ビットコインは定期的に暴落します。

暴落の理由と原因は時々ですが、常にバブルと言われ続ける仮想通貨相場なので、なにかのきっかけさえあれば大幅な下落を迎える傾向です。

しかし、大きく上がった分だけ落ちることは当然ともいえるので、暴落というよりは強めの調整といってもいいかもしれませんね。

そして、ビットコインが暴落するとアルトコインに資金が回ってくるとも思われがちですが、これは間違いで、ビットコインが暴落するとアルトコインも暴落するというのが通例です。

ビットコイン暴落による恐怖心は、仮想通貨市場全体に悪影響を及ぼすのを意識して投資するのが利益を出すコツでもあるでしょう。

ビットコインの暴落

ビットコイン相場は、株式市場のようにストップ安がないので、暴落時の恐怖というのは他の金融商品の比ではありません。(それが魅力でもあるのですが)

不安要素による恐怖と、利益確定と損切りが重なり、下落が下落を呼んで暴落を引き起こします。

2017年中のビットコインの大幅下落を見てみましょう。

2017年ビットコインチャート

5月からでも5回の暴落(約30%の大幅調整)があり、12月22日にも220万円から136万円の約40%の暴落をしたばかりです。

200万円付近で推移している現在からすると、過去の20万円の下落幅は小さくも感じてしまいますが、当時としてはかなりの悲観具合で、ビットコインバブルは終わり説がその度に聞かれます。

ほとんど価値がなかったビットコインが、数十万円数百万円になっているのですから、下落のたびに恐怖心が生まれるのは恒例と言ってもいいでしょう。

しかし、悲観や恐怖も何度も経験すると慣れたもので、逆に買い増しチャンスと捉えて購入タイミングを探れるようにもなってくるんですね。

過去を見ると暴落タイミングで買い増しをするのが大勝利へと繋がっているのは明らかです。

暴落で買い増しをすると、本格的に価値がゼロになる時に逃げられないので、本当の終わりを見極めなければなりませんが。

ビットコイン暴落の原因と理由は?

ビットコイン暴落の理由や原因はその時によって様々です。

  • 不安定なハードフォーク
  • 派生コインによる派閥争い
  • 送金詰まり
  • 中国での仮想通貨取引所の停止
  • 国単位での仮想通貨規制
  • ハッキング
  • 大口の利確

等々、実際に起こった問題や施策から、噂レベルなどのものまでピンキリでもありますが、なにかのきっかけで崩れやすいのがビットコイン相場でもあります。

誰しもが、常にビットコインバブルという意識がどこかでありますから、不安要素が大きくなって複合化してきたところに大口の利確による大幅下落、天井で買った人の損切り、下で買った人の利益確定、上で勝った人の損切りというスパイラルで15%も下落すればあとは雪崩です。

不安が不安を呼んで30%の下落に達し、ひどい時は40%の暴落にも及ぶでしょう。山高ければ谷深しです。

こういったビットコインの暴落は、2~3か月に1度ほどのサイクルで起こっているわけですね。

ビットコインの上昇具合や、不安要素の情報収集、市場の雰囲気などを考慮して最初のきっかけを察知するのが早めに逃げ出すコツでもあります。

そして、ビットコインの下落はアルトコインにも波及して連れ安することも覚えておきましょう。

アルトコインはビットコイン資金が流入して上がっていくサイクルですが、下落は同時という傾向も強いです。

ビットコインが暴落するとアルトコインも連れ安する

ビットコインが暴落するとアルトコインも連れ安します。

詳しくは後述しますが、ビットコイン上昇とアルトコイン上昇には時間差がありますが、ビットコイン下落にはアルトコインも同時に下落する傾向が強いです。

ビットコインが直近の220万円から140万円まで下落した12月22日のコインチェック取扱い通貨を見てみましょう。ビットコイン暴落2017-12-22

ビットコインから始まった暴落でしたが、アルトコインも見事に連動して暴落していますね。

傷の深さはアルトコインによって違いますが、当日中にプラス圏から落ちてきた分も合わせると、実質的にほぼ全ての通貨が40%下落を食らっているはずです。

例えば、リップル(XRP)は150円まで上げてからの86円なので実質は43%の下落でした。

そして、リバウンドも連れ高します。

ビットコイン暴落リバウンド2017-12-22

全ての通貨が大幅なリバウンドとなっていますね。

NEM(XEM)を下落時に拾えていれば、それだけで60%もの上昇を取れたことになり、非常に大きな投資リターンとなったことでしょう。焦らずに投資資金を残し、暴落を待つというのも投資戦略のひとつです。

下落からリバウンドまでのチャートも見てみましょう。

ビットコイン暴落チャート

見事に値動きがリンクしていますね。

連動しているからこそ、他の通貨の下落を見てから逃げるというのは難しいのですが、暴落時に特別な通貨が無いということは覚えておくといいと思います。

暴落時は、各仮想通貨取引所のサーバーもダウンして注文が通らない傾向もあります。

逆に、将来有望なアルトコインも連れ安するので、欲しかったアルトコインがあれば仕込み時でもあります。

上昇し続けるということはほとんどないはずなので、高騰時に焦らずに、暴落を待って購入するのもおすすめです。

ビットコイン上昇とアルトコインへの資金循環

ビットコインとお金

ビットコイン暴落に連動するアルトコインですが、上昇には少しクセがあります。

アルトコインに資金が回って高騰するのは、ビットコインが上がった後の調整時で、ビットコインに入った資金が循環するという傾向が強いです。

具体的な資金循環の流れとしては、

  1. ビットコイン高騰
  2. ビットコイン調整
  3. 主要アルトコイン高騰
  4. 中堅アルトコイン高騰
  5. ビットコイン高騰or全暴落

こんな感じで資金は循環しがちです。

新規さんはまずビットコインを購入しますし、仮想通貨投資に慣れた人も分散しつつビットコイン建てで考える傾向が強いです。

ビットコインはなだらかに上昇を続け、アルトコインは順々に急騰するという傾向もあるので、アルトコインを移動しながら資金を増やすというのもいいでしょう。

ただ、ビットコインの上昇ターンが長く、ビットコイン高騰→ビットコイン調整→ビットコイン高騰→ビットコイン下落のようなパターンもあり、なかなかアルトコインが上昇しないこともあります。基本的に、仮想通貨ポートフォリオにはそれなりの割合でビットコインを入れておくといいでしょう。

ビットコインはバブル?

ビットコインはバブルかどうかというのは非常に気になる点ですが、これは誰にもわかりません

BTC1億円に達するという人もいれば、BTC価格はゼロになるとする人もいます。

ビットコインは過去最大級のバブルとも言われ、ITバブルやチューリップバブルとも比べられますが、結局は価値と価格が釣り合っていないことが問題なんですよね。

そしてビットコインの価値は変わります。ビットコイン自体も変化していくでしょうし、仮想通貨やブロックチェーンに取って代わるプログラムやコンピューターが誕生する可能性すらもあり得ます。

正直なところ、現状の仮想通貨市場は価値よりも期待感が先行して価格が付いている印象です。

価値が付くから価値が上がるという買いが買いを呼んでいる状態ですね。まあこれがバブルでもあるのですが。

バブルは崩壊してから気付くものでありますが、数々のバブルの歴史が残っていたり、実際に経験してきたことからバブルを警戒するというのは当然でもあると思います。

そして、短期間で何十倍何百倍にもなり、億超えを達成した人も非常に多いことからバブル感が出ているのも実際に感じます。

結論としては、ビットコインはバブルかもしれないということしか言えませんが、リスクの低さの割にチャンスの大きさが非常に魅力なんですよね。

現在のFXや株式投資並みの参入率となった時が頭打ちとなるときなのかもしれません。

現状は、ビットコインの知名度が一般化したことにより、仮想通貨市場が消えてなくなる恐怖感よりも一般化していく期待感の方が強くなっているバランスが良い時期でもあると感じます。
数年前は今から見ると大チャンスでもありましたが、当時は当時で仮想通貨が一般化されないまま消える恐怖感もありました。

ビットコインは今後も暴落する?

ビットコインバブル崩壊

ビットコインが今後も暴落するかは気になるところですが、ほぼ確実に暴落すると思った方がいいでしょう。

30~40%の大幅下落は定期的にやってくるでしょうし、2~3月には確定申告で発生した税金支払いのための利確売りで一段落する可能性も高いです。

雑所得による税金は最大で45%+10%ですから、仮想通貨市場に入っていた資金が大幅に削られるということにも繋がり、調整時期も長めになるかもしれません。
外国はもう少し緩い税制の傾向なので、日本の相場との比較にも注目です。
ちなみに、中国の個人の確定申告は3月末、アメリカは4月中旬が提出期限です。

他にもビットコインや仮想通貨市場の問題も定期的に発生するでしょうし、国策や規制や要人の発言なども影響してきます。大型連休前などの利益確定売りも警戒するべき時期ですね。

何度もビットコインは暴落すると考えて投資資金の入れ方を考えるのがいいでしょう。

待っている間の上昇を眺めているのはモヤモヤしますが、暴落を待つというのは堅実で効率的な投資法のひとつだと思います。

まとめとおまけ

ビットコイン暴落の原因と理由は様々で不確定要素が強いですが、ビットコインと仮想通貨市場は意外に脆く、ビットコイン関連の問題は当然として、外部要因によってもあっさりと崩れます。

参加者は常にどこかで恐怖心を持ちながら投資している面が大きいからでしょうね。

定期的に30~40%の暴落が訪れますし、それを前提として投資資金の管理をしていくと効率のいい投資法のひとつともなるはずです。

常にビットコインバブル論は一定数あるので、必要以上に恐れずに、リスク管理をするのが重要ですね。

ビットコインとアルトコインのバランスも考えながら、仮想通貨投資とそのリターンを楽しんでいきましょう。

ビットコイン投資での手数料や取り扱いサービスなど各項目を比較できますので、取引所選びに仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。