ビットコインと仮想通貨の違い

[voice icon=”https://ccbegin.com/wp-content/uploads/2017/09/ビト子.png” color=”” type=”left”]ビットコインはよく聞くけど、仮想通貨とは違うの?[/voice]

仮想通貨初心者さんにとっては、「仮想通貨=ビットコイン」のイメージかもしれませんが、これって意外と深い疑問なのかもしれません。

結論から言うと、ビットコイン以外にも仮想通貨は多数あるために、仮想通貨の一つがビットコインということになります。

お金と日本円の違いのようなイメージですね。

目次

仮想通貨とビットコイン

仮想通貨ビットコイン

まず、ビットコインというのは最初に誕生した仮想通貨です。

サトシナカモトさんのブロックチェーンの論文を元に作られた仮想通貨がビットコインなんですね。

そして、このブロックチェーンの理論と技術が優れていることから、ビットコインに続いて、様々な仮想通貨が生まれた(現在進行形)というわけです。

ビットコインと仮想通貨の違いというと少し難しいですが、仮想通貨は大きな定義で、ビットコインは仮想通貨の一つの名前ということになります。

[badge name=”関連記事” color=”#5d8ac1″]仮想通貨ビットコインのブロックチェーンとマイニングとは?

このサトシナカモトさんは、論文だけを出して、表には出てきていない謎の人物です。

100万ビットコイン以上を保有しているとされ、現在の50万円レートだと5000億円を保有していることになります。とんでもない額ですが、実際に革命レベルの貢献度なので、これは当然ともいえる報酬でしょう。

仮想通貨とアルトコイン

仮想通貨は、ビットコインとそれ以外に分けられることが多く、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

アルトコインは、イーサリアムやリップルを始めとして、ライトコイン、ダッシュ、ネム、リスクなどなど代表的な10種類ほどがありますが、全てのアルトコインを数えるとおそらく1000種類は超えるでしょう。

しかもアルトコインはどんどん作られているので、日々その種類は増えていっていると言っても過言ではありません。

おそらく、アルトコインが増えていくペースは加速する傾向で、それだけ仮想通貨に魅力があるということでもあります。

仮想通貨はどんどん増えていく

多くの仮想通貨

ブロックチェーンのシステムがシンプルイズベストであるということから、新しい仮想通貨を発行しやすいというのが側面があります。

しかも、仮想通貨に期待している人は非常に多く、新しい仮想通貨が発行されるととりあえず買っておくという人も物凄くたくさんいます。

企業としては、仮想通貨を発行するだけで資金調達ができるだけではなく、それによって株価もストップ高になるぐらいで、少しおかしな仮想通貨を取り巻く現状でもあるのですが、それだけ仮想通貨が優れているということでもあるでしょう。

淘汰される仮想通貨もたくさんあるはずですが、本当に優れたプロジェクトの仮想通貨は、需要と価値が高まり、何百倍以上にもなる可能性を秘めています。

[badge name=”関連記事” color=”#5d8ac1″]仮想通貨ビットコインは怪しい?投資しても損をしない?

[voice icon=”https://ccbegin.com/wp-content/uploads/2017/09/トー君.png” color=”” type=”left”]仮想通貨は発行しやすいから、色々な企業がどんどん発行しているんだ。
その分、信頼性を見極めないとダメだよ。[/voice]

[voice icon=”https://ccbegin.com/wp-content/uploads/2017/09/ビトコ.png” color=”” type=”left”]ビットコインの成功に続けって感じだね。[/voice]

ビットコインは仮想通貨でも唯一無二

仮想通貨の中でもビットコインは唯一無二の価値があります

もしかすると、ビットコインよりも優れた技術の仮想通貨もあるかと思いますが(というか、後発の方が優れている面もおそらくあるでしょう)、人々が欲しいと思っているものに通貨としての価値は生まれます。

たくさんの人々が欲しいと思うためには、需要があるということ間違いなく大切ですね。

[marker]送金・決済・投資・保存というのが主な通貨の役割[/marker]ですが、その通貨に価値があると見なされなければ全く意味がありません。

その点、既に送金・決済・投資・保存の全てでシェアを拡大し続けているビットコインを必要ないと思う人はもういないのではないでしょうか。

これから重大な欠陥や問題が起き、ビットコインはダメだとならない限り、このシェアが拡大し続けることに疑問を持つ人は非常に少ないでしょう。

[marker]ビットコインに価値がある、便利だと思う人が増えるほどビットコインの価値は上がっていきます[/marker]。

現実世界にも繋がるシェアを取った仮想通貨がどんどん伸びていくはずなので、ビットコインの強さは揺るがないと思いますが、他のアルトコインもかなりの可能性を秘めているので、期待したいところですね。

[badge name=”関連記事” color=”#5d8ac1″]仮想通貨ビットコイン投資はまだ稼げる?もう稼げない?

現在は、ビットコインとイーサリアムの2強、リップルがそこにどう食い込むかという印象を受ける状況です。

まとめとおまけ

ビットコインと仮想通貨の違いについて書いてみました。

ビットコイン+アルトコイン=仮想通貨というイメージですね。

ビットコインだけ特別扱いなのは、やはり最初に生まれた仮想通貨で、ビットコインを中心に仮想通貨全般が回っているからです。

人々が欲しいと思える価値があるというのは通貨にとって非常に重要で、ビットコインに関しては一段抜けていると言っていいでしょう。

ただ、もしかすると[marker]ビットコインを超すような価値を持つアルトコインが誕生しないとも限りません[/marker]。

そうすると、基軸通貨となったその仮想通貨中心に回ることも考えられます。

ただそれは技術だけではなく、そのアルトコインの存在を広めて価値を持たせるプロジェクト力がなにより必要になるのですが。

アマゾンやアップルが仮想通貨に本腰を入れたら、なんて考えたらワクワクが止まりませんね。

アルトコインの魅力はこれからの爆発力にもありますから、ビットコインはもちろん、アルトコインにも注目しながら仮想通貨投資をしていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる