仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、ビットコイン以外にたくさんのアルトコインもあるのが仮想通貨です。

むしろ、ビットコインという名前を知っていても、「仮想通貨って何?」というぐらい一般には仮想通貨そのものが知られていない面もあるんですよね。

ただ、アルトコインの存在が今後の仮想通貨市場を揺るがすかもしれませんし、間違いなく抜きん出てくるアルトコインもあるので、ビットコインだけではなくアルトコインもぜひチェックしていきましょう。

仮想通貨とビットコイン

ビットコイン

ビットコインは初めて生まれた仮想通貨ということで、仮想通貨をリードする第一人者です。

仮想通貨というよりも、ブロックチェーンによって初めて生まれたものがビットコインですから、革命といってもいいほどの存在でもあるでしょう。

価値としても、仮想通貨の中では一段抜けた存在で、時価総額としては他の仮想通貨を圧倒しています。

日本円ではなく、ビットコインを軸としてアルトコインを売買もできることから、仮想通貨の中では基軸通貨としての役割も担っている別格の存在でもあります。

ただ、最初に生まれたということで、ビットコインのブロックチェーンにはいくつかの問題もあり、処理速度の遅延なども課題となっています。

 実際のところ、ビットコインよりも優れた技術のブロックチェーンは存在すると思いますが、価値は技術だけではなく、どれだけ浸透しているかという部分も大きく、これは基軸通貨となってしまえば覆ることはなかなか難しいものだと思います。

アルトコイン

アルトコイン

アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨を指し、アルトコインは日々誕生しているので数え上げるとキリがないほどの種類があります。

打表的なアルトコインも非常にたくさんあるのですが、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、MONA(モナコイン)、ダッシュ(DASH)等々、日本の仮想通貨取引所でも取り扱われていて、その幅も徐々に広がってきています。

投資としてのアルトコインの特徴としては、一気に吹き上がることがあるので、比較的安定的なビットコインよりも上昇幅が見込めるのが魅力です。

逆に、ビットコインと比べて無価値になる可能性も高く、リスク面も気になるのがアルトコインです。

ただ、上記で挙げたような代表的なアルトコインは、既にかなりの広がりを見せているのでそこまでのリスクはないでしょう。

リスク的な問題は、新規のICOで発行されたようなよくわからないアルトコインです。海外取引所でしか買えないことがほとんどですが、投資をする際には「どのような技術で何に使われるのか」というところをしっかりとチェックしてください。

リスクがある分、有望なアルトコインを見つけて投資できた時のリターンは非常に大きいものとなります。

仮想通貨の時価総額

仮想通貨、ビットコインとアルトコインの時価総額ランキングを見ていきましょう。

これで、概ねのビットコインとアルトコインの勢力図が見えてくるかと思います。

仮想通貨 時価総額(ドル)
1位 ビットコイン(BTC) $71,907,720,913
2位 イーサリアム(ETH) $29,331,617,687
3位 リップル(XPR) $9,070,598,667
4位 ビットコインキャッシュ(BCH) $5,941,638,707
5位 ライトコイン(LTC) $2,754,309,671
6位 ダッシュ(DASH) $2,322,226,711
7位 ネム(XEM) $1,905,138,000
8位 NEO $1,689,690,000
9位 IOTA $1,415,050,528
10位 Menero $1,368,480,289

(数字は2017年10/8のものです)

この時価総額ランキングは多少は変動しますが、ビットコインの1位とイーサリアムの2位は3位以下を大きく引き離していて、基本的にはそこまで大きく動くものではありません。

ただ、IOTAのように、一気に登ってくるアルトコインもあり、有望なアルトコインを見つけられた時のリターンは非常に大きいものとなります。これがアルトコインの大きな魅力ですね。

IOTAは、2016年07月11日に送り出され、現在注目のIoT(モノのインターネット)に最適化された暗号通貨および決済プロトコルというのが強みで、IoTデバイスの取得した気温・振動・回転数などのデータを、デバイス間で安全にやり取りができます。
 こういった、優れたプロジェクトのアルトコインを見つけるか、安定的にビットコインに投資するかというのも仮想通貨投資の魅力です。

POWとPOS

ビットコインとアルトコインを大きく分けるのが、仕組みとして、PoWと呼ばれるProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)と、PoSと呼ばれるProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)です。

さらには、PoI(Proof of Importance)やPoC(プルーフ オブ コンセンサス)と呼ばれる取引検証方式もあります。

これらを説明すると非常に長くなるのでざっくりと。

概要 仮想通貨
PoS マイニング式
膨大な計算能力が必要コンピュータの演算能力が高ければ高いほど多くのコインを採掘できる
ビットコイン
ライトコイン
モネロ
PoW コイン保有割合でブロックの承認の割合を決める
膨大な計算能力は不要たくさんのコイン長く持っているほど多くのコインを採掘できる
イーサリアム
リスク
Pol コイン保有割合と利用割合で報酬受取り ネム
PoC 発行主体が認めた機関だけが取引検証で報酬受取り リップル

どの承認方式と報酬形式が優れているかはそれぞれ一長一短ですが、基本的には分散管理によって、中央集権よりも安全で優れた送金決済システムが魅力です。

 その中でも、PoCは中央集権寄りとなっていてリップル社の動向次第で、どうにでもなってしまうという懸念もありますが、これはリップル社が承認者の分散を図ることによって否定しています。

後から出てきた仕組みほど、様々な弱点をカバーしていて優れている面もありますが、ビットコインも脆弱性を改良して来た過去もありますし、それぞれがどんどんと優れた仕組みになって行くのだなと感じます。

ブロックチェーンの根本が基本的に優秀すぎますし、ビットコインだけではなく、それぞれのアルトコインにも大きな魅力を感じることは市場の伸びが証明していることですね。

日本の仮想通貨取引所のアルトコイン取り扱い

海外にも目を向けると無数のアルトコインが取り扱われていますが、初心者さんは日本の仮想通貨取引所で取り扱われているアルトコインに注目していきましょう。

日本の仮想通貨取引所でのアルトコインの取り扱いを一覧にしてみました。

取引所取扱数BTCBCHETHETCLTCXEMXRPMONALSKQASH
コインチェック13
bitFlyer7
Zaif5
QUOINEX5予定予定
GMOコイン5
みんなのビットコイン3
bitbank6
BITPoint5
BTCBOX4
BitTrade6
DMM Bitcoin7
(取扱い仮想通貨は変更となっている可能性もあるので、詳細は各公式サイトをご確認ください。)

(さらにコインチェックでは以下のアルトコイン取り扱いがあります)
XMR:モネロ
FCT:ファクトム
REP:オーガ
ZEC:ジーキャッシュ
DASH:ダッシュ

ビットコインは全ての取引所で取り扱いがありますが、アルトコインはコインチェックがずば抜けていますね。

ビットコインだけではなく、アルトコイン投資にも目を向けるならコインチェックは外せません。

 コインチェックはアルトコイン種類の取り扱いだけではなく、手数料・セキュリティ・出来高・使いやすさ等のトータル面でも非常に優れていて、とりあえず口座開設するべきおすすめの取引所です。

公式サイトbitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨投資には、複数の口座開設でのリスク分散と、取引所の価格差を利用したアービトラージもおすすめなので、ぜひ複数の取引所に口座開設をしていきましょう。

まとめとおまけ

仮想通貨は、大きくビットコインとアルトコインに分けられ、アルトコインは毎日のように発行され生まれ続けています。

その中から、抜きんでたアルトコインが登場してくる可能性もあるので、投資先としても大きな魅力とリターンも期待できます。その分、リスクもあるのが気を付けなければらなない点ですが。

国内取引所取り扱いのアルトコインは時価総額や知名度も大きく、比較的安定的に動いているのでリスクとリターンのバランスが面白いところでもあります。ビットコインだけではなく、アルトコイン投資にもぜひ目を向けてみてください。

慣れてきたら、海外の取引所に目を向けて新しいアルトコインを発掘するのもいいでしょう。

まずは、国内取引所でビットコイン、次にアルトコイン、さらに慣れてくれば海外取引所でアルトコインというの流れがおすすめの投資法のひとつです。

取引所選びには、手数料や取り扱いアルトコインが比較できる仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方