株やFXのようにデイトレードとかの短期投資法は仮想通貨では使えないのかな?

仮想通貨ビットコイン投資にも色々な手法がありますが、チャートや人間心理がある以上、株やFX投資に通じる部分もあります。

チャートでのテクニカル分析は心理面の傾向を見るのに役立ちますし、仮想通貨ビットコインでのデイトレードやスキャルピングは可能と言ってもいいでしょう。

むしろ、国の経済指標や会社の業績に影響されにくい分、値動きメインというシンプルさなので、初心者さんにとっては株やFXよりビットコイン短期トレードが入りやすいかもしれません。

デイトレードやスキャルピングの基礎から手法について見てみましょう。

デイトレードとスキャルピング

デイトレードとスキャルピングは短期トレードの手法です。

デイトレードはその日で売買を終わらせ、スキャルピングは分単位で売買を終わらせます。

保有時間が短いことによって監視時間以外の不測の事態を避けられることと、細かく何度も複利での投資ができるというのが大きなメリットですね。

不測の値動きをすることもある仮想通貨ビットコイン投資では、所有時間が短いというのはリスクを避けられるメリットも大きいです。

逆に、デメリットは取引時間を使うということと、取引時間は値動きを見続けるというシビアな戦いにもなりがちです。

小さな波の動きに囚われずに長く保有して、価値に対してのリターンを得る長期投資とはメリットとデメリットが逆となります。

デイトレードは1日の取引ってなんとなくわかるけど、スキャルピングは一瞬の値動きを取る感じなんだね。
スキャ専門でリバウンド取りなんかに徹底してい稼いでいる人もいるよ。急落で拾って反動で売るを繰り返して、細かく稼いでいくんだ。他にもたくさんのスキャ手法もあるけどね。
リバウンド取りかあ、けど拾ってそのまま下に落ち続けることもあるんだよね?
もちろん。その時は損切りだね。損切りと利益確定を繰り返してトータルでプラスにするのが重要だよ。

板の動きや厚さ、なぜ落ちたかのタイミングなどを見て、どのポイントで拾うか瞬時に判断する力が問われるんだ。

そっかあ、慣れが必要っぽいんだね。短期でもデイトレードからの方がよさそう。
うん。売買タイミングが短いほど判断力が必要になるから、初心者さんはデイトレードをしながら値動きを見ていくとスキャルピングも見えてくるんじゃないかな。

中長期投資と短期トレードどっちがいい?

明確な区切りはありませんが、数か月以上の保有をバリュー投資(長期トレード)、週単位での投資をスイング(中期トレード)、日単位での投資をデイトレード(短期トレード)、分単位での投資をスキャルピング(超短期トレード)と表現することが多いです。

そして、仮想通貨ビットコインは中長期投資と短期トレードどちらがいいかという疑問も出てくるかもしれませんね。

ただこれは、人と相場によるとしか言えず、答えはないと言ってもいいでしょう。

中長期投資は投資対象の仮想通貨選び、短期トレードは需給による値動きを重視する傾向があるので、得意分野を選ぶのがおすすめです。

価値があって伸びる仮想通貨を探せるなら中長期投資がおすすめです。

逆に、値動きを見極めるのが得意なら、値動きが良くて安定しているビットコインが上がるか下がるかを見て、買いか売りかを見極めるのがいいでしょう。

仮想通貨ビットコインでの短期トレード

ビットコイン投資

仮想通貨・ビットコインのデイトレードやスキャルピングの短期トレードですが、株やFXと比べてメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 手数料の安さ
    手数料の安さは利益に直結します
  • 365日24時間トレード
    トレードできる日が多いほどチャンスも多いです
  • 経済指標や業績に影響されにくい
    気にする要素は需給と値動きが大半です
  • 値動きが激しい
    株やFXと比べた市場規模はまだ小さいので上下に値動きしやすいです
  • ストップ高・安がない
    材料さえあればどこまでも上下に動く可能性があります
  • 裁定取引(アービトラージ)ができる
    取引所間で仮想通貨価格が違うので、Aで買ってBで売るだけで利益が出るケースも多々

デメリット

  • スプレッドの広さ
    売り買いの価格の差が比較的広い傾向です
  • 銘柄数
    株やFXに比べた銘柄の選択肢は狭いです

挙げてみると意外にデメリットは少なめでした。仮想通貨ビットコイン投資は、短期トレードにかなり向いているかもしれません。

手数料は取引方法によって変わりますが、マイナス手数料を実施している取引所(現在Zaifでは取引手数料マイナス0.01%)もあるので、取引するだけで手数料が逆に貰えるケースすらあります。

取引所の手数料比較はこちらをご参考ください。

値動きの激しさとストップ高安がないメリットというのはデメリットにもなりえるのでリスク管理が需要となるでしょう。

また、株とFXと似た面としては、レバレッジを掛けられる、売りからも入れる、追証、ロスカット機能といったところです。

レバレッジ:投資倍率を上げられるイメージです。

売りから入る;空売りとも呼ばれ、先に売ってから買い戻します。相場が下がれば利益が出ます。

追証:レバレッジを掛けている時や空売り時に、証拠金が足りなくなった時に、追加の証拠金が必要となります。

ロスカット機能:証拠金が足りなくなったラインで、自動的に損切りしてくれる機能です。

仮想通貨投資は短期トレードに向いているんだね。
うん。特に上昇相場では短期トレードの繰り返しでどんどん利益を上げ続けた人も多いよ。
ビットコインを軸にして、停滞しそうなときはアルトコインに乗り換えもよさそうだね。
うん、いいと思う。ただ、基本はビットコインを軸にして動く傾向だから、分散投資も兼ねての短期トレードもおすすめだよ。

売らずに恩恵を受ける長期用のビットコインと、短期でヒット&アウェイを繰り返すビットコインを分けておくのも精神的なメリットが大きいんだ。

そっか!銘柄とタイミングの分散投資もいいけど、同じ仮想通貨で長期貯蓄用と短期トレード用に分けるのは面白そう!
分散投資は色々な方法があるけど、投資のリスクを低める基本でもあるからすごくおすすめだよ。

デイトレードとスキャルピングのコツ

仮想通貨ビットコイン投資に限りませんが、デイトレードとスキャルピングの短期トレードのコツは、欲張らないということだと思います。

株の格言で、「利食いは腹八分」「頭と尻尾はくれてやれ」というものがあり、欲張らずに少し物足りないぐらいがトータルでプラスになるというもので、これはいつの時代も通用する基本項目でもあります。

利益が出たからといって自分ルールを破って保有し続けたり、逆に思わない方向に行ったのに損切りをしないのは、トータルであまりいい方向に行きません。

短期トレードでは、自分ルールをしっかり決めてトレードすることが必要です。

仮想通貨デイトレとスキャルピング手法

デイトレとスキャルピング手法はたくさんありすぎて一概には言えませんが、自分ルールを決めて調整していくというのが何より重要です。

エントリーポイントと利益確定ポイントの基準を決めましょう。

何を基準に売買を入れるのか、何%で利益確定するのか、損切りラインは何%かというのが基本ですね。

その参考には、移動平均線や上値抵抗線や下値支持線をどう見るか、その他の指標をどう捉えるかという複雑さにもなってくるので、これはそれぞれの手法によって大きく異なります。

重要なのはその売買基準が正しいかどうかです。

極端な話、トレードは買いか売りの2択なのですから、マイナスの結果が出た売買方法の逆の売買をしていれば利益が出たということになります。(手数料やスプレッドは無しとして)

大幅にマイナスの出た手法は、反対売買をすればプラスになるということでもあるので、結果から見て分析をしてルール調整をすることで勝利に近づくことができます。

ただ、数回のトレードだけでは必然か偶然かが見えてこない部分があるので、数多くこなした結果で調整を入れるようにしましょう。

自分ルールを決めて、それが正しいか間違っているかで調整をしていけば、自ずと勝利に近づきます。感覚や感情でトレードするのではなく、数字での基準を作ってトレードしていきましょう。

なんとなくでトレードしてたらダメなんだね。
うん、それだけで勝てたらみんなが勝ててしまうから、そこまで甘くはないよ。基準を持って売買をして、それが合っているか調整していくと勝てる確率は上がっていくんだ。
極端な話、負けまくっているならその基準の反対をすれば勝てるってことだもんね。
そうだね。感覚でトレードしているとなにを調整していいかわからないから上達しにくいと思うよ。

短期トレードは現物よりもビットコインFX

仮想通貨の短期トレードなら、現物の保持よりも差益決済のビットコインFXがおすすめです。

取引手数料もほぼ無料ですし、スプレッドも小さく、値動きの幅も申し分ありません。

ビットコインFXだけで大きな利益を上げているトレーダーも増え続けているので、ぜひビットコインFXも選択肢に入れてみてください。

ビットコインFXなら高機能ツールのbitFlyer一択といってもいいです。

世界のビットコインFX取引高でもトップクラス(おそらくNo.1)のはずなので、ビットコインFXならbitFlyerを選んでおけば間違いないでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まとめとおまけ

仮想通貨ビットコイン投資は、値動きが激しいので短期トレードに向いている面も大きいです。

デイトレードやスキャルピングも

個人的におすすめなのは裁定取引(アービトラージ)で、A取引所で売値50万円のビットコインが、B取引所では買値50.5万円ということも少なくありません。

この場合、Aで買ってBに送って売るだけで5000円の利幅が取れるのですから、複数の取引所に口座を開いて価格監視をしているだけで利益を出すこともできてしまうんですね。

仮想通貨投資をするなら複数の取引所に口座を開設するのが非常におすすめです。

正統派に長期ビットコイン投資もよし、値動きを見て短期トレードもよしと、投資選択肢もたくさんあるのでリスク管理をしながら仮想通貨投資を楽しんでいきましょう。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。