DMM Bitcoin2

DMMグループの仮想通貨取引所DMMBitcoinがサービスを開始しましたが、インパクトはやはりローラですね。

取引所サイトでも大々的にローラを前面に打ち出していますし、イメージ戦略としてはかなり強く、いい方向に出ているのではないでしょうか。

看板広告による「ローラのビットコインのやつ」なんて言葉で一般に浸透していくことも考えると、DMMBitcoinだけではなく仮想通貨市場にとってもプラスに働いていくかもしれません。

やはりDMMは広告戦略が上手いですね。

ローラのビットコイン巨大看板広告

渋谷と六本木にローラのDMMBitcoin看板広告が打ち出されています。

ゴールド基調がインパクトですね。ローラというのもブランド力を感じます。

ビットコインそのものもメディアにかなり取り上げられてきていますし、この看板広告で若年層の仮想通貨の関心が高まるかもしれません。

公式サイトDMM Bitcoin

 

ローラの仮想通貨取引所DMMBitcoin

仮想通貨になじみのない方にとっても、ローラによるインパクトは大きいものになるでしょう。

ローラの取引所としてDMMBitcoinは浸透していくかもしれませんね。

DMMBitcoinの売買形式的に、初心者さんが仮想通貨取引をしやすいように販売所形式にしている面もあるはずなので、ローラきっかけでビットコイン取引をするのにも適した取引所形態だとも思います。

まあ、そこまで広告戦略を立てているのは当然ですけどね。

その代わりに、既存の仮想通貨ユーザーからはあまり使うメリットがないというのが残念な点なのですが。

仮想通貨取引所DMMBitcoinの特徴

DMMBitcoinの仮想通貨取引所としての特徴も挙げておきますのでご参考ください。

  • ビットコインとアルトコイン6種取扱い
  • リップル(XRP)やNEM(XEM)取扱いも
  • 取引手数料無料
  • レバレッジは4倍で手数料0.04%/日
  • 基本は販売所形式
  • スプレッドは5%ほど

ざっとこんな感じでしょうか。

リップル(XRP)やNEM(XEM)のアルトコイン取扱いがあるのは嬉しいのですが、販売所形式なのでスプレッドが5%ほどあるのがネックとなります。

スプレッド以上の利益を出せるなら、レバレッジ4倍による投資リターンは大きいものとなるでしょう。

ビットコイン売買は現物とレバレッジが選べるので、値動きに合わせての使用ですね。

ただ、サービス内容的にはDMMBitcoinから入る人向けで、他の取引所を使っている方にとっては、新しくメインで使うほどの魅力はまだありません。
他の取引所と併用しながらサービス拡充を待つのがいいかもしれませんね。

まとめとおまけ

DMMBitcoinはローラによるインパクトが非常に強く、それがいい方向に出ていると感じます。

これからは、テレビCMなどのメディア戦略も進んでいくと思われますし、サービス拡充と合わせてDMMBitcoinに期待したいところですね。

DMMグループということでテレビCM戦略も巧みでしょうし、仮想通貨やビットコインが一般に浸透して拡大する一因ともなりそうです。

公式サイトDMM Bitcoin

 

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方