イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。(稀に2位を明け渡すこともありますが)

スマートコントラクトという技術が特徴的で、決済だけではなく契約などの実行も可能です。

このため、ビットコインよりも柔軟で幅広い使い方ができ、実質的な価値としてはビットコイン以上でもあると言われています。

価格もその価値を受けて順調に推移していまうし、その将来性も非常に大きいものと期待されています。

正確にはイーサリアムはプロジェクト名で、通貨名はイーサ(ETH)なのですが、便宜上イーサリアムと表記していきます。

イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアム価格と時価総額

イーサリアム(ETH)とは、2015年7月にリリースされ、ビットコイン(BTC)に次いで時価総額第2位の仮想通貨(アルトコイン)です。

ビットコインキャッシュ(BCH)が大きく伸びたことによって、2位の座を奪われる場面もありましたが、基本的には3位を大きく引き離すほどの安定感でした。

イーサリアムの特徴としては、ユーザー独自でのプログラムを実行することができるスマートコントラクトです。

もちろん、アプリケーションはオープンソースなので、誰でも暗号化した取引を使用することができます。

スマートコントラクトを直訳すると、スマートな契約、賢明な契約という意味です。「自動的な契約」がイメージに近いかもしれません。

このスマートコントラクトによってイーサリアムは様々な使い方が可能です。

基本的にブロックチェーンには取引内容が格納されていますが、イーサリアムの場合は取引内容に加えて、履行や契約条件を加えることができるんですね。

このスマートコントラクトでの履行や契約条件は柔軟に使うことができ、主に各種契約を締結するのに向いています。

これまでに第三者や煩雑な書類が必要だった取引契約を、スマートコントラクトでブロックチェーン上で完結することもできるという便利さで、これは今後のネット社会において必須にもなってくることでしょう。

スマートコントラクトの魅力的な将来性

イーサリアムのスマートコントラクトは、例えば音楽配信に利用することができ、「Ujo Mujic」というサービスでスマートコントラクトが活用されました。

例えば、A歌手が1ドルで支払えば音楽ファイルをダウンロードできるプログラムを記述します。

すると、このブロックチェーンで誰かが1ドルを支払えば、誰の仲介もなく音楽ファイルをダウンロードできる配信サービスとすることができますよね。

ダウンロード報酬は、A歌手に直接入るので非常にスマートな取引となります。

音楽配信の例はシンプルでしたが、スマートコントラクトは例えば不動産取引にも使用することができるんですね。

Aさんが所有権をデジタルデータ可したB物件に、1億円支払えば所有権が移るという内容を記述すると、Cさんが1億円を支払えば不動産契約が完了できてしまいます。

これまでは、第三者である不動産仲介会社が必要だった取引契約が、直接的に自動的に契約ができてしまうということですね。

もちろん、第三者以上のマイニングによって取引の正しさも証明され、分散管理されることによって台帳記録や改ざん問題もありません。
ブロックチェーンとマイニングとは?

これは各契約に応用が効きますし、非常に便利だということがお分かりいただけることでしょう。株式や金融、保険の契約や料金支払い様々な取引に使用することができます。

仲介業の存在価値が問われていく面も出てきそうですが、イーサリアムの将来性への期待は非常に大きいものでしょう。

ただ、イーサリアムだけがスマートコントラクトを使用できるわけではないので、後追いの仮想通貨(アルトコイン)も当然出てくるわけですね。

スマートコントラクトを採用する仮想通貨

これだけ便利なスマートコントラクトを採用する仮想通貨が生み出されるのも必至でしょう。

例えば、リスク(LISK)というアルトコインもスマートコントラクトを採用していて、イーサリアムと同じようなことが可能です。

LISKは言語にJavaScriptを使用していて、ブロックチェーン専用言語のイーサリアムよりも扱いやすい面もあります。

LISKはサイドチェーンという予備的な技術を採用していて、問題が起きても対処しやすいメリットもあります(アプリケーションに問題があったとしてもサイドチェーンによって元の状態に戻すことができます)。

こうして見ると、イーサリアムの上位互換のようにも思えるLISKですが、そこは後発の弱みで、イーサリアムの価格には追いつけていない状況です。

 仮想通貨だけではありませんが、サービス普及においては性能よりも先行シェアは非常に重要です。性能は後からアップデートも不可能ではないですしね。

イーサリアムとICO

イーサリアムとICO(新規仮想通貨発行)の関連性も避けて通れません。

イーサリアムのブロックチェーンからは、新規の仮想通貨トークンも発行することができてしまうんですね。

このトークンのひとつが「ERC20」でICO投資するならば、よく出てくる単語となるはずです。

必ずしも「ERC20」である必要はありませんが、「ERC20」を使って共通仕様の仮想通貨を発行すると、同じウォレットでやり取りができるので、ほとんどの新規トークンはERC20からとなっている傾向です。

イーサリアムでの新規仮想通貨トークンの発行はおなじみともなっているので受け入れられやすく、ICOでよく用いられるので覚えておくといいでしょう。

ICOの際にはイーサリアムを使って購入するというケースも多くなってくるのも、イーサリアムの価値を高める要因のひとつですね。

最近だと、QUOINEのICOである「QASH」もERC20からの発行でした。(後々のロードマップ的にはQASH独自ブロックチェーンへの移行が予定されています。)
関連記事QASH-QUOINEX仮想通貨

イーサリアム(ETH)の価格推移

スマートコントラクトについて長くなりましたが、イーサリアム(ETH)の価格推移も見ていきましょう。イーサリアムの価値や評価もわかりやすいかと思います。

イーサリアム価格推移

2015年は100円ほどで推移し、2016年は1000円台、そして2017年春の価格の伸びが非常に大きかったように思います。ここで10倍のリターンを得た方も多かったことでしょう。

その後は調整となり、2017年11月現在で1ETH=35000円ほどなので、ここ2年間で300倍以上の価格上昇ということですね。

購入タイミング次第では損を出してしまう時期もあるように見えるチャートですが、基本的に価値がどんどんと上がっていると言ってもいいでしょう。

2018年以降の価格がどうなるかは誰にもわからないところでもありますが、大きなトラブルや問題が起きなければ展望は明るいものに思えます。

比較として、ビットコインの価格推移も見てみましょう。

ビットコイン価格推移

2017年11月現在で、1BTC=80万円ほどなので、2015~16年から見ると約20倍といったところでしょうか。

こうして考えるとイーサリアムの方が上昇率としては大きいかもしれませんね。

ビットコインもイーサリアムもハードフォークで分裂しているので、単純な価格比較はできませんが。

ビットコインとアルトコインは、仮想通貨市場の資金がサイクル的に回っている部分もあるので、短期的に見ると相関関係は意外とはっきりしています。

価値のある仮想通貨の代表であるビットコインとイーサリアムで資金を回転させるのも面白い投資法のひとつでしょう。

イーサリアム(ETH)のマイニング

次に、イーサリアム(ETH)のマイニングについても見ておきましょう。

イーサリアムの承認は、ビットコインと同じPoW(Proof of Work)です。

マイニングによって取引の承認を行い、マイニング報酬は1ブロックにつき5ETHで、ブロック数が進むにつれ報酬は減少していきます。

3,700,000ブロック:ブロック報酬の減少 4ETH/ブロック

3,900,000ブロック:ブロック報酬の減少 3ETH/ブロック

4,100,000ブロック:ブロック報酬の減少 2ETH/ブロック

4,150,000ブロック:ブロック報酬の減少 1.5ETH/ブロック

マイニングはビットコインと違って、GPU(PCのグラフィックボード)で行うことができるので、一般でも参加がしやすいのがメリットのひとつです。(電気代によって日本でどこまでマイニング利益を出せるかはまた別の話ですが)

 ちなみに、ブロック生成時間はビットコインの10分に対して、イーサリアムはおよそ15秒~17秒です。送金が早いのはメリットですが、難易度的にセキュリティが少々問題点です。

PoWからPoSへと移行

イーサリアムは、今後のハードフォークによって、PoWからPoS(Proof of Stake)への移行が予定されています。

PoWはマイニングの計算に成功した人に報酬としてETHが支払われる仕組みですが、PoSになるとETHの新規発行がほとんど無くなり、より多くのETHを持っている人が手数料報酬を得る仕組みになるようです。

電気代や環境的には優しくなりますが、イーサリアムの価値がその後どうなっていくのかが注目ですね。

基本的には、新規発行が無くなると希少価値が上がると思われますが、これを投資市場がどう取るかはハードフォークの内容次第というところもあるので、答えは誰にもまだわからないといったところでしょう。

 答えがわかっている人がいるのなら、投資市場で簡単に億万長者になれてしまいます。

まとめとおまけ

イーサリアム(ETH)は、契約システムを構築できるスマートコントラクトが特徴の仮想通貨アルトコインです。

スマートコントラクトは非常に便利で、ブロックチェーンにさらなる変革を起こすきっかけになったのも間違いないでしょう。

現在ではスマートコントラクトの価値は唯一無二というほどではありませんが、先行者シェアによってビットコインに次いで揺るがないものともなっている印象です。

これからもそれが続いていくかは、イーサリアムのハードフォーク次第といったところでしょうか。

今後もイーサリアムの利便性に期待をして、投資市場でのリターンも楽しんでいきましょう。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方