ビットコイン投資の際の仮想通貨取引所選びにおいて、使いやすさというのは初心者さんにとって重要なポイントです。

高機能ならどうしてもごちゃっとしてしまう部分もありますし、使いやすい画面構成と高機能ツールのバランスは難しいところですが、各取引所の画面で使いやすさを見ていきましょう。

おすすめの取引所を比較していきますので、使いやすそうと感じた仮想通貨取引所を選んでいってください。

使いやすい仮想通貨取引所

まず、使いやすい仮想通貨取引所ですが、画面構成とサービス内容が複雑ではないということが挙げられます。

たくさんのサービスを提供していても、画面構成が見やすい取引所もありますし、シンプルな取引形態なのに一画面に情報が多すぎてわかりにくかったりと様々です。

一画面の情報が多いと、慣れると使いやすくはあるんですけどね。

初心者さんは、パッと見た目でどこに何があるかわかる画面構成がおすすめです。

売買は取引所と販売所形式があり、取引所はユーザー間での取引なので売買板形式、販売所は運営会社との取引なので提示価格が決まっている形式です。

関連記事ビットコイン取引所と販売所の違い

それでは各取引所のビットコインでの取引画面を比較して見ていきましょう。

コインチェックでのビットコイン取引

まずはコインチェックのビットコイン取引画面です。

コインチェックビットコイン購入方法

一画面に情報は多いですがわかりやすいですね。

メニューが上部に並んでいて、取引したい仮想通貨を選び、右下に売買板が並び、左に価格と数量の注文パネルです。

コインチェックは販売所も併設しているので、こちらはさらに簡単となっています。

コインチェックでアルトコイン購入

買いたい仮想通貨を選んで、数量を入力するだけです。

個人的には、コインチェックが使いやすさではずば抜けているかなと感じますが、チャートなどの機能性は他の取引所に劣っている印象です。

チャートや指標などのテクニカル分析は苦手という初心者さんや長期投資派にはコインチェックが向いていると思います。

bitFlyerでのビットコイン取引

bitFlyerは、簡単かつ高機能なバランスが素晴らしいです。

bitFlyer取引所

売買板が並び、簡易チャートが表示され、画面下部で注文していきます。

もっと細かいリアルタイム情報が知りたければ、bitFlyer Lightningを使用しましょう。

bitFlyer Lightning

グッと画面が複雑になったので、慣れないうちは使いにくいと思います。

基本は上部に取引方法が並び、下のパネルには詳細チャートツール、売買板、注文パネルが並んでします。

右側には歩み値、ニュース、ユーザーチャットが並び、下部には取引履歴が表示されます。

このLightningがbitFlyerの魅力のひとつで、短期トレードメインになるとLightningなしでは物足りなくなってくることでしょう。

また、bitFlyerにも販売所が併設されているので、こちらは非常に簡単です。

bitFlyerビットコイン販売所

価格が提示されているので、数量を入力するだけですね。

bitFlyerは、高機能と使いやすさのバランスで初心者さんから上級者さんまでおすすめのできる仮想通貨取引所です。

bitFlyerはデモ画面も見られるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイトbitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

Zaifのビットコイン取引画面

マイナス手数料ボーナスが魅力のZaifですが、取引所の使いやすさは少し情報が多めの構成です。

Zaif取引所

チャートが詳細な印象ですね。売買板と履歴とユーザーチャットが並んでいるので、少し目が散らかるかもしれません。

ビットコイン購入は、右上の注文パネルで現物か信用(レバレッジ)かの売り買いを選択するだけなので簡単です。

ビットコイン以外の取引をするなら「BTC/JPY」を押して、アルトコインを選択しましょう。

また、Zaifも簡単に売買できる販売所を併設しています。

Zaif簡単売買販売所

金額は提示されているので、数量を入力するだけなので簡単ですね。

Zaifはマイナス手数料キャンペーンも魅力なので、メインとしてはもちろん、サブとしては押さえておくことをおすすめしたい仮想通貨取引所です。

公式サイトZaif

 

GMOコインのビットコイン取引画面

GMOコインは取引所ではなく、販売所特化のために少し特殊ですが、使いやすさについてはずば抜けています。

GMOコイン仮想通貨売買

売買したい仮想通貨を選んで、提示されている金額で売買するだけですね。

チャートが見たい場合は、右上のチャートで詳細チャートツールを使うこともできます。

この簡単に売買できることがGMOコインの魅力で、販売所に特化して初心者さん向けに仮想通貨を販売するというコンセプトなのでしょう。

ここまでのコインチェック、bitFlyer、Zaifの販売所の売買価格差(スプレッド)を見るとおわかりかもしれませんが、販売所のスプレッドは±3~5%あるのが通常です。

そのスプレッドを1%以下に抑えているのがGMOコインの大きな特徴です。

簡単に売買できる販売所で、スプレッドが小さめという特徴で初心者さんにおすすめの仮想通貨取引所です。(ユーザー間取引所と比べるとまだお得とは言えないので、初心者さん以外にはおすすめできません)

公式サイトGMOコイン


 

QUOINEXのビットコイン取引画面

QUOINEXは取引画面のリニューアルでカスタマイズ性を強めましたが、初心者さんには少し使いにくくなったかもしれません。

QUOINEXビットコイン購入

各パネルが並んでいる取引画面の構成です。

このパネルは、好きなパネルを置けますし、パネルの移動や幅を変えることもでき、カスタマイズすれば非常に使いやすいのですが、パッと見の印象は使いにくい感があると思います。

基本的には、売買板とチャートを見て、注文パネルで注文方法と価格と数量を決めるだけですが、慣れが必要かもしれませんね。

カスタマイズは、複数の仮想通貨の売買板を並べることもできますし、色々なアルトコイン投資をしている方には重宝するはずです。

QUOINEX売買スプレッド

QUOINEXは販売所は置いていなく、基本的に取引所のみの売買となるので、初心者さんには使いにくい面もありそうです。

他の取引所で仮想通貨投資に慣れてからの方が、QUOINEXを使いこなせるかもしれませんね。

QUOINEXは中級者さん以上におすすめの取引所だと思います。

QUOINEXはデモ画面もあるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。(QUOINEX公式サイトが英語表示になっていれば右上の地球アイコンから日本語に変えることができます)

公式サイトQUOINEX

使いやすい仮想通貨取引所の比較

なにが使いやすいかはそれぞれの部分もありますが、コインチェックとGMOコインはシンプルな分だけ使いやすさに特化していて初心者さんにおすすめです。

bitFlyerとZaifは使いやすさと高機能のバランスですね。初心者さんから上級者さんに幅広くおすすめです。

QUOINEXはカスタマイズ性が強いので中級者さん以上におすすめです。

他の要素も並べて比較してみるのでご参考ください。

取引所 手数料 通貨数 ツール 安心感 出来高 詳細
コインチェック
bitFlyer
Zaif
GMOコイン
QUOINEX

おまけとまとめ

ビットコイン投資の際の仮想通貨取引所選びにおいて、使いやすさも重要なポイントです。特に初心者さんにとっては外せないポイントでもあるでしょう。

個人的には、コインチェック、bitFlyer、Zaifから選ぶのがおすすめですし、リスク分散や投資選択肢を増やすためにも複数の取引所に口座を開設するのもおすすめです。

関連記事仮想通貨ビットコイン投資は複数取引所への口座開設がおすすめ

また、手数料や取り扱いサービスなど各項目を比較できますので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方