Amazonでビットコイン決済が使えるようになるとの噂は絶えませんが、なかなか決定打がないまま現在に至ります。

世界一と言ってもいいインターネット通販サイトのAmazonにビットコイン決済が導入されれば、ビットコインだけではなく仮想通貨全般にビッグニュースであることは間違いありません。

知名度と利便性が上がることは当然ですし、投資相場への影響もプラス面が大きいのは確かでしょう。

そしてそして、Amazonが仮想通貨やイーサリアム関連のドメインを取得しているということで、仮想通貨決済の期待は大きく高まってきました。

Amazonがイーサリアムドメインを取得

イーサリアム

Amazonが仮想通貨関連のドメインを取得しているという噂があったので調べてきました。

amazoncryptocurrencies.com
amazoncryptocurrency.com
amazonethereum.com

この3つのドメインですが、Whoisで調べたところ「Registrant Organization: Amazon Technologies, Inc.」ということで所有会社はAmazonの関連会社ですね。

ちなみにドメイン取得日は2017年10月31日でした。

ドメイン的に、アマゾンクリプトカレンシーズ、アマゾンクリプトカレンシー、アマゾンイーサリアムということで、完全に仮想通貨関連のドメインでしょう。

どんな事業を立ち上げる予定かはわかりませんが、仮想通貨関連は取引所の可能性まであります。特にイーサリアムに注目で、これはおそらく決済関連なのではないでしょうか。

アマゾンビットコインは?

ビットコイン

アマゾンイーサリアムはあるのにビットコインは?という疑問も出てきますよね。

ドメインを調べたところ、「amazonbitcoin.com」はAmazon Technologies, Incによって、2013年に既に取得されていました。

しかし、アマゾンでビットコイン決済がまだ導入されていないのはご存知の通りです。

ちなみに、amazonbitcoin.comにアクセスするとamazon.comにリダイレクトされています。

こう考えると、イーサリアムもただのドメインを押さえただけかなという感じもしますが、わざわざこの時期にクリプトカレンシー関連と一緒にドメインを取ったということはなにか意図を勘ぐってしまいますよね。

まあこれはどこまで行っても憶測の域を出ませんし、個々で想像するしかないという現実なのですが、Amazonが仮想通貨の取扱い、特に決済導入に関しては一歩現実化したと考えてもいいでしょう。

ただ、ビットコイン決済が10分掛かるというのはネットショッピングにとっては致命的でです。ビットコインよりも速いイーサリアムの方がネット決済には向いているということでのイーサリアムドメイン取得という面もあるのだと思います。

Amazonに仮想通貨決済が導入されると?

amazonネットショッピング

ビットコインやイーサリアム決済がamazonに導入されると、仮想通貨の使い道と知名度は大きく跳ね上がります。

追随する他のネットショッピングサイトへの導入も秒読みとなることでしょう。

仮にAmazonが仮想通貨決済を導入しないとしても、ネットショップと仮想通貨の相性の良さは抜群ですし、現在もビットコイン決済を使えるお店は増えて続けています。

Amazonも仮想通貨決済を採用することによって、この流れが加速することは間違いなく、仮想通貨の価値の上昇とともに投資相場の上昇も確実なのだと思います。

こう考えると、仮想通貨市場の伸びしろはまだまだ残りすぎていますね。

 上がり切ってバブルとも言われるビットコイン相場ですが、どこまで伸びるのか恐ろしさすら感じてしまうぐらいです。

まとめとおまけ

Amazonがビットコイン決済を採用するという噂はありますが、決定打はなかなか出てきません。

AmazonbitcoinとAmazonethereumというドメインを取っていることは確かなので、いずれは関連事業、もしくはAmazonに決済を導入するという見込みはそれなりに濃いものと思います。

Amazonに採用された仮想通貨相場は跳ね上がるでしょうから、投資としては噂段階で仕込んでおいて、事実で売るというのも王道の投資法のひとつでしょう。

仮想通貨投資の際は、手数料や取り扱いサービスなど各項目を比較できますので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方