類以上と選択肢の広さと優位性はかなりのものです。

海外取引所というと、ハードルやリスクが高いイメージもあるかもしれませんが、リスクも取引所によって全く違います。

取引高世界一を達成したBAINANCEは安心感や使いやすさ的にも海外取引所としては問題ありませんし、登録もメールアドレスだけで可能(1日2BTC以上の送金には本人確認が必要)で、即日取引ができる利便性も魅力です。

BINANCEはアルトコイン取扱いは100種類以上ですし、手数料は0.05%~0.1%でスプレッドはほぼ無しと圧倒的な優位性です。

アルトコイン売買をしていくなら、ぜひBINANCEも選択としてみてください。

まとめとおまけ

仮想通貨初心者さんはビットコイン投資から入るかと思いますが、アルトコイン投資にはビットコイン以上の魅力もあります。

2017年のビットコインは約10万円から約160万円という16倍ほどの上昇率でしたが、アルトコインだと50倍100倍を達成した通貨も非常に多いぐらいですからね。

時価総額的にジワ上げのビットコイン、急騰のアルトコインといった傾向も注目したいところです。

アルトコインの買い方の注意点としてはスプレッドに気を付けてください。

投資効率を上げるために、アルトコイン購入はそれぞれ適した取引所で購入するのがおすすめです。

とりあえずは、コインチェックとZaifを押さえておくと間違いないでしょう。

色々な選択肢を広げて、アルトコイン投資と大きなリターンを楽しんでみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる