仮想通貨取引所コインチェックでは、倍率を上げたレバレッジで信用取引が可能となっています。

限られた資金で大きなリターンを得ることもできるので、投資チャンスに上手く使って最大限の利益を獲得していきましょう。

また、ビットコインの空売り取引もできるので、下げ相場の時には空売りも合わせるのも仮想通貨投資法のひとつです。

コインチェックでの信用取引・FX

仮想通貨取引所ではそれぞれの現物取引以外に、信用取引やFX(証拠金取引)の選択が用意されています。

コインチェックでは、FXというよりは信用取引となっていて、証拠金を元にしてレバレッジ取引をすることができます。

現在の最大レバレッジは5倍となっていて、証拠金の5倍までの信用取引までが可能となっています。

50万円しか証拠金がなかったとしても、250万円まで取引ができるということですね。証拠金の信用で借り入れというイメージを持っておくといいでしょう。

FXは差金決済で、買いと売りの差金が利益(損失)となります。現物を買わずにレートの数字だけで売買していくイメージで、信用取引の借り入れとは少し違いますが、FXもレバレッジも掛けられます。

コインチェックのレバレッジ倍率と手数料

仮想通貨FX信用取引レバレッジ

現在のコインチェックでのレバレッジ倍率は最大5倍となっていますが、借り入れをするほどに手数料が掛かってしまうのが注意点です。

借入手数料として1日当たり0.05%が掛かります。

100万円分なら500円ですが、1日当たりというのを気にしておいてください。信用取引は長期投資には向いていない点ですね。

信用取引で空売りもできる

証拠金での信用取引によって、現物ではできない空売りをすることも可能です。ショートポジションとも呼ばれますね。

先にビットコインを借りて、それを売り、後から買い戻すという投資方法になります。

 50万円で売り、48万円になったら買い戻せば2万円の利益が出るというわけです。

下げ相場でも利益を出すことができるのが空売り(ショートポジション)のメリットですが、逆に相場が上がってしまった場合は損失が出るので注意してください。

また、スワップ手数料として、新規約定時と24時間繰り越しごとに0.05%の手数料が掛かります。

仮想通貨市場は右肩上がりなことが多いですし、個人的にはショートポジションはあまりおすすめできません。

現物取引だと最悪0円になるだけですが、空売りは買値の倍で0円、それ以上上がってしまえば証拠金がマイナス(追証)にもなってしまいます。そのために強制ロスカット機能も付いているのですが、空売りは買い以上に注意をしましょう。

コインチェックでの信用取引方法

コインチェックでの信用取引方法も記載しておきます。

流れとしては簡単なのですが、通常アカウントからそのままではレバレッジ取引はできないので、レバレッジアカウントへの残高移動が必要です。

コインチェックの口座アカウントで「ウォレット」→「振替」と進んでください。

振替で、現金取引とレバレッジ取引の振り替えができます。

コインチェックレバレッジ振替

数量(金額)を選んで、「残高を移動する」でレバレッジアカウントへ振り替えができます。

この画像では、118728円が通常アカウントからレバレッジアカウントへ振り替えられたという内容です。

これで、118728円を証拠金として、レバレッジ取引をすることができます。

 逆に、現物取引をしたくなったら、「レバレッジ取引→現金取引」に振替するだけです。

レバレッジ注文方法

レバレッジ注文はビットコイン取引所から行います。「取引所」をクリックしてください。

現物取引とレバレッジ取引がありますが、レバレッジ取引から注文します。

コインチェックレバレッジ取引

レートと注文量を入力してください。必要証拠金が表示されます。(この場合は5倍で、86370円の注文のためには17274円が必要ということです)

%表記もありますが、こちらは証拠金の何%を利用するかを選択でき、20万円ある状態で50%選択なら10万円を使用しての注文を出すことができます。

 金額指定か、残高の%指定かは自分のわかりやすい方を選択をするといいでしょう。

また、保有ポジションは、取引所の下部にある「ポジション欄」で確認することができます。

コインチェックレバレッジポジション

ポジションを取っていないと「現在のポジションはありません」と表示されているはずです。

ポジションがあれば、そのポジションが表示されていて、そのまま決済注文もできるようになっています。

コインチェックレバレッジポジション決済

含み益などの各詳細も表示されているので、パッと見でもわかりやすくなっていますね。

決済するならば、レートと数量を入力して「決済注文」を押してください。

これで取引の流れは一通り完了です。

あとはチャート分析などをしながらの実践取引ですね。

チャートやテクニカル分析としてこちらもご参考ください。

まとめとおまけ

コインチェックでの信用取引とレバレッジ取引は、借り入れを行うことで倍率を上げることができます。

リターンも大きいですが、そのままリスクも大きくなるのが注意点です。現物取引よりも手数料が少しだけ掛かるのも気にしておきましょう。

信用取引を利用することによって空売りもできますし、下げでも利益を取れるという選択肢が増えるのは魅力的で、ショートポジション(空売り)専門に特化して稼いでいる人もいるぐらいです。

買いと売り、どちらが向いているかはそれぞれですが、下げを見極める適性があるならショートに向いているかもしれません。

レバレッジ取引といっても、振替でレバレッジアカウントに残高を移すだけで、現物取引とほぼ同じような取引の流れとなるのでそこまで難しいものではないです。
少額からレバレッジ取引やショートを試してみて、色々な投資法と選択肢を増やしていきましょう。

おすすめの投資法としては、複数の取引所の価格差を利用するアービトラージ(裁定取引)で、買ったビットコインを送金するという一手間はありますが、利益の確実性は高めですのでぜひ一度試してみてほしい投資法のひとつです。
アービトラージだけではなくリスク分散にもなりますし、コインチェックの他に複数の取引所口座をぜひ開設していきましょう。
コインチェックと合わせるのは、多くの方が使っているbitFlyerとZaifがおすすめですのでぜひチェックしてみてください。

bitFlyer

仮想通貨ビットコイン取引所おすすめランキング

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方