仮想通貨取引所コインチェックで、約580億円分のNEM(XEM)がハッキング被害に合いました。

盗難による被害額としては、マウントGOXを超える過去最大級のハッキング事件ですね。

これまでにも海外でのハッキング被害は数多くありましたが、国内で大規模ハッキング事件が起こってわかる空気感というのもあります。

額が額なだけにコインチェックが倒産してしまわないかという懸念も捨てられません。

今後どこまで相場が冷え込むかの懸念もありますし、コインチェックでの預入資産がどうなるかというのも非常に気になるところです。

追記:コインチェックによるNEM(XEM)全額補償対応となりました。
コインチェックがNEM(XEM)ハッキング被害に対して全額補償の神対応

コインチェックハッキングでのNEM(XEM)盗難被害

1/26の昼頃に、コインチェックでNEM(XEM)の売買停止、入出金停止、全通貨の入出金と売買停止という流れでの措置が取られました。

原因はハッキングによるNEM(XEM)盗難で、その額は5億XEMということで約580億円に上る過去最高のハッキング被害ということになりました。

額的にはマウントGOX事件以上というインパクトでもありますね。

盗難されたのはコインチェック顧客のNEM(XEM)資産ということで、この補償措置なども注目されるところですが、コインチェックの進退によっては他の通貨資産すらも危ないのではないかという大きな問題となっています。

コインチェックのセキュリティに問題あり?

仮想通貨ビットコインセキュリティ

仮想通貨取引所のセキュリティとハッキングは常に考えなければならない問題ですが、今回はコインチェックの管理とセキュリティに問題があったのも事実だと思います。

コールドウォレットとマルチシグでの管理をしていなかったという点ですね。

これができなかったのは人員や時間的な問題とのことでした。

コールドウォレットとマルチシグでの管理をしていれば、ハッキングを防げたかどうかという問題もありますが、万全を期していなかったというのは今後の信用問題にも大きく関わってしまうことでしょう。

仮に、コインチェックが通常営業を開始できたとしても、コインチェックを積極的に利用しようという姿勢が減ってしまうのは確実です。

個人的にも、一度資産を安全圏に引き上げたいという思いは強いです。

一度失敗をしたからこその強みも生まれるかもしれませんが、それには時間が必要ですし、思い切った施策も必要になってくるでしょう。

コインチェックの補償は?

コインチェックでは、不正ログインにかかる損失補償として最大100万円までの補償を謳っています。

ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失補償」
当社は、運営する仮想通貨取引所「Coincheck」にて二段階認証を設定しているユーザーアカウントを対象に不正ログインされたことによって被る損害を補償いたします。ユーザーは、二段階認証の設定をすることにより不正ログインによる被害の可能性を未然に防ぐとともに、万が一不正ログインによる被害が発生した場合においても、コインチェックによる補償を受けることが可能です。
補償対象は、「Coincheck」のユーザーアカウントに不正ログインされたことによってユーザーが被る、いわゆる「なりすまし」による損害です。なりすましによる損害については、1回の請求で最大100万円を補償額と致します。
引用:コインチェックより

補償的には二段階認証設定の完了が条件となっていますが、今回はユーザーアカウントがハッキングされたわけではなく、コインチェック側の原因と思われるので、この補償とはまた違うのかなという印象です。

コインチェック的には、盗難にあった分の補償はしたいという考えのようですが(会見で「補償するつもりはない」と言えるはずありませんが)、問題はコインチェックが営業を続けられるかどうかというレベルなんですよね。

コインチェックが倒産してしまい、NEMどころかBTCやアルトコインや日本円すらも戻ってこないかもしれないという懸念です。

補償が受けられるかは全くわからないという結論になってしまいますが、倒産さえしなければNEM(XEM)以外は問題が無く、NEM(XEM)もコインチェックの姿勢次第では上限付き(割合?)の補償を受けられる可能性が高いのかなと思います。

コインチェックが倒産しないためには?

コインチェックが倒産してしまわないためには、自社資本で賄えるのがベストでしょう。(本当のベストは盗難されたNEMが返ってくることですが)

どこまで盗難分を補填してくれるかわかりませんが、NEM(XEM)以外への影響は小さいはずです。

また、資産的にすぐには補填ができなくても、キャッシュフロー的に見込みがあるのならいくつかの案も出てきそうです。

買収等による外部からの資金援助や、コインチェックトークンの発行で凌ぐといった方向ですね。

コインチェックトークンCCCの発行

アルトコイン

コインチェックトークンの発行は、BitfinexのBFXトークンの例もありますし、ピンチをチャンスに変える手段でもあると思います。

Bitfinexは12万BTCのハッキング被害(当時のBitfinexの36%の資金)を、BFXトークンという債券の発行と買戻しで乗り切りました。

コインチェックトークンに債権以上の価値を持たせることも不可能ではないですし、このピンチをチャンスに変えられる可能性も低くは無いと思うんですよね。

実際に、以前のコインチェックが独自トークンCCC発行なんてICOをしていれば、内容次第では数百億円の価値が付いた可能性もあったはずです。

BINANCEのBNBや、KucoinのKCSのように、取引所の利益を還元するようなwin-winのトークンなら、記録的なICOとなった可能性も低くなかったと思います。

これにはコインチェックの信用度も大きく関わってくるので、ハッキングを受けた今となっては残念ながら価値が落ちてしまったと思いますが、キャッシュフロー次第ではまだまだ期待できる調達額となるのかもしれません。

仮想通貨相場はどうなる?

日本最大級のユーザー数を誇るコインチェックが過去最大のハッキング被害を出したというのはインパクトが強いです。

ニュース番組でも大きく取り上げられていますし、仮想通貨市場全体への影響は避けられないでしょう。

ビットコイン最高値からの暴落も相まって、仮想通貨を始めたばかりの人が辞めていく傾向も強そうですし、新規参入の障壁ともなることことは間違いなさそうです。

これまでも、海外でのハッキング被害は相次いでいましたが、なんだかんだでハッキングによる下落は「買い」という傾向だったんですよね。

ハッキング被害は、仮想通貨そのものの問題ではなく取引所の問題がほとんどです。

ただ、これが日本で起こるとなると、ここまで空気が変わるものかということを実感した方も多いのではないでしょうか。

個人的にも買い場にはとても思えませんでした。

しかし、世界的に見るとハッキングはやはり買い場なのかもしれません。

相場は意外に回復傾向なんですよね。

BTCジャパンプレミアムは逆乖離へ

これまでは日本が欧米よりも高いBTC価格で推移していた傾向でしたが、ジャパンプレミアムとも言われたほどの価格は逆転しています。

世界ビットコイン価格2018-1-27

韓国が高すぎるのはいつものことですが、日本が欧米より下の価格というのは非常に珍しいことだと思います。

現在の日本はこれぐらい弱気ということですね。しばらくは、欧米に引っ張られる形での価格推移となることでしょう。

海外のGOXは買いだけど、自国の場合は深読みして弱気になってしまうという心理が実感できました。

ただ、現在はコインチェックの取引や出金が停止している状態なので、これが動き始めた時にどの程度の資金が引き上げるのかがカギとなりそうです。

ビットコインへの影響は小さ目かもしれませんが、コインチェック銘柄のアルトコインはそれなりの下落となるはずです。

これをどこまで軽微にできるかというのもコインチェックの責務のひとつとなってくるかもしれませんね。

攻めと守りを兼ねたコインチェックトークンなどの画期的な施策が欲しいところです。

まとめ

コインチェックのNEM(XEM)ハッキング被害は、580億円にも上る過去最大の仮想通貨盗難事件となってしまいました。

ユーザー保護と補償、コインチェックの進退が非常に気になるところです。

仮想通貨市場への影響も小さくありませんし、コインチェックには前向きな対応を期待したいですね。

個人的にもコインチェックは大好きな取引所のひとつですし、応援したい気持ちは非常に強いので、ぜひここは踏ん張っていただきたいところです。

なんにせよ、仮想通貨投資をするうえでは自己防衛が非常に大切ということで、取引所の分散とハードウェアウォレット等での管理強化は急務ですね。

トレード用の最低限の資産を取引所に預け、長期保有用はハードウェアウォレットに移すということをこれまで以上に意識していきましょう。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。