コインチェックでのビットコイン売買方法は、取引所と販売所に分かれています。

ユーザー間で売買するのが取引所、コインチェックと売買するのが販売所ですが、その違いやメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

基本的には、手数料が安くてメインで使うのが取引所、簡単に売買できるけど売買価格差(実質手数料)が高いのが販売所と覚えておきましょう。

コインチェックでのビットコイン購入

コインチェックでの現物ビットコイン購入は、取引所と販売所の2パターンがあります。

取引所はユーザー間での取引なので、各ユーザーが出している売買板でビットコインを購入していきます。

販売所はコインチェックとの取引なので、コインチェックが提示している額でビットコインを購入します。

この売買相手の違いによって様々な取引の違いも出てくるわけですね。

コインチェック取引所と販売所の違い

コインチェックでの取引所と販売所の違いをまとめていきます。

まず、取引手数料は無料ですが、販売所は売買価格差が大きく、これが実質的な手数料となります。

取引方法は、取引所は信用取引が使えるのでレバレッジや空売りも使うこともできますが、販売所は購入か売却かのシンプルさです。

取扱い仮想通貨については、取引所はビットコインのみですが、販売所はアルトコインも取扱っています。

大きな違いとしてはこういった辺りですね。

ビットコイン購入はスプレッド的に取引所の利用がおすすめです。

販売所はアルトコイン購入の際に利用するという形になりそうです。アルトコインも取引所形式が待たれるところでもありますね。

取引所 販売所
取引相手 ユーザー コインチェック
手数料 無料 無料
(売買価格差あり)
取引方法 現物売買
信用取引
(レバレッジ、空売り)
現物売買
仮想通貨 ビットコイン ビットコイン+
アルトコイン

 

コインチェック取引所でのビットコイン購入

コインチェックに限りませんが、基本的には手数料(スプレッドを含めた実質手数料)の安い取引所でビットコインを購入していきましょう。

コインチェック口座アカウントの「取引所」をクリックすると、各仮想通貨と売買板が表示されます。

コインチェックビットコイン購入方法

売買板はビットコインの注文価格一覧で、ユーザーの出している注文が並んでいます。

上画像だと、一番高く買いたい人で516538円、一番安く売りたい人で516694円という並びですね。(横の数字は数量です)

例えばこの場合、あなたが516694円で購入注文を出せば、売りに出ているビットコインを0.1175まで購入することができます。

1ビットコインを購入したいなら、516722円まで買い上がればいいということですね。

逆に、時間を使ってもお得に購入したいなら、516550円辺りに1ビットコインの買い注文を出してもいいでしょう。(誰かが売ってくれる確率も高いと思います)

 ちなみに、売買注文成立のことを約定(やくじょう)と言います。

また、レバレッジ取引を使用したいなら、証拠金を使って取引していきましょう。

レバレッジ取引をするためには、通常アカウントからレバレッジアカウントに振替をしてください。

レバレッジはリターンも大きいですが、リスクもその分大きいので注意して使用していきましょう。

詳しくはこちら

コインチェック販売所でのビットコイン購入

次に、販売所でのビットコイン購入です。

簡単に売買ができ、取引手数料は無料ですが、売買価格差(スプレッド)があるので、ビットコイン購入においては明らかに取引所よりも割高となります。

販売所の使い方は、コインチェックの口座アカウントの「ウォレット」をクリックすると、各メニューが表示されるので、「コインを買う」をクリックしてください。

もしくは、取引所に表示されている各仮想通貨をクリックでも販売所に移動します。

コインチェック仮想通貨販売所

各仮想通貨が表示されるので、購入したい仮想通貨を選んでください。

上記画像では、ビットコインを520736円で購入することができます。50000円設定なら0.096018BTCが買えるということですね。

この価格でよければ「購入する」で注文完了です。

 逆に保有ビットコインを売却したい場合は、「コインを売る」を選択して売却数量とレートを決めて「売却する」を押せば注文完了です。

販売価格が決まっているので、取引所のように価格を決める必要がないのが簡単な点です。

ただ、上画像の場合だと、取引所では516700円ほどでビットコインが購入できるのに、販売所だと520736円となっているので、この4000円ほどが実質手数料となってしまいますね。

この0.8%(売買往復なら倍の1.6%)ほどを高いとみるか安いと見るかで販売所の価値は変わってくるでしょう。

 個人的には、取引回数が多いほど積もってくるので、短期トレード派の人ほど販売所は使うべきではないと感じます。

取引所と販売所のメリットデメリット

販売所は実質手数料が掛かるので、使う意味がないのかと言われればそうでもありません。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

取引所はユーザー間取引なので、ユーザーの仮想通貨流動性(注文量)が無ければ全く意味がないものとなってしまうのが大きなデメリットです。

ユーザーの質と量が重要なので、活発な取引所はさらに活発に、人が少ない取引所はさらに人が少なくなるというサイクルにもなってしまいます。

販売所のメリットは、ユーザーの注文量に関係なく、コインチェックの保有仮想通貨を売買できる点で、ある程度大量の注文をするとしても比較的安定した売買ができることでしょう。

また、コインチェックでは、アルトコインは販売所でなければ売買できないので、アルトコイン売買には販売所の利用が必要となってきます。

アルトコイン取扱いは取引所によるので、ユーザー間でアルトコインを売買できる取引所もあります。Zaifは取引所でのアルトコイン扱い、bitFlyerでは販売所でのアルトコイン扱いという傾向です。

まとめとおまけ

コインチェックでのビットコイン購入には、取引所と販売所の違いを知っておきましょう。

コインチェックは国内トップクラスの数のユーザーがいるので、取引所での注文量や流動性にも困ることはほとんどないはずで、基本的には取引所でビットコイン売買をしていくのがおすすめです。

取引所ではさばけない量のビットコインを扱う場合は販売所を視野に入れていきましょう。

 販売所のメリットは売買が即成立することです。

あとは、アルトコイン購入でも販売所での利用となりますね。今後、アルトコインでのユーザー間取引きも非常に期待したいところです。

コインチェックは、ユーザーの多さによって取引所の動きも非常に活発ですし、流動性は申し分ありません。

ぜひコインチェック取引所でビットコイン投資とその大きなリターンを楽しんでください。

また、取引所間でのビットコイン価格差を利用したアービトラージ(裁定取引)も有効ですので、複数の取引所に口座を開設するのもおすすめです。

コインチェックと合わせるのは、多くの方が合わせて使っているbitFlyerとZaifが定番ですので、リスク分散も合わせてぜひ口座開設していきましょう。

取引所比較として、手数料や取り扱いサービスなど各項目をコインチェックと色々な取引所を比較できるので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。