コインチェック取扱仮想通貨アルトコイン

国内最大級の仮想通貨取引所であるコインチェックは、トータル面で非常に優れていますが、その中でも他の取引所を引き離しているのが取扱い仮想通貨(アルトコイン)数です。

ビットコインやイーサリアムは当然として、NEMやリップルやライトコインも押さえています。

国内でアルトコイン投資をするならば、コインチェックは欠かせないでしょう。

コインチェックでの取扱い仮想通貨アルトコイン

コインチェックでの取扱い仮想通貨数はどんどん増えてきていますが、国内の仮想通貨取引所ではナンバーワンとなっています。

コインチェックが支持されている理由の一つが、この取扱いアルトコイン数ですね。

コインチェックでの取扱いアルトコイン
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)

日本の仮想通貨市場は拡大を続けているので、コインチェックでの取扱いが開始となれば、そのアルトコインの値段が一気に上がることも考えられるほどの影響力に感じます。

 海外のアルトコイン動向を見て、次に何がコインチェックで取扱われるかを考えるのも投資方法のひとつかもしれません。

コインチェックでのアルトコイン取引手数料

コインチェックでは、ビットコインとアルトコインの手数料が違う点も気にしておいてください。

ビットコインはユーザー間での取引となる取引所売買で、アルトコインはコインチェックから購入する販売所形式となっています。

ビットコイン取引所は無期限キャンペーン中につき、取引手数料無料となっていますが、アルトコインの場合は販売所購入なので、どうしてもスプレッド的な実質手数料が掛かってしまいます。(厳密には手数料は無料で、販売価格差という位置付けだと思います)

 本来のレート価格は10000円だったとしても、販売所での購入価格は10500円、売却価格は9500円だったりするということです。(これは他の取引所でもそうですし、FX等でも同様です)

そして、この実質手数料は相場の動き方によって変動するので、一概にいくらと決まっているわけではありません。

目安としては3%といったところでしょうか。相場が激しく動いている時ほど、価格差は大きくなるイメージです。

まあ、これは販売所から購入する形式だと仕方がない面があり、アルトコインの短期売買は向いていないという状況かもしれませんね。

 逆に、ビットコインは手数料的に短期でも動かしやすい面もあります。

コインチェックだけではなく、どこの取引所もビットコインよりアルトコイン取引手数料の方が高い傾向です。

コインチェックでのアルトコイン売買方法

コインチェックでのアルトコイン売買方法ですが、口座画面の「コインを買う」から購入してください。売るときは「コインを売る」です。

買える仮想通貨がラインナップされているので、そこから希望の仮想通貨を選びましょう。

コインチェックでアルトコイン購入

数量を選べば、レートと掛けた合計金額が表示されているので、問題なければ「購入する」です。

「交換する通貨」はJPY(日本円)とBTC(ビットコイン)が選べるので、ビットコインを持っていればビットコイン建てで購入することもできます。

そして、手数料が掛かっていないように見えますが、実質的には購入レートとの価格差があります。

コインチェック取引所でアルトコイン購入

これが上記とほぼ同時刻のイーサリアムの価格なので、購入価格の35786円と34702円の差の1084円(3%ほど)が実質手数料となります。

これはユーザー側から見ると実質的には手数料なのですが、販売価格の違いということで価格差のスプレッドとしているのが一般的です。

これは他の取引所でもFXでも同様なのですが、手数料無料でも取引所が運営できるのはこのスプレッドの価格差設定のおかげなのです。(ほとんどのFX取引会社が売買手数料無料としているのはこういうわけなんですね)

 ちなみに上の画像は、コインチェックの「取引所」で表示されている仮想通貨価格ですが、そこに表示されているアルトコインをクリックしても、ウォレットの「コインを買う」に飛ぶこともできます

クレジットカードでアルトコイン購入

コインチェックでは、日本円とビットコインだけではなく、クレジットカードで仮想通貨を購入することもできます。

銀行振り込みなどの日時に関係なく、土日でも即日購入できるのが利点です。

購入方法は、ウォレットの「クレジットで買う」を選べば、仮想通貨と金額を設定して「購入する」です。

コインチェッククレジットカード購入

あとはクレジットカード情報を入力して決済しましょう。

ただ、デメリットとして手数料が掛かります。

この画像は、その上の画像にあったイーサリアムレートとほぼ同時刻の価格ですが、購入レートが38859円となっています。

レート34702円に対して、3157円(10%ほど)が実質手数料(クレジットカード決済手数料含む)となるわけですね。

 クレジットカードでの仮想通貨購入はあまりおすすめできませんが、振込時間や即金の都合次第では使うのもありといったところでしょう。

アルトコイン送金手数料

送金ができるのが仮想通貨の強みですよね。もちろんコインチェックでもアルトコイン送金は可能です。

ただ、送金手数料はどうしてもそれぞれで掛かってくるので、少額かもしれませんが意識しておいてください。

コインチェックでのアルトコイン送金手数料
  • ビットコイン:0.0005BTC
  • ビットコインキャッシュ:0.001BCH
  • イーサリアム:0.01ETH
  • イーサリアムクラシック:0.01ETC
  • ライトコイン:0.001LTC
  • ネム0.5:XEM
  • リップル:0.15XRP
  • リスク:0.1LSK
  • ファクトム0.1FCT

(送金手数料は変更となる場合もあるので、詳細はコインチェック公式サイト
をご確認ください。)

日本の仮想通貨取引所のアルトコイン取り扱い

コインチェック以外の仮想通貨取引所での取扱いアルトコインも気になるところですね。

日本の仮想通貨取引所でのアルトコインの取り扱いを一覧にしてみました。

取引所取扱数BTCBCHETHETCLTCXEMXRPMONALSKQASH
コインチェック13
bitFlyer7
Zaif5
QUOINEX5予定予定
GMOコイン5
みんなのビットコイン3
bitbank6
BITPoint5
BTCBOX4
BitTrade6
DMM Bitcoin7
(取扱い仮想通貨は変更となっている可能性もあるので、詳細は各公式サイトをご確認ください。)

(さらにコインチェックでは以下のアルトコイン取り扱いがあります)
XMR:モネロ
FCT:ファクトム
REP:オーガ
ZEC:ジーキャッシュ
DASH:ダッシュ

やはりアルトコインの取り扱い数はコインチェックが抜けていますね。

ビットコインだけではなく、アルトコイン投資にも目を向けるならコインチェックは間違いなく外せない取引所でしょう。

まとめとおまけ

コインチェックはアルトコインの取扱いに非常に力を入れているように感じます。

ビットコインと比べるとアルトコインの手数料はどの取引所も高めですが、その爆発力は非常に魅力的なので、ビットコインと合わせてアルトコイン投資とそのリターンをぜひ楽しんでみてください。

アルトコイン投資に目を向けるなら、コインチェックが第一におすすめで間違いなく、二番手がbitFlyerといったところです。

リスクの分散や価格差を利用したアービトラージ(裁定取引)も有効なので、ぜひ複数の取引所に口座を開設していきましょう。

また、手数料や取り扱いサービスなど各項目を比較できますので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。