ビットコイン購入は初心者さんにとってわからない部分があるかもしれませんね。

ビットコインの購入は仮想通貨取引所での購入が一般的ですが、ビットコインATMが普及すればもっと簡単に買えるようにもなるでしょうし、これからどんどんと身近なものになって行くはずです。

一般に普及する前に購入しておくというのは、大きな価値の値上がりも期待ができますし、ビットコインを早めに購入しておくことは投資としても魅力的な部分が大きいです。

今回は、ビットコイン購入方法について見ていきましょう。

ビットコイン購入方法

ビットコインとお金

最も一般的なビットコイン購入方法は仮想通貨取引所での購入です。

仮想通貨取引所に口座を作り、日本円を入金してビットコインを購入します。

取引所を介さない場合は、ビットコイン所有者に自分のウォレットに送ってもらう(売ってもらう)か、ビットコインATMで直接購入するかですが、どちらにしてもビットコインを入れるウォレットが無いとダメなので、取引所に口座を作るのが最も簡単です。

取引所口座=仮想通貨ウォレットとなります。ウォレットはAmazonなどで実際に売っていますが、初心者さんには設定などのハードルが高めです。

仮想通貨取引所でビットコインを購入

仮想通貨取引所でビットコインを購入するには、取引所と販売所形式があるのを覚えておきましょう。

取引所は、ユーザー間で注文を出し合っている売買板に注文を出していきます。

コインチェックだとこんな感じですね。

コインチェックビットコイン購入方法

最安で516694円での売り注文があるので、516694円で買い注文を出せば、0.1175ビットコインまですぐに購入することができます。

売買板といっても、ユーザーの注文が値段順に並んでいるだけなので難しいことはありません。

販売所は、運営会社がビットコインを販売している形式です。

販売値段は決まっていて、あとは数量を選択するだけです。

コインチェック仮想通貨販売所

この時のビットコイン販売レートは520736円なので、あとは数量を入力して購入しましょう。

ただ、販売所は販売レートが運営会社の利益を乗せて販売しているので、取引所でユーザーから購入するよりも高く付いてしまうのがネックです。(およそ2%ほど高い傾向です)

この辺りを気にしてビットコインを購入していきましょう。

メリット デメリット
取引所
(ユーザー相手)
購入価格が安い 慣れも必要
ユーザーが少ないと数を確保しにくい
販売所
(運営会社相手)
簡単売買
安定的に売買可能
購入価格が高い

ほとんどの仮想通貨取引所は、取引所と販売所を併設しているので、レートや数量などで選択をしていくのがいいでしょう。

GMOコインは少し特殊で、取引所ではなく販売所特化となっていて、販売所としては手数料(スプレッド)を非常に小さいく押さえています。

ビットコイン取引所と販売所についてはこちらで詳しく解説しているのでご参考ください。
関連記事ビットコイン取引所と販売所の違い

クレジットカードでビットコインを購入

仮想通貨取引所では、振り込んだ日本円だけではなく、クレジットカードで即日ビットコインを購入することも可能です。

コインチェックビットコインクレジットカード購入

現金が必要なく、土日深夜でもビットコインをすぐに購入できるのがクレジットカードの魅力です。

ただ、手数料が高く、10%近い上乗せ価格で購入することになってしまうので、限定的な使い方に留めるべきでしょう。

基本的にはクレジットカードでのビットコイン購入はおすすめできません。

ビットコインATMでビットコイン購入

ビットコインATM

日本ではまだそこまでおなじみではありませんが、ビットコインを直接購入することのできるATMも設置されています。

日本では東京を中心にまだ数えるほどしか設置がありませんが(まだ15機程度の設置です)、これからビットコインが普及するにつれ、ビットコインATMの設置は必ずや増えていくことでしょう。

使い方としては、現金をATMに投入し、スマホのウォレットアプリのQRコードをATMに読み込ませると、そのウォレットにビットコインが届きます。

自動販売機のようなイメージですね。

ウォレットアプリは必要になるのですが、直接ビットコインを購入できるとあって、ビットコインATMが増えると仮想通貨が一般に浸透したことを実感できるものと思います。

ビットコインATMもボランティアではないので、ATMによって異なりますが5~10%ほどの購入手数料が掛かります。

取引所で購入と比べると割高になってしまうのがネックなので、やはりインターネットで仮想通貨取引所での購入がおすすめとなります。

各種報酬でビットコインを貰う

購入以外にも、各種報酬でビットコインを入手することもできます。

コインチェックでは、保有ビットコインを貸し出すことで、利用料として最大年率5%のビットコインを受け取ることができます。

長期投資でビットコインを動かす予定がないなら、ぜひ貸し出して利用料を受け取りしましょう。

bitFlyerでは、提携サービスを利用することでビットコインを貰うことができます

楽天やじゃらんなど、業界最大手サービスもラインナップされているので、bitFlyer経由で利用してお得にビットコインを貰って行きましょう。

Zaifでは、利殖ボーナスとして、預入ビットコインの0.01%を毎日貰うことができます。年率3.6%ということで株式配当よりも魅力的ですね。

毎日貰えるというのがメリットを実感できることでしょう。

まとめとおまけ

ビットコインの購入は、仮想通貨取引所に口座を開設して、日本円を振り込んでユーザー間取引所での購入がおすすめとなります。

取引所の口座はウォレットとしても使えますし、ぜひ口座を開設していきましょう。

取引所もひとつに絞るのではなく、複数の取引所に口座を開設するのも非常におすすめです。

 リスク分散もできますし、取引所間でのビットコイン価格差を利用する投資法も可能です。

取引所選びの際には、手数料や取り扱いサービスなど各項目を比較できますので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方