ブロックチェーンとマイニングってよく聞くけどどういう仕組みなの?

仮想通貨ビットコインを理解するうえで、ブロックチェーンとマイニングは欠かせません。

仮想通貨投資を始めるのに、絶対に理解してないといけないわけではありませんが、ざっくりとでも知っておくことでビットコインやそれぞれの仮想通貨の安全性や利便性がわかっていくでしょう。

そして、その価値を感じられるので投資対象としても魅力的に映るはずです。

ブロックチェーンは、仮想通貨以外にも応用できる素晴らしいシステムなので、入り口だけでもぜひ知っておいてください。

ブロックチェーンとマイニング

まずは、ブロックチェーンの始まりであるビットコインでのブロックチェーンとマイニングについて理解するのがおすすめです。

専門的な技術にも思えますが、「データをブロックとして暗号で括って、みんなで管理して繋げていく」というのがブロックチェーンの基本です。

マイニングは、この管理報酬として分け与えられる新規のビットコインのことで、ビットコインが新規に生まれるためにマイニング(採掘)と呼ばれます。

へえ、データをブロックとして繋げるからブロックチェーンなんだ。
そうだね、そこには色々なルールがあるんだけど、基本はシンプルなシステムだよ。
みんなで管理する分散台帳システムがブロックチェーンのポイントっていうのはよく言われるよね。
うん。中央管理ではなく、分散管理による安全性と利便性が一番のメリットだと思うよ。

しっかりしたシステムで、世界中で分散管理をするから不正をしにくくコストも安いんだ。

中央管理と分散管理

銀行を介した中央管理と、世界中での分散管理だと、銀行の信用度の方が上とも思われがちですが、リスク的には中央管理システムの方が大きいはずです。

中央管理は銀行や国の信頼によって成り立っていて、基本的には問題がありませんが、その銀行に勤めている人が不正をすることはあり得る話ですし、過去に不正の例はたくさん転がっています。

不正ではなくても、銀行が破綻すれば預金を引き出せなくなってしまいますし、国の経済状況による通貨のインフレデフレ、国際通貨価値の暴落の影響も受けるでしょう。

銀行や国という管理者が決まっているからこそ、安全性は100%ではありません。日本に住んでいるとリスクを実感しにくいですけどね

しかしブロックチェーンによる分散台帳システムだと、中央管理によるデメリットを解消し、安全性はほぼ100%に近い状態となるんです。

ビットコインのブロックチェーン分散台帳

ビットコインのブロックチェーンを取引の流れで説明してみましょう。

A君がB君に1BTCを送金するとします。

まず、A君は自分の秘密鍵(暗証番号的な他の人に知られちゃマズいやつ)で、「AからBに1BTC送ります」という内容のデータを暗号文にして公開鍵と一緒に送ります。

公開鍵は誰でも使うことができるので、世界中にいるマイナー(管理者の人々)が暗号文と公開鍵を使って「AからBに1BTC送ります」という内容を確認することができます。

この「AからBに1BTC送ります」という内容には、暗号数値も含まれていて、これは前回からの正しい台帳を引き継いでいるという証明です。

そして、今回の「AからBに1BTC送ります」に対しても暗号数値を付けて正しいと証明する必要があり、この暗号数値をはじき出すための計算をすることになります。

この計算が世界中のマイナーによって行われ、一番早かった人にマイニング報酬として新規ビットコインが渡されるんですね。

また、この計算が合っているかどうかのチェックも参加者で行われ、過半数(51%)の承認を得ることでこの取引は証明されます。

そして次回の送金もこの暗号数値を使って行われるので、過去からの取引に連動性ができるということです。

これで改ざんをしようとすると、過去の暗号数値も改ざんしなければならないために現実的ではないというわけですね。

これが一連のブロックチェーンの流れです。

 暗号技術を使っているので、仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれる理由です。

ポイントは、みんなで管理をするという点と、過去からの取引情報が繋がっているという点ですね。

誰かが不正を行えない安全性に繋がり、新規のビットコインがマイニング報酬として渡されるので、送金者は手数料無料というコストの安さを実現できます。

また、データも分散管理されているので、どこかのコンピューターが破損したり攻撃を受けたとしても問題ありません。

今回の説明わかりにくかった方用に、もう少し身近に例えてみました。
関連記事仮想通貨のブロックチェーンとマイニングとは?家庭で例えてみる

ビットコインのマイニング報酬

マイナーがビットコイン管理を頑張る理由は、シンプルにマイニング報酬です。

取引の計算に成功することで、一定のビットコインと上乗せ手数料が貰えるので、非常に大きな価値となります。

 上乗せ手数料は、送金速度を上げるため(優先的に計算してもらう順番にするため)に、送金者が任意で乗せることができます。

ビットコインのマイニング報酬は、計算に一番早く成功した人が受け取ることができます。

2017年現在は、1ブロックにつき12.5BTCで、1BTC50万円とすると625万円といったところですね。1時間なら3750万円、24時間なら9億円、1年なら3285億円です。(ここに上乗せ手数料も入るのでさらなる額となります)

経費はコンピューター設備費と電気代がほとんどですから、マイニングは莫大な利益となり、世界中の企業が参加してきているのも頷けます。

といっても、こんなにマイニングが成功するわけはなく、マイニング成功確率はコンピューターの性能次第となるのですが。

マイニングのビットコイン半減期と上限

ビットコインのマイニング報酬は、約4年に1度の半減期があり、2009年は50BTCだったマイニング報酬が、2013年に25BTC、2017年に12.5BTCとなっています。

これはビットコインの価値が増大していけば問題ありませんが、マイニング競争過多となるのに価値は増えないとあれば、マイニング規模も縮小するかもしれません。(だからこそビットコインの価値は自然に上がっていくものと思われますが)

また、ビットコインの上限は2100万枚と決まっていて、これ以上はマイニングでの新規ビットコインは生まれません。

マイニング報酬がなくなるとマイナーの人たちは意味がなくなるように思うかもしれませんが、ビットコインが上限に達すると送金手数料がメイン報酬となっていくはずです。

 ちなみに、ビットコインが2100万枚に達するのは、132年後の2140年頃と言われています。
マイニングかあ。マイニングって個人でもできるのかな?
パソコンとソフトがあればできることはできるけど、競争も激しくなってきてるし、電気代の高い日本では割が合わない傾向だよ。
そっかあ、マイニングが中国とかロシアとか北欧とかって聞くのは電気代の関係なんだね。
そうだね。個人でのソロマイニングは厳しいから、シェアでマイニングするクラウドマイニングがおすすめだよ。

仮想通貨クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、マイニングをする企業(コンピューター)に対して出資して、マイニングできた仮想通貨を分配して受け取るというものです。

金利や配当にも似たシステムですね。

例えば、出資額1万円/年で、1日のマイニング分配報酬が0.0001ビットコインだったとします。

1ビットコイン50万円なら、1日50円の分配金が受け取れるイメージになり、365日で18250円のリターンが得られ、8250円の利益となります。

この場合は、年率182.5%ですから非常に割のいい投資とも言えるでしょう。

今回は、わかりやすいような数字にしてみましたが、出資額のシステムや分配報酬はそれぞれのクラウドマイニングによるので要チェックです。

クラウドマイニングもビットコインがメインですが、イーサリアムやライトコインといったアルトコインも選択肢にあることが多いので、リターンを計算して選択してみてください。

クラウドマイニングのデメリットとリスク

クラウドマイニングは、スワップ金利や株式配当に比べて、割のいい投資にも思えますが、デメリットとリスクがあるのも覚えておくべきでしょう。

まず、マイニングできる量ですが、他社のマイニング機能が伸びた場合に、自社のマイニング成功確率は落ち、マイニング分配報酬も少なくなるリスクがあります。

また、マイニング分配報酬は仮想通貨での分配のために、その仮想通貨相場が下落してしまっていると、円換算した時に価値も当然落ちてしまうリスクがあります。

この分配報酬が変動する面が、クラウドマイニングのデメリットと言えるでしょう。

リスクの高さとリターンの多さは比例するので、しょうがないことではありますが、個人的にはローリスクミドルリターンと感じるのがクラウドマイニングです。

これまでは外国企業でしか取り扱いがありませんでしたが、2018年からはDMMとGMOがクラウドマイニングを始めるとあって個人的にも非常に期待しているところです。

 クラウドマイニングは分散投資先のひとつとしておすすめになりそうですね。

まとめとおまけ

仮想通貨のブロックチェーンは、台帳を分散して、暗号を使って過去とも繋げるというイメージです。

世界中の人たちとの分散管理と、時間軸も繋げることによる四次元的なイメージにも感じる未来的システムですが、現実はここまで来ました。

ブロックチェーンは仮想通貨だけではなく、様々なシステムに応用できる画期的な分散管理システムで、これから先はスタンダードなものになって行く予感すらしています。

ブロックチェーンはビットコインから始まりましたし、ブロックチェーンが一般的になって行くにしたがって、仮想通貨の存在もどんどん一般的になっていくのかもしれませんね。

ブロックチェーンってなに?という人が多い状態で、仮想通貨に先行投資することは大きなリターンを得やすい状況でもあるはずなので、この機を逃さずに仮想通貨投資に乗り出してみてはいかがでしょうか。

関連記事仮想通貨ビットコイン投資の始め方

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方