bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨投資をするうえで、取扱い仮想通貨数は非常に重要なところです。

最初はビットコイン投資だけだとしても、爆発力のあるアルトコイン投資も外せません。

イーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)といったメインどころもしっかりと押さえているbitFlyerですが、モナコイン(MONA)やLISKといったアルトコインの積極的な追加にも注目していきましょう。

bitFlyerでの取扱い仮想通貨アルトコイン

bitFlyer取扱いアルトコイン

bitFlyerでの取扱い仮想通貨数は徐々に増えてきていて、現在はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、LISKの7種となっています。

取り扱い仮想通貨数13種と多いコインチェックには劣っていますが、それでも国内取引所ではトップクラスのアルトコイン取扱いですね。
コインチェックの取扱い仮想通貨アルトコイン

bitFlyerは取扱い仮想通貨を厳選している傾向で、bitFlyerでの取り扱いが決まるとその仮想通貨相場が一気に盛り上がる傾向もあります。(10月のモナコイン高騰の一因でもあるでしょう)

あとは、bitFlyerの取り扱いにリップル(XRP)やNEM(XEM)の取り扱いがあるとかなりの網羅性が出てくるところですね。

bitFlyerでの取扱いアルトコイン
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • LISK(LSK)

bitFlyerでのアルトコイン取引手数料

bitFlyerだけではありませんが、ビットコインとアルトコインの手数料はどの取引所でも異なる傾向です。

基本的にはアルトコインよりもビットコイン手数料の方が安いです。

bitFlyerでのアルトコイン売買は、ユーザー間での売買となる「Lightning 現物」か、bitFlyerと売買する販売所形式となります。

売買手数料は、「Lightning 現物」では0.20%、販売所では無料となっています。

販売所手数料が無料というのは嬉しい点ですが、通常レートと売買価格に差があるのは注意しておきましょう。

結局のところは、0.2%の手数料が掛かっても「Lightning 現物」での売買の方がおすすめとなります。

例えば、イーサリアム通常レートが40000円なのに、販売所でのイーサリアム販売価格は42000円、売却価格はという38000円という価格差が生まれます(価格差は変動します)。

この差額のスプレッド2000円が実質的な手数料負担となるわけですね。

bitFlyerでのアルトコイン売買方法

bitFlyerでのアルトコイン売買方法は、前述の通り、販売所とLightning現物に分かれています。

口座アカウント画面の左メニューにある「アルトコイン販売所」を選ぶと、アルトコイン一覧が表示されるので、取引したいアルトコインを選択してください。

bitFlyerアルトコイン販売所

売買価格はbitFlyerが提示したものとなるので、数量を入力して「コインを買う」か「コインを売る」で売買ができます。

これまでの成立した注文履歴、購入価格、売却価格が表示されているので、この数字を参考としてみるのもいいでしょう。

ユーザー同士の相場間取引ではなく、bitFlyerから購入(売却)するだけなので非常に簡単ですね。

アルトコインLightning現物取引

続いて、アルトコインのLightning現物取引も見てみましょう。

左メニューの「bitFlyer Lightning」を選ぶと、 ユーザー間取引のLightning 現物取引画面に入ることができます。

bitFlyerライトニングアルトコイン

高機能なので、画面情報がごちゃごちゃしていて少しわかりにくいかもしれませんね。

上部に並んでいる「ETC/BTC」を選ぶとアルトコイン売買ができます。

「ETC/BTC」はビットコイン建てでのイーサリアムということで、日本円ではなくビットコインでイーサリアムを売買することになります。

チャートや売買板情報を参考に、画面右側で数量と金額を入力してアルトコインを売買してください。

売買手数料が0.2%掛かるものの、販売所のような大きな売買価格差はないので、Lightningに取り扱いがあるアルトコインはこちらでの取引がおすすめです。

bitFlyer公式サイトでは、取引デモ画面も使ってみることができるのでぜひお試しください。

公式サイトbitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

日本の仮想通貨取引所のアルトコイン取り扱い

bitFlyer以外の仮想通貨取引所での取扱いアルトコインも気になるところですよね。

国内の仮想通貨取引所でのアルトコインの取り扱いを一覧にしてみました。

取引所取扱数BTCBCHETHETCLTCXEMXRPMONALSKQASH
コインチェック13
bitFlyer7
Zaif5
QUOINEX5予定予定
GMOコイン5
みんなのビットコイン3
bitbank6
BITPoint5
BTCBOX4
BitTrade6
DMM Bitcoin7
(取扱い仮想通貨は変更となっている可能性もあるので、詳細は各公式サイトをご確認ください。)

(さらにコインチェックでは以下のアルトコイン取り扱いがあります)
XMR:モネロ
FCT:ファクトム
REP:オーガ
ZEC:ジーキャッシュ
DASH:ダッシュ

bitFlyerも強いですが、アルトコインの取り扱い数はコインチェックが抜けていますね。

投資したいアルトコインを取り扱っている取引所を選んでいくのがおすすめですが、取引所はひとつではなく、リスク分散のためにも複数の取引所を併用していきましょう。

リスク分散だけでなく、取引所間の仮想通貨価格差を利用したアービトラージ(裁定取引)もおすすめです。

まとめとおまけ

bitFlyerはトータルサービスも充実していますが、アルトコインの取扱いにも力を入れています。

イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)に加え、2017/10/2にモナコイン(MONA)、2018/1/31にLISKもラインナップされ、6種の取扱となりました。

今後の追加にも期待ですね。

ビットコインと合わせて、アルトコイン投資とそのリターンをbitFlyerでぜひ楽しんでみてください。

公式サイトbitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

また、Changelly(チェンジリー)というスプレッド無しの仮想通貨交換所サービスもあるので、仮想通貨取引所と合わせてアルトコイン投資にご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。