COMSA

COMSAとは、ICO(新規仮想通貨発行)のプラットフォームで、企業等が簡単に仮想通貨を発行ができるようになる魅力的なサービスです。

そして、その発行した仮想通貨の運用や整合性保持までもトータルサポートするというのがCOMSAの特徴でもあります。

日本発で日本初というのも魅力ですね。先行者利益も必ずや生まれることでしょう。

COMSAとは

COMSAは、企業経済とパブリックブロックチェーンとの架け橋を目的としたプロジェクトで、ICOプラットフォームを始めとした、3つのソリューションを軸としています。

まず、ICOソリューションで、企業の新規仮想通貨発行の完全サポートです。これによって企業は資金調達ができ、投資家は投資リターンを得るというわけですね。

2つ目は、トークンソリューションで、発行トークンを取り扱うためのZaif取引所や決済ツールの提供です。発行した仮想通貨の運用部分ですね。

これは既に稼働しているZaif取引所の安心感からも底支えができるものと期待されます。

3つ目は、ワンタイム・スマート・コントラクトで、ブロックチェーンの連動によってトークンの整合性を保持させるサービスの提供です。ビットコイン・NEM・Ethereumのパブリックブロックチェーンと、mijinによる複数のプライベートブロックチェーンの連動でこれを実現させます。

要するに、新規仮想通貨発行をして、その運用や整合性までをトータルサポートするのがCOMSAというわけですね。

動画での説明の方がわかりやすいかもしれません。

COMSA運営のテックビューロ社の技術面もさることながら、投資家は先行者利益への期待から非常に注目度の高いプロジェクトです。

COMSAは、日本発とZaif連携という安心感と、ICOというリターンを兼ねた期待のサービスで、100億円以上の資金調達に成功しました。

COMSA公式サイト

ICOプラットフォームとしてのCOMSAの魅力

運用や整合性の保持は、仮想通貨の信頼性として重要なのですが、まずはICOで新規仮想通貨が発行されるというのが魅力ですよね。

企業側はこれまでの株式公開とは違った形で資金調達ができますし、投資家はその仮想通貨の価値が低い内に購入することで、何十倍何百倍といった投資リターンを期待することもできます。

ICOそのものは非常に大きな爆発力のある魅力的な投資先でもあるのですが、世界的にはICOで発行された仮想通貨のプロジェクト内容と進捗がイマイチわかりにくいというのが難点でした。

英語や世界的な経済に精通していればまた違うとも思うのですが、なかなかそれは一般化は難しいところなんですよね(だからこそ先行投資の旨みもあるのですが)。

その難点を、日本でのICOは克服できる部分も大きいと思うんです。

特に、知った企業が発行する仮想通貨だとイメージも掴みやすく、投資先としての魅力も感じやすいはずです。

イコール企業側は資金調達がしやすいというわけですね。

現に、COMSAで使えるCMSトークンの販売は100億円以上の資金調達(2017年11月時点で、ICOとしては100億円は世界第5位の規模です)を達成しましたし、これがCOMSA市場に流れ込むのですからCOMSAでのICO成功の可能性は高いものになるでしょう。

資金調達をしたい企業としては魅力的なことに間違いありません。

 プレミアムウォーター社は、ICOをするというだけで株価も2倍ほどに伸びましたし、ICOでの資金調達の他に、株式市場での思惑買いも期待できるという価値が価値を呼ぶ状態にまでなりました。ICOする企業が上場していればそちらも注目しておくと投資リターンを得られるかもしれませんね。

CMSトークンはZaifで

Zaif

CMSトークンは、COMSAでのICOで使用することができます

魅力的なICOがたくさん出るほどに、CMSトークンの価値も上がって行くということになりますね。

CMSトークンの入手は、COMSAのトークンセールに参加した人から、Zaifなどの取引所で購入することになります。

ZaifでCMSトークン購入→COMSAでCMSトークンでICO購入という流れですね。

Zaifの取引所需要もかなり増えそうです。ぜひZaif口座を開設しておきましょう。

そしてCMSトークンの価値は、COMSAでのICOの価値次第で、ICOに魅力が無ければCMSトークンの価値も上がりません。

COMSAでのICOの魅力と、CMSトークンの価値は連動しているということですね。

CMSトークンの価値がどうなるかは、COMSAへのICO企業がどの程度に伸びるのか、どういったプロジェクトを持つ企業がICOを行うかが注目となってくるでしょう。

 話題性のある企業の参加や、魅力の大きいプロジェクトのICOに期待したいものです。

COMSAでのICO企業

COMSAでのICOをする企業が続々と上がってきています。

  • ウォーターサーバーのプレミアムウォーター社
  • タイムバンクのメタップス社
  • 発電事業のLooop社(2017年12月から2018年2月予定)
  • マイニングのクリプトマイニングジャパン社(2017年12月もしくは2018年1月予定)

11月5日時点ではこのようなICO情報ですが、これからも続々とICO案件が期待ができそうですね。

Looopとクリプトマイニングジャパンとの提携による、発電とマイニングというセクションは仮想通貨事業を主とするテックビューロ社ならびにZaif取引所にとっても大きなプラスになることでしょう。

まとめ

COMSAは日本発のICOプラットフォームです。

ICOは、大きなリターンを得られる投資先として非常に魅力的ですが、海外発ICOが多かったためにリスクが大きいのがネックでした。

それを日本発で精査できるというのはリスクを最小限にできる部分もあるでしょう。

COMSAはICO投資家ならびに、海外ICOのリスクが気になっていた方にとっては待ち望んでいたサービスかもしれませんね。

COMSAのICOで発行された仮想通貨を購入するには、CMSトークンが必要なので、CMSトークンを購入できるZaifの取引口座をぜひ開設しておきましょう。

[掲載情報は掲載当時のものです。情報が変更となっている場合もございますので、詳細は各公式サイトをご確認ください]

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。