仮想通貨ビットコイン取引所の選び方(初心者向け)

仮想通貨取引所の選び方

[voice icon=”https://ccbegin.com/wp-content/uploads/2017/09/ビト子.png” color=”” type=”left”]仮想通貨、ビットコインに投資したいけど取引所はどこを選んだらいいの?[/voice]

仮想通貨ビットコインに投資をするなら、仮想通貨取引所に口座を開設するのが一般的な方法ですが、その選び方は少し迷いどころかもしれません。

特に初心者さんにとってはなにも選ぶ基準がないでしょうし、何が違うのかわかりにくいところもあるでしょう。

今回は仮想通貨取引所の選び方について、初心者さんにわかりやすく書いていきたいと思います。

目次

仮想通貨取引所ごとの違うポイント

仮想通貨取引所ごとに違うポイントは、手数料、取り扱い通貨(アルトコイン)、出来高、FX、信用取引レバレッジ倍率、取引画面の使いやすさ、セキュリティ、運営会社の信頼度、キャンペーン、各種ボーナスなど多岐に渡ります。

初心者さんがまず気にするべきは、狙いのアルトコインがあるかどうかで、買いたいアルトコインがあればそれを取り扱っている取引所に口座を開設していきましょう。

ビットコインであればどの取引所でも取り扱っているので、他の要素で取引所を選んでいくのがおすすめです。

キャンペーンを狙うのは難しいですし、取引画面の使いやすさは慣れればどこでも使いやすく感じるもので、そこまで優先事項ではありません。

ただ、おそらく複数の取引所に口座を開設するのがスタンダードですし、まずは使いやすい取引所で慣れてみるのもおすすめです。

[getpost id=”3219″]

仮想通貨取引所の選び方

取引所の選び方の優先度はそれぞれですが、

  1. セキュリティ・運営会社の信頼度
  2. 手数料
  3. 出来高
  4. 取扱アルトコイン
  5. 使いやすさ
  6. その他サービスやキャンペーン

この辺りを考えていきたいところです。

やはり、第一にセキュリティと運営会社の信頼度で、リスクをできるだけ低めなければいくら投資面が上手くいったとしても気が気ではありません。

これは、「安心だからみんなが使っている=みんなが使っているから安心」ということにも繋がり、出来高の多さにも比例する傾向です。

[aside type=”normal”]取引の出来高が少ないと、スプレッド(売買の価格差)が広くなり、安定した取引もしにくくなります。[/aside]

基本的にどこの取引所もセキュリティは非常に力を入れていて、2段階認証や連続認証エラーでのシャットアウトなどが標準的になってきているので安心感はどんどん上がってきています。

運営会社の信頼度も重要で、仮想通貨取引所運営の実績や、他の金融商品(株式やFX等)も運営しているかといった実績でも判断することができます。

例えば、コインチェックは仮想通貨取引所として第一人者ですし、bitFlyerはテレビCMも流しているメジャー感、GMOコインは仮想通貨取引所としては新興ですがGMOグループという安心感があります。

仮想通貨取引手数料

仮想通貨ビットコイン手数料

仮想通貨取引にかかる手数料は非常に安いものですが、それでも多少の差はあるので、頻繁に取引をする人ほど手数料を気にした方がいいでしょう。

長期投資メインでほとんど動かさないという方は、取引手数料はそこまで気にする項目でもありません。

各取引所の取引手数料を表にしてみました。

[table id=1 /]

(各数字は変わる可能性があるので、それぞれリンク先の公式サイトの数字をご参考ください)

ビットコインの現物取引手数料は無料基準で、アルトコインは少し高めという傾向ですね。

信用取引は1日当たりで手数料が掛かってくるので長期投資には向かないので注意してください。

ビットコイン送金は、慣れてくるとそれなりに使う可能性もあるので、数十~数百円程度ですが少し気にしておいた方がいいです。

日本円出金手数料はそこまで使うものでもないのであまり気にしなくても問題ないでしょう。

あとは、マイナス手数料キャンペーンが実施されるのも仮想通貨取引の魅力のひとつで、売買がプラスマイナスゼロでも取引しているだけでどんどん利益が積み上がっていきます。

[getpost id=”546″]

取扱アルトコイン

アルトコイン

各取引所が扱っているアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は、共通のものもあれば、少数しか扱われていないものもあります。

各取引所ともに徐々に取り扱いアルトコインは増えていっていますが、コインチェックがアルトコインに関してはダントツの傾向です。

各取引所の取り扱い仮想通貨一覧を見てみましょう。

[table id=2 /]
(取り扱い仮想通貨種類は随時更新していますが、詳細は各取引所の公式サイトをご確認ください。

やはりコインチェックが強いですね。

アルトコイン投資にも力を入れるのなら、コインチェック口座はぜひ開設しておきましょう。

トータル面でもコインチェックは非常に優れているので、個人的に最もおすすめしたい取引所のひとつです。

[common_content id=”2328″]

取引所ごとのアルトコインは以下でも掘り下げていますのでご参考ください。

[getpost id=”3216″]

仮想通貨FX・レバレッジ倍率

仮想通貨FX信用取引レバレッジ

仮想通貨の現物取引以外にも、値動きで差益を狙うFXや、証拠金で取引倍率を上げるレバレッジ取引を導入している取引所も多いです。

このレバレッジ倍率やFXができるかどうかも気にしておくと、下げ局面でも利益を出すことができますし、チャンスには大きく攻めることもできます。

リスクもあるので最大倍率取引はおすすめできませんが、数倍程度ならどの取引所でもレバレッジを掛けられますし、選択肢のひとつとして気にしておくといいでしょう。

最大では25倍ほどのレバレッジを掛けられる取引所もありますが、少しでも逆側に動いた場合は強制ロスカットとなることもあってあまりおすすめできません。初心者さんは5倍程度でもリスクを気にするべきです。

貸出や積立ボーナス

仮想通貨売買は不確実な面もありますが、仮想通貨貸出や積立システムによって確実なボーナスを得られる取引所もあります。

利率的には数%ですが、銀行に預けておくよりもよほど高い利益率ですし、確実性を重視するなら各種ボーナスが充実している取引所選びも視野に入れてみてください。

仮想通貨を貸し出すと、一定期間の売却ができなくなってしまうので、短期トレード派よりも長期投資派の方におすすめです。

貸し出しでの運用はコインチェック、積立システムはZaifが実施しています。

複数の取引所に口座を開設

仮想通貨の取引所を選ぶと言っても、なにもひとつに絞らないといけないわけではありません。

むしろ、複数の取引所に口座を持っている人が多数派で、平均値はわかりませんが、仮想通貨にそれなりに投資をしている人なら3~5の取引所に口座を開設している人が多いイメージです。

これは、ビットコインを始めとした仮想通貨全般の送金が容易なことと、取引所ごとに仮想通貨の取引価格が異なることが影響しています。

仮想通貨は、どこか中央があって売買仲介をしているわけではないので、取引所ごとのユーザー同士で仮想通貨を売買しています。

なので、時々で取引所ごとで取引価格に差が生まれているんですね。

ビットコインが、A取引所では50万円で売っているのに、B取引所では49万円で買えるというぐらいの差もよくあることで、この価格差を狙ってというサヤ取り投資も確実性が高いです。(アービトラージや裁定取引と言います)

[aside type=”normal”]「買う→送る→売る」という一手間はかかりますが、アービトラージは利益を積み重ねていくのにおすすめの投資法です。[/aside]

[getpost id=”1805″]

複数の取引所に口座を開設するメリットは、仮想通貨の価格差を生かせることと、セキュリティ面でのリスクの分散という両面があり非常におすすめです。

ぜひ複数の取引所に口座を開設しておきましょう。

個人的には、コインチェック、bitFlyer、Zaifの3取引所は口座開設しておいて損はないと思います。

[getpost id=”2522″]

まとめとおまけ

仮想通貨ビットコイン取引所の選び方でした。

取扱アルトコインと手数料を見ていった上で、信頼のある仮想通貨取引所を選んでいきましょう。

そこを考えると、おすすめ取引所としてコインチェックとbitFlyerは押さえておきたいところです。

[common_content id=”2328″]

[common_content id=”2332″]

上級者さんだと取引ツールの機能性も気になるところかもしれませんが、ツールの使い勝手は相性の問題もあるでしょうし、基本的には気になった複数の取引所に口座開設をして、実際に使ってみるというのがおすすめです。

数百円から投資ができるのも仮想通貨の魅力のひとつですし、複数の取引所に口座を開設して仮想通貨投資を楽しんでいきましょう。

手数料や取り扱いサービスなど各項目を比較できますので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる