DMM.comの仮想通貨取引所DMM Bitcoinが動き出しました。

2018年1月10日にサイトオープン、1月11日に口座開設申込開始を予定とのことです。

取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の7種からスタートということでアルトコイン投資家にとっても注目の取引所となりそうです。

東京ビットコイン取引所がDMM Bitcoinに

株式会社東京ビットコイン取引所が社名を変更してDMM Bitcoinになるとのことです。

現状で東京ビットコイン取引所を使っているユーザーは、現在の取引口座から新サービスの口座へ移行手続きとなるようですね。

東京ビットコイン取引所の資本金としては3000万円という心元の無さですが、ここはDMMが増資をして他の取引所に見劣りしないものとしてくるでしょう。

資本金はコインチェックが9200万円、bitFlyerが約41億円、Zaifが約8億円、GMOコインが約17億円です。

DMM Bitcoinの口座開設申し込み開始は1/11

DMM Bitcoinの口座開設申し込み開始は1/11予定ということで、年明けの営業早々ということですね。

口座開設の流れとしては、メールアドレスでマイページを作り、そこから本人確認書類のアップロードをしてDMM Bitcoinの審査を待つという流れになるようです。

DMMビットコイン口座開設の流れ

郵送物にコードが記載されていて、そのコード入力後から口座が使えるということで、実際には郵送に1~3日ほど掛かりそうです。

口座申し込みも殺到するでしょうから、審査も遅れるかもしれません。

実際にDMM Bitcoinで仮想通貨取引ができるのは、1月下旬になってしまいそうでもありますね。DMM Bitcoinの体制に期待しましょう。

2018年初はSBIVC(バーチャルカレンシー)も取引所としての営業開始を見込んでいますし、2018年は取引所のシェア争いが面白くなるかもしれませんね。仮想通貨投資に有利な環境が整うことにも期待です。
SBIVC口座開設はいつから?2018年初頭でXRP取扱いも

DMM Bitcoin取り扱い通貨は7種

DMMビットコイン取り扱い通貨

DMM Bitcoinでの取り扱い通貨は、ビットコインとアルトコイン6種とのことです。

現物はビットコインとイーサリアムのみですが、レバレッジ取引でNEM、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュが取引できるのがいいですね。他の取引所との差別化になりそうです。

取り扱い通貨 注文方法
現物取引 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ストリーミング注文
指値注文
逆指値注文
OCO(オーシーオー)
レバレッジ取引
(レバレッジ5倍固定)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
NEM(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ストリーミング注文
指値注文
逆指値注文
OCO(オーシーオー)IFD(イフダン)
IFO(IFD+OCO)
一括決済
クイック決済

通貨ペアも、日本円建てだけではなくビットコイン建てでアルトコイン取引が可能なようですし、柔軟な取引ができそうでもあります。(ETC/ETHという謎のイーサリアム建てもありましたが)

1日の区切りは午前7:00~翌午前6:59となるようで、ここでレバレッジ手数料(スワップ)が日歩0.04%相当掛かってきます。この時間はポジション解消がいいかもしれませんね。

ストリーミング注文があるということで、スキャルピングも捗る気もします。

レバレッジは5倍固定ですが、動きの荒いアルトコインだとこのぐらいがちょうどいいのかもしれません。

DMM Bitcoin取引手数料

DMM Bitcoinでは基本的に取引手数料が無料です。

前述の通り、レバレッジ手数料(スワップ)だけは日歩0.04%相当掛かってしまいますが、現物もレバレッジも取引手数料は無料です。

日本円の入出金や仮想通貨の送金も無料ということで、フットワークの軽い使い方もできそうですね。

この辺りの手数料形態はGMOコインに近いものとなっているイメージです。(GMOコインは販売所とFXメインなのでスプレッドが広めですが)

DMM Bitcoin取引画面はカスタマイズ可能

DMMビットコインスマホ対応

個人的に魅力的に感じたのが、DMM Bitcoinの取引画面はカスタマイズ可能ということと、スマホアプリの使いやすさです。

レイアウト変更が自由自在で、好みに合わせたオリジナル仕様にカスタムできるとのことで、通貨ごとのチャートや売買板監視がかなりしやすくなるのではないでしょうか。

現在は、QUOINEXがカスタマイズ可能な取引画面となっていて個人的に重宝しています(慣れるまでQUOINEXは逆に使いにくいのですが)

スマホアプリは、チャートを見ながらのワンタッチ発注が可能ということで、こちらもスマホに適した使い勝手になっているものと思います。

DMMも仮想通貨取引所としては後発組ですしシェア争いに注目ですね。

まとめとおまけ

DMM Bitcoinが2018年1/11から始動します。

前身は東京ビットコイン取引所ということで、DMM傘下で仮想通貨取引所を一新するという内情かもしれませんね。

ビットコインは当然として、アルトコインでレバレッジ取引ができるというのは非常に魅力的にも感じます。

イーサリアム、NEM、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの流動性が上がることにも期待ですね。

おそらく審査は込み合うでしょうし、DMM Bitcoinで取引を始めたい方はできるだけ早めに申し込みをするのがおすすめになりそうです。

仮想通貨取引所のシェア争いによるサービスの拡充にも注目ですね。

取引手数料や取り扱いサービスなど各項目を比較できますので、仮想通貨取引所選びの際にはこちらもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。