DMM Bitcoin2

FXでも大きなシェアを取ったDMMが、仮想通貨取引所DMMBitcoinのサービスを開始しました。

なんと言っても、アルトコインのレバレッジ取引が魅力のDMMBitcoinですが、スプレッドというデメリットは正直気になるところです。

DMMBitcoinのメリットとデメリットを考えてみるので口座開設のご参考としてみてください。

DMMBitcoinのメリット

DMMBitcoinのメリットと強みとしては、アルトコインの取扱い種類とレバレッジ取引です。

現物取引 レバレッジ取引
通貨ペア BTC/JPY
ETH/JPY
ETH/BTC
XRP/JPY
BTC/JPY
ETH/JPY
XEM/JPY
XRP/JPY
LTC/JPY
ETC/JPY
BCH/JPY
ETH/BTC
XEM/BTC
XRP/BTC
LTC/BTC
ETC/BTC
BCH/BTC
ETC/ETH

(詳細はDMM Bitcoin公式サイトをご参考ください。)

現物よりもアルトコインのレバレッジ取引選択肢が豊富なのがポイントです。

イーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)は当然として、リップル(XRP)やNEM(XEM)の取扱いがあるので、コインチェック以外でのアルトコイン選択肢が広がりました

アルトコインでレバレッジ取引ができる

草コイン

DMMBitcoinでは、豊富なアルトコイン種類のレバレッジ取引ができることが魅力です。

レバレッジは4倍ということで、少しマイルド仕様でもありますが値動きが荒めなアルトコインにとっては4倍ぐらいがちょうどいいかもしれません。

これまでのアルトコイン下落局面では、ホールドして耐えるか、一旦手放して様子を見るという選択肢だったのですが、レバレッジでのショートポジション(空売り)ができることで色々な手法が使えるようになります

下落局面ではDMMBitcoinで利益を取りつつ、他の取引所では現物をがっちりホールドという投資法が可能ですね。

一時的に下落しても、元の価格以上に戻りやすいアルトコインなどでは有効な投資法になりそうです。

推し通貨だと値動きが把握しやすい面もあるので、他の取引所とDMM Bitcoinを併用しての両建てはなかなかに魅力的ですね。

公式サイトDMM Bitcoin

 

DMM Bitcoinの送金手数料は無料

仮想通貨取引手数料

DMMBitcoinは各種手数料が無料というのは素晴らしいです。

取引手数料はもちろん、入出金や仮想通貨送金手数料まで無料なので、無駄な経費部分を気にしなくて問題ありません。

レバレッジ手数料の持ち越しのみは1日0.04%の手数料がかかるので、1日の区切りとなる午前7:00までには決済しておくのが効率的です。

地味に嬉しいのが、マイナーに支払う送金手数料を自分で決めて支払えるので、送金速度に悩まされることも少なくなるはずです。手数料無料というのはなにかと嬉しいところですね。

取引画面が使いやすい

DMMBitcoinは取引画面が使いやすいことも強みです。

DMMBitcoin取引画面

取引画面のチャート、価格一覧、売買注文、各種情報等を好みに合わせてカスタマイズ配置できるんですね。

取引画面の使いやすさは投資効率にも影響してきますから、カスタマイズができるというのは地味に嬉しいポイントです。

さらに、DMMBitcoinはスマホアプリにも力を入れている印象です。

iosとAndroid対応のスマホアプリで、シンプルな使いやすさと機能性を兼ねた作りとなっている印象です。

DMMBitcoinは表示する情報量も多いですが、わかりやすい画面表示としているところに好感が持てます。

DMM Bitcoinのデメリットはスプレッド

DMM Bitcoinのデメリットは、約2%の半固定スプレッドです。

BTCのみ現物取引スプレッドが0.2%程度となっていますが、レバレッジ取引だと2%なので、基本的に2%のスプレッドと考えておいた方がいいでしょう。

レバレッジ取引の通貨ごとのスプレッドを見てみましょう。

通貨ペア スプレッド スプレッド割合
BTC/JPY 40000円 200万円基準で2%
ETH/JPY 3000円 15万円基準で2%
XEM/JPY 4円 200円基準で2%
XRP/JPY 5円 250円基準で2%
LTC/JPY 600円 3万円基準で2%
ETC/JPY 100円 5000円基準で2%
BCH/JPY 8000円 40万円基準で2%

サービス開始時現在のスプレッド一覧としてはこんな感じですが、レートに合わせて変動したりもしているので、現在のレート価格から2%ほどのスプレッド設定で自動調整となっているのだと思います。

ぶっちゃけ、このスプレッドさえ狭ければDMMBitcoinは最強クラスの取引所だったかもしれません。

2%のスプレッドが常時掛かってしまうというのは、投資効率としては非常に悪くなってしまいますから、後発のDMMBitcoinでわざわざ取引をするかといわれるとそこまで優先度は高くないのではないでしょうか。

アルトコインの値動きが把握できて、2%以上の利幅を取れるなら使うメリットは大きいといったところですね。
合わせて読みたい

まとめとおまけ

DMMBitcoinの一番の強みはアルトコインのレバレッジ取引です。

現物ホールドかスイングぐらいしか選択肢のなかったアルトコインに、ショートポジション(売り)という選択肢が加わったのは面白いですね。

ただ、そこにスプレッドが2%あるというのがネックとなるので、大きく利幅を取れる時だと有効に使えそうです。

暴落時などに使うのがよさそうでもありますが、ショートポジションは暴落からの反発には気を付けて使って行きましょう。

DMMBitcoinは大手ということで、サポートなども素早い対応を期待できそうですし、これからのキャンペーンやサービス拡充にも期待したいものですね。

公式サイトDMM Bitcoin

 

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。