ビットコイン口座2段階認証
仮想通貨投資ではセキュリティが大事って聞くけど、bitFlyerではどうしたらいいの?

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨ビットコイン取引口座を作ったとしても、大切な資産を預けておくのですからセキュリティは最も気を付けてほしい点のひとつです。

利便性とセキュリティの強さは反比例するので、少し煩わしいかもしれませんが二段階認証は設定しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)での二段階認証

bitFlyerでの二段階認証の設定は、口座アカウントで、設定→セキュリティ設定と進みます。

bitWire(メールアドレスでのビットコイン送付)では、最初から二段階認証が有効になっていますが他の項目も設定していきましょう。

[二段階認証を変更する]をクリックしてください。

二段階認証設定画面になり、登録メールアドレスに「確認コード」が送られてくるので入力して[次へ]。

変更内容選択となるので、「認証アプリを使う」「携帯電話の SMS で受取る」「メールで受け取る」のお好きな項目を設定してください。

デフォルトで入っている「メールで受け取る」が一番楽かと思いますが、別端末でのスマホ認証で一段セキュリティが上がるのでこちらもおすすめです。

認証アプリを使う場合は、2段階認証アプリGoogle Authenticatorの使い方と機種変更時の注意点をご参考ください。

「いつ使用するか」のチェックは、できるだけ多いほどセキュリティは上がります。

最低限、ログイン時と日本円の出金時にはチェックを入れておきましょう。(一番のリスクは、不正ログインされることと出金されることです。)

チェックを入れたら[次へ]で、再度二段階認証メールが送られてくるので、確認コードを打ち込んで[二段階認証を設定する]で完了です。

bitFlyerログインで二段階認証

ここまで進めると、ログインで二段階認証を求められるようになります。

メールアドレスとパスワードを入力すると、「二段階認証が設定されています」と出るので[確認コードを送信する]をクリック。

送られてきたメールの確認コードを入力して認証してください。

また、「このデバイスでは次回からコード入力を省略する」をチェックすれば、次回からこの端末でのログインは二段階認証なしで入ることができます。

違う端末からのログインでは二段階認証を求められるので、セキュリティ的には高まり、利便性はそこまで下がらない状態になるので、こちらのチェックを入れておくのもいいでしょう。

暗証番号を設定する

bitFlyerでの暗証番号とは、メールによる二段階認証の設定となっている人が使うもの(SMSおよびアプリで二段階認証を設定の人は暗証番号の設定は不要)で、おそらくメール認証の方が多いと思うので設定しておきましょう。

暗唱番号を使用するケースは、仮想通貨の外部送付またはbitWireを利用の際、および二段階認証の設定をメールから他の方法に変更する際です。
[設定]→[セキュリティ設定]で[暗証番号を設定する]を選び、4桁の数字を設定してください。

暗証番号を忘れた場合、ユーザー側から暗証番号をリセットすることはできません。

登録電話番号への電話で本人確認をした後、bitFlyer側でリセットとなるので、問い合わせフォームから「ログイン・パスワードについて」を選択して暗証番号のリセットを依頼する手順となります。

まとめとおまけ

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)のセキュリティ強化のための二段階認証でした。

コインチェックでは認証アプリのみの二段階認証でしたが、bitFlyerではメールやSMSでの設定も選べるのが手軽な点です。

二段階認証がないと、メールアドレスとパスワードだけでログインされて大事な資産を盗まれてしまうので、二段階認証でしっかりと対策していきましょう。

bitFlyer

また、他の取引所との分散管理も重要で、複数の取引所で口座を持っておくことはほとんどの方が取っている管理方法でもあります。

ただ、複数の取引所での共通パスワードの使用は避けてくださいね。

bitFlyerと合わせて使用する仮想通貨取引所は、ほとんどの方が使っているコインチェックとZaifがおすすめです。

仮想通貨ビットコイン取引所おすすめランキング

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方