ビットコインキャッシュの価格は長らく低迷していましたが、底を抜けて大きく上昇を見せています。

ビットコインキャッシュの価格がビットコインに迫り、もしかすると逆転までするのではないかという面までも出てくるかもしれませんね。

投資する側としては、ビットコインのような価格上昇を黙って見過ごすわけにはいかないので、ビットコインキャッシュ価格は要監視となってくるでしょう。

ビットコインとビットコインキャッシュ価格

ビットコイン価格は順調に伸び続け、ビットコインキャッシュは低迷するという時期も続きましたが、2017年11月のSegwit2中止(延期)を受け、その流れが変わったかもしれません。
関連記事ビットコインSegwit2xハードフォーク中止で相場上昇?

ビットコインキャッシュチャート

ビットコインキャッシュ価格が10万円を超えていますね。

10万円や1000ドルというのは、投資心理面でひとつの節目でもあるので、ここを突破して安定するというのはある程度の支持を得ているとも考えられるでしょう。

対して、ビットコインは11月のSegwit中止を受けて、87万円から70万円近くにまで下落しました。

Segwit2xという不安定なリスクは避けられ、ビットコイン価格は順調に上がるとも考えられていたんですけどね。

逆に、ハードフォークに期待していた資金の方が大きかったのか、失望売りの勢いの方が強いと感じます。

そもそも、Segwit2xが1MBから2MBへのハードフォークなので、8MBのビットコインキャッシュが見直されたという面もあるのでしょう。

ビットコインのスケーラビリティはどうしても問題になってしまうので、ビットコインキャッシュの需要は高まっていくのかもしれません。

ビットコインとビットコインキャッシュの価格比率

誕生時はビットコイン30万円、ビットコインキャッシュは6万円といった価格でしたから、比率的には5:1でした。

この時はビットコインキャッシュは無価値で消えてなくなるとまで言われました。

これが、最高で80万:4万で20倍の比率まで開いてやっぱりビットコインが最高モードになり、そして11月11日時点で75万:10万で7.5倍まで縮まっています。

一度開いた差がここまで縮まるということは、ビットコインキャッシュは評価され始めていると言ってもいいでしょう。

そして10万円という節目を超えたところで、ビットコインキャッシュが気になり始めた方も多いかと思います。

もし、50万:25万で2倍の比率(1BCH=0.5BTC)までくればこれは放っては置けない数字でしょう。ここまで来れば市場心理は大きく傾くはずです。ビットコインとの価格逆転も近いのかもしれません。

ビットコインは下がるかもしれない恐怖心、ビットコインキャッシュは爆発するかもしれない期待感は常に渦巻いているはずです。

ブロックチェーンの性能と、投資市場での価値は必ずしも比例するとは限りませんが、ビットコインキャッシュは常に注目されている部分もありますし、勢いづけばそれは他のアルトコインよりもさらに大きいものとなるのではないでしょうか。

投資市場は心理面も大きく出ますから、ビットコインとビットコインキャッシュの価格逆転には、その比率を見ていくことも重要だと感じます。

まとめとおまけ

ビットコインとビットコインキャッシュ価格は比較される面も大きく、ビットコインキャッシュは過小評価されている面も大きかったのではないでしょうか。

 

価格逆転とまではいかなくても、それぞれが並行して近い価格で推移していくバランスとなるのかもしれませんね。

実用面ではビットコイン決済がリードしている状況なので、ここをどう解決する対応や互換性などが生まれればビットコインキャッシュの価値はさらに高まることでしょう。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方