仮想通貨投資ではセキュリティが大事って聞くけど、コインチェックではどうしたらいいの?

コインチェックで仮想通貨ビットコイン取引口座を作ったとしても、大切な資産を預けておくのですからセキュリティは非常に注意しなければいけない点です。

メールアドレスとパスワードを突破されて、口座アカウントに入られてしまっては全ての資産が盗まれてしまうことにもなるので、パスワードの先のセキュリティである二段階認証は必ず設定しておきましょう。

今回はコインチェックでの二段階認証を解説していきます。

使用するものは、スマホと「Google Authenticator」アプリです。

コインチェックでの二段階認証

コインチェックでの二段階認証の設定は、口座アカウントでウォレット→設定→二段階認証と進んでください。

ここから二段階認証を設定していきます。

手持ちのスマホがiPhoneなら「iosアプリ」、Androidなら「Androidアプリ」をクリックしてください。それぞれのアプリストアに飛びます。

パソコンで口座管理画面を操作しているなら、スマホのアプリストアに入って「Google Authenticator」と検索してください。

iPhoneのapple storeなら「Google Authenticator」、AndroidのGoogle Playストアなら「Google 認証システム」アプリが出るはずなので、このアプリをスマホにダウンロードしてください。

アプリを起動し、下の[設定を開始]か、右上の[+]を押すと出てくる[バーコードでスキャン]を選ぶと、バーコードをスキャンできるようになります。

カメラ権限へのアクセスを求められるので許可してください。後から許可するには、設定→プライバシー→カメラ→認証システムです。

スキャンするQRコードは、コインチェック口座の二段階認証設定で出ている[設定する]を押すと出てきます。

QRコードを「Google Authenticator」で読み込むと6桁の番号が表示されるので、これをコインチェックのQRコードの下に出ている入力欄に入れて[設定する]を押してください。

二段階認証が「設定済みです」と出れば二段階認証の設定完了です。お疲れさまでした。

6桁の番号が適用されている時間は一定(30秒ほど)で変わるので、ちょうど切り替わるタイミングだった場合は認証されません。その場合はもう一度読み込んで、6桁の番号を打ち込みましょう。

 

コインチェック二段階認証の流れのまとめ
  1. 「Google Authenticator」アプリインストール
  2. コインチェック二段階認証のQRコード読み込み
  3. 6桁のパスコード打ち込み

二段階認証でのコインチェックログイン

二段階認証の設定は完了したけど、何が変わったのかも試してみましょう。(試さなくても次回ログイン時に確認もできますが)

試すには一度ログアウトをして、もう一度ログインをしてください。

ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力すると、2段階認証画面が出てくるはずです。

先ほどインストールした「Google Authenticator」をスマホで立ち上げ、表示されている6桁の数字をパスコードに打ち込み[送信]です。

これでいつものようにコインチェックにログインができます。

メールアドレスとパスワードに加えて、スマホアプリのパスコードが必要になったというわけですね。

しかもこのパスコードは一定時間でどんどん変わっていくので、総当たり攻撃も受けにくく、セキュリティが上がったことを実感できることでしょう。

2段階認証の解除は、ウォレット→設定→二段階認証→設定解除→パスコード入力をすればできますが、セキュリティ上おすすめしません。

もし解除するなら、口座内の資産は残さないようにしましょう。

ただ、機種変更時など、アプリ権限が変わるときは解除しなければならないときもあります。

機種変更などは二段階認証を解除

ログインや設定解除時に二段階認証のパスコードが必要になるということは、自分も二段階認証アプリがないとなにもできないということですね。

機種変更でその端末が使えなくなってしまうケースだと、あらかじめ二段階認証を解除しておいて、新しいスマホで二段階認証をする必要があります

もし、スマホ紛失やアプリ削除などで二段階認証をできなくなってしまったケースは、コインチェックのお問い合わせから「二段階認証ができなくなった」という二段階認証解除のメールを送りましょう。

これはそれなりに多いケースで、「よくある質問」でも取り上げられています。

ただ、二段階認証解除にはIDセルフィ―(免許証と自分の写真)が必要で、2~3営業日がかかってしまう印象です。

できるだけスマホ紛失はしないようにして、機種が回収されてしまう機種変更時は二段階認証の解除などの対策を取っていきましょう。

新しいスマホが届いたら、セキュリティ強化のために再度、二段階認証の設定をしてくださいね。

まとめとおまけ

コインチェックでの二段階認証設定でした。

流れをまとめると、

  • 「Google Authenticator」アプリインストール
  • コインチェック二段階認証のQRコード読み込み
  • 6桁のパスコード打ち込み

というシンプルさです。

セキュリティ強化に必須と言っても過言ではないので、必ず設定しておくようにしましょう。

他にセキュリティを上げる対策としては、パスワードの複雑化もシンプルですが有効です。

覚えやすく入力しやすいのも重要ですが、できるだけ意味のある英単語は使わずに、アルファベットと数字を組み合わせておくのがおすすめです。

また、他の取引所との分散管理も重要で、複数の取引所で口座を持っておくことはほとんどの方が取っているリスク管理方法でもあります。

ただ、複数の取引所での共通パスワードの使用は避けてくださいね。

コインチェックと合わせて使用する仮想通貨取引所は、多くの方が合わせて使っているbitFlyerとZaifがおすすめです。

bitFlyer

仮想通貨ビットコイン取引所おすすめランキング

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方