DMMBitcoinの魅力のひとつはリップル(XRP)の取扱いがあるということですね。

さらにはレバレッジ取引ができることで、倍率のあげた取引やショートポジションを取ることができるのも投資選択肢として魅力です。

DMMBitcoinでのXRP売買方法と投資への活用について見てみましょう。

DMMBitcoinでのリップル(XRP)の買い方

DMMBitcoinは、感覚的に使えるトレード画面ながら、様々な注文方法によって選択肢も広いです。

トレード画面でとりあえず把握しておくべきは、取引したい通貨欄のチェックですね。

リップル(XRP)なら「XRP/JPY」をチェックしましょう。

DMMBitcoinリップル(XRP)売買方法

通貨一覧で価格を確認し、注文パネルで売買注文を出すのが基本となってきます。

情報量は多いですが、把握してみるとシンプルですね。

それぞれのパーツがボタンとなっているので、感覚的にも使いやすいはずです。

ポジション決済

ポジションを取った後は、決済注文を出してポジション決済をします。

DMMBitcoinでは両建てができるので、反対売買ではなく決済注文となります。

DMMBitcoinポジション決済

メニューや下部のポジション照会からもポジションが確認できます。

あとは、売買注文パネルで決済注文を出すだけです。基本はこの繰り返しですね。

指値やストリーミング、一括決済切等の色々な注文方法がありますが、基本は指値注文が使いやすいかと思います。徐々に色々な注文方法を使って行きましょう。

DMMBitcoinでのリップル(XRP)は現物取引無し

DMMBitcoinでのアルトコイン取扱いは、現物取引が無く、レバレッジ取引のみとなっています。

もちろんリップル(XRP)もですね。

現物取引が無いことによって長期投資には向きません

DMMBitcoinを使うなら、通常のアルトコイン投資とは違った投資戦略が必要となってくるでしょう。

DMMBitcoinのリップル(XRP)手数料

DMMBitcoinのリップル(XRP)手数料を見てみましょう。

リップル(XRP)手数料 
取引手数料 無料
レバレッジ手数料 建玉金額の0.04% / 日
スプレッド 約13円(150円基準で8.7%)
XRP送金 無料

レバレッジ手数料だけが日歩0.04%掛かってしまいますが、現物もレバレッジも取引手数料は無料です。

ただ、スプレッドが5~10%ほど掛かってくるというのがDMMBitcoinの要チェックポイントですね。

レバレッジはどのアルトコインも固定5倍です。

DMMBitcoinのスプレッドは約5~10%

DMMBitcoinのスプレッドは半固定で、5~10%を軸として、大きく乖離すると自動的に調整されるのだと思われます。

XRP価格が300円になれば25円になるでしょうし、100円になれば8円ほどになるはずです。

スプレッドの縮小は期待せずに、5~10%を基準として投資戦略を立てるのがよさそうですね。

なかなかきついスプレッドなので、スプレッド縮小キャンペーンなどに期待したいものです。

利益が10%以上必要

売買スプレッド以上に利益を上げなければ取引をする度にマイナスとなってしまうので、決済の度に10%以上の利益が必要です。

大きく利益を出すためには、短期よりも長期が有利なのですが、問題はレバレッジ手数料が日次0.04%ということも考慮しなければなりません。

持ちっぱなしのレバレッジ手数料は月間で1.2%、年間14.6%の手数料になるので、これ以上の利益を出せればいいわけですね。

1日で10%の利益を取れるか、月間で11.2%以上、1年間で24.6%もの利益を取ることができれば、スプレッドとレバレッジ手数料を跳ね返して投資リターンを得られることになります

DMMBitcoinのアルトコイン投資で利益を出すためには、スプレッド+レバレッジ手数料以上の利益が無ければ意味がないということですね。

XRP暴落時にショートポジション

リップル(XRP)の値動きは激しく、タイミング次第では1日で10%の値幅を取れることも珍しくありません。

逆に、XRP暴落時は1週間で50%の下落を見せることもあるので、レバレッジの使いどころですね。

レバレッジ5倍で50%下落の値幅を取った時の利益は堪らないものがありそうです。同様にリスクもありますが。

暴騰時に乗って10%以上の上昇を取るか、暴落時にショートポジションを取るかという結論になり、中途半端な値動きしか期待できない時はDMMBitcoinの優位性はほとんどないものと思った方がよさそうです。

あとはリバウンドでしょうか。2%以上のリバウンドタイミングがわかるなら、レバレッジの使いどころだと思います。

まあ、そこまでするならDMMBitcoinではなくてもいい気もしますが、レバレッジ5倍を使って大きな利益を得ることができるかもしれません。

ただ、基本的には長期投資ならDMMBitcoinではなく、現物取引のできる取引所がおすすめになってきそうです。

DMMBitcoinリップル(XRP)売買まとめ

DMMBitcoinでのリップル(XRP)売買は、レバレッジ5倍で取引手数料無料ですが、レバレッジ手数料が毎日0.04%と、スプレッドが5~10%というのが基本となってきます。

日次手数料とスプレッド以上の利益を出せないなら、DMMBitcoinを使うメリットは少なさそうですね。

その場合は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の現物取引が無難だと思います。

XRPの値動きを追っていて、暴投と暴落タイミングがわかるならDMMBitcoinのレバレッジは大きな武器ともなるので、投資選択肢のひとつとしてみるのも面白いかもしれませんね。

公式サイトDMM Bitcoin

 

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。