仮想通貨市場が絶賛暴落中です。

ビットコインだけではなく、アルトコイン全体も連れ安ということで市場全体の空気が恐怖に包まれている感ですね。

高騰時よりも暴落時の行動が重要という面もあるので、必要以上に恐怖を感じずに冷静に行動をするというのが投資においては重要になってきます。暴落時に取るべき行動を考えてみましょう。

暴落時に損切りをするべき?

暴落時に損切りをするべきかどうかは大きな分岐点でもありますが、暴落と感じてからの損切りは狼狽売りに近いものがあります。

描いていた値動きと異なった時の損切りと、値が下がって耐えられなくなった狼狽売りは全く違うんですよね。

正直なところ、暴落が来てから売るのでは遅いと考えた方がいいでしょう。

100%の正解はありませんが、過去の例を見ると暴落時は買い増しがベスト、耐えるのがベター、売り逃げはワーストという結果となっています。

「今回だけ例外」という恐怖は感じてしまうかもしれませんが、そこは仮想通貨そのものへの捉え方になってきますね。

仮想通貨が実需がなく投機だけの対象なら、暴落時は買い増しよりも損切りをする方が安心だと思います。

逆に、仮想通貨そのもの悪材料ではなく、値動きや仕掛けの問題だけならバーゲンセールでの買い時と捉えるのが長期的に見た正解となることでしょう。

市場が終わるとすると、暴落時の買いは深手にもなってしまうのですが、そこを見極めるのはブロックチェーンやビットコインへの期待や理解が重要になってきます。

こまめな利益確定は最重要

ビットコインとお金

暴落の予兆を捉えて売っておくことがベストですが、その気配を捉える間もなく暴落は訪れることも多いです。

暴落の予兆は、悪材料による時もありますし、バブル感が高まった時にも起こります。

暴落の予兆は捉えられないと考え、価格高騰中にこまめに利益確定しておくことは非常に重要です。

高騰中に売るということは心理的に難しいのですが、利益確定は何よりも重要と考え、ある程度の節目節目で段階的に利益確定をするということは意識しておいた方がいいでしょう。

なにも一度に全利確(損切り)をしなくてもいいんです。一部を売って余力として避難させておくだけで投資選択肢はグッと広がります。

売った後にさらに上がるのを見ていると取り逃した気分にもなってしまいますが、「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があるように、頂点と底は取れない前提で考えると結果的に投資効率はよくなっていく傾向です。

余力があると暴落時はバーゲンセール

草コイン

フィアットでの余力があると暴落時はバーゲンセールという感覚になります。

欲しかった銘柄もグッとお買い得になっているはずですし、価格が戻るだけで大きなリターンとなりますね。

ただ、暴落時の買い増しは余力が無いとできないので、高騰中の利益確定が重要です。

買いも利益確定も分散を意識することで常に余力を残しておけるので、銘柄と時期の分散投資を意識していきましょう。

暴落時に全力ポジションを取っていると、狼狽売りか耐えるしか選択肢が無くなってしまい、結果的に狼狽売りの選択を取ってしまうのが投資初心者に多い傾向です。

ビットコインFXでショートポジション

ビットコインFXだとショートポジション(売り)で利益を上げられるので、下落相場での利益を取るためには、FXという選択肢を持っておくのもいいでしょう。

FXメインとして使うのもいいですし、現物の損失カバーとしても使えますね。

下手をすると往復ビンタともなってしまいますが、現物は保有しつつ、FXでショートポジションを取っていると損益は相殺できるはずです。

選択肢として仮想通貨FXもおすすめですので、下落時に合わせてぜひ投資選択肢としてみてください。

FXを上手く使えば、相場下落時でも大きな利益を出すことも可能です。

ビットコインの暴落はいつ終わる?

気になるのは相場の下落がいつ終わるのかという点ですよね。

株式投資では、ライブドアショック、ITバブル崩壊、リーマンショックなどなど、暴落から低迷は一連の流れでもありますが、仮想通貨市場では長い低迷というのはまだありません。

40%もの暴落も数日で終わって、すぐに価格が戻るどころか2倍3倍となるような相場速度です。

これが今後も続くかはわかりませんが、仮想通貨にはストップ安がないので下落も短期で終わる傾向が強く、暴落時に大口の機関投資家が仕込めるためにすぐに上昇相場になるのではないでしょうか。

相場の本格的な上昇には大口の力が必要ですから、その大口が仕込めないと上昇はしにくいんですね。

大口が仕込むと好材料が出てくる

大口が仕込んだ後はしっかりと上昇のきっかけを作ってくれるので、下落基調から空気が変わっていきます。

おそらく、「○○ファンドが仕込んだ」「目標価格は〇万ドル」などの好材料が相次ぐことでしょう。

あとは安心感の元に買いが増え、新規資金なども流入し、上昇基調から急騰を描き、大口の利益確定と共に暴落という一連の流れですね。

この相場サイクルを意識しておくことで、恐怖や楽観だけではなく、冷静に相場を見ることができるはずです。

冷静でなければ欲望で買って恐怖で売ってしまいますが、相場で勝つには逆なんですね。「恐怖で買って欲望で売る」という格言は強く意識しておきましょう。

ビットコイン暴落まとめ

仮想通貨の暴落はビットコインだけではなくアルトコイン全体にも派生し、身構えていないと非常にきついものです。

ただ、これまでにも何度も半値クラスの暴落で「ビットコインは終わった」ということは繰り返してきていますし、その度に狼狽売りは最も損をしている傾向が続いています。

買いの分散と利益確定で、常に余力を残して暴落時に買いを入れられるような余裕を作っておきましょう。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。