コインチェックでのNEM(XEM)売買方法は、販売所形式なので非常に簡単に購入することができます。

取引手数料も無料ですし、投資初心者さんにとって嬉しい点ですね。

ただ、スプレッド(売買価格)は気にしておいてほしい点で、投資効率が大きく変わってきてしまいます。

それではコインチェックでのNEM売買について見ていきましょう。

コインチェックでのNEM(XEM)購入

コインチェックでのNEM(XEM)の購入方法は、口座アカウントから「コインを買う」→「NEM」を選択です。

(他の仮想通貨を購入したければ、その仮想通貨をクリックするだけです)

コインチェックNEM

販売価格はコインチェック側で設定されている(変動します)ので、数量を入力しましょう。

合計金額が表示されるので、問題なければ「購入する」で購入完了です。非常に簡単ですね。

「交換する通貨」でJPYなら日本円、BTCならビットコイン建てでの購入を選べます。

保有しているNEMの売却は「コインを売る」で、保有しているNEMを選んでください。

売却時もレートが設定されているので数量を選ぶだけです。

コインチェックでのNEM売買は簡単なのがメリットですが、スプレッド(売買価格差)がどうしても気になってくるデメリットなんですね。

コインチェックのNEM手数料とスプレッド

コインチェックのNEM売買は、コインチェックからNEMを購入する販売所形式となっています。

ユーザー同士で売買するのは取引所形式です。コインチェックではビットコインが取引所形式となっています。
コインチェックビットコイン取引所と販売所の違い

NEMの購入価格だけが表示されているのでわかりにくいですが、この販売所形式での購入価格は通常レートよりも割高で購入することになってしまうんですね。

これがどのくらい割高なのかは、上部メニューの「取引所」でNEM価格を見ればわかります。

コインチェック取引所NEM

取引所のNEM表示価格(通常レート)は27.494円となっていますが、この時に実際にNEMを購入しようとすると28.146円でした。

この差の0.652円が実質的負担となってしまうわけなんですね。

数字としては約2%ほどですが、購入と売却の往復をすると4~5%にもなってしまうので、投資効率としてはガクンと下がってしまいます。

この売買価格差をスプレッドと言い、スプレッドは広いほど投資に不利になって行きます。

スプレッドはコインチェック側の運営利益を考えるとしょうがないところでもあるのですが、ユーザーとしてはできるだけこの負担を少なくしていかなければなりません。

ビットコインの売買板取引をアルトコインにも導入してもらえることを期待したいものです。

NEMを売買板取引取引できるのはZaifとなり、正直なところNEM売買はZaifの方がおすすめです。
Zaif(ザイフ)でのNEM(XEM)購入方法と売買手数料

スマホアプリでのNEM購入方法

スプレッドが気になるとしても、コインチェックは使いやすさが売りでもあります。

何度もトレードをしないなら、初心者さんに使いやすいコインチェックでNEMを購入するのもいいでしょう。

特に、コインチェックはスマホアプリが使いやすいのがメリットです。

XEM購入は、「XEM」を選べばチャートが表示されます。(チャート時系列も変えられます)

あとは、下部の購入か売却をタップしましょう。

コインチェックスマホNEM購入

パソコンでの画面とほぼ同じですね。

価格が提示されているので、数量を入力して「購入する」で完了です。

他の仮想通貨タップでそのまま他の仮想通貨の画面にも移動できます。

コインチェックのスマホアプリの使い方はこちらもご参考ください。

仮想通貨交換サービスのチェンジリー

コインチェックと相性のいいサービスが、仮想通貨交換サービスのChangelly(チェンジリー)です。

チェンジリーは、ビットコインとアルトコインの交換はもちろん、アルトコイン同士の交換も手数料0.5%のみで行ってくれるサービスです。

コインチェックでビットコインを購入して、チェンジリーでイーサリアムに交換すると手数料0.5%のみでXEMを入手することができます。

もちろんスプレッドはありません。

海外サイトなので以前はハードルがありましたが、現在は日本語対応されたので非常に使いやすくなりました。

NEM投資だけではありませんが、アルトコイン投資には欠かせないサービスなのでぜひ利用してみてください。

チェンジリーについてはこちらで詳しく解説しているので合わせてご参考ください。

まとめとおまけ

コインチェックでのNEM購入方法でした。

手数料無料で売買は簡単なのですが、スプレッドとしての実質負担は気にしてきましょう。

初心者さんに使いやすい作りですし、アルトコインの取扱い数ナンバーワンなので、コインチェックは外せない取引所ですね。

また、NEMの売買板取引ができるZaifも合わせて使っていくのもおすすめです。複数取引所へのリスク分散も意識していきましょう。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方