ビットコインや仮想通貨投資はリスクがありそうだけギャンブルなの?
株やFXと比べると結構違うのかな?

将来性の高い仮想通貨に投資したいという人は数多いかと思いますが、形あるものではないだけに、そのリスクが気になる方も多いかと思います。

仮想通貨に限りませんが、日本では投資=ギャンブルというイメージも拭えないところもあるでしょう。

だからこそ抜け目ない人は利益を上げられるわけで、株式投資やFXというのはかなり一般的になってきていますが、仮想通貨に関しては名前からして怪しいなんてイメージも付きがちです。

一般に知り渡っていない時期に投資するのが一番の利益を上げる方法でもあるのですが、投資はしたいけど、ギャンブルはしたくないという方が多数派のはずですよね。

仮想通貨ビットコイン投資はギャンブル?

まず、仮想通貨・ビットコイン投資は定義的にはギャンブルではありませんが、変動幅の大きさによって、投資の不確実性は高めであるということは言えます。

これは上にも下にも言えることで、投資した仮想通貨が一気に10倍になることもあれば、短期間で半減することもザラという、株式やFXよりも変動幅は大きい傾向もあります。

何をもってギャンブルという位置付けにするかは微妙なところですが、不確実であるほどギャンブルに近いと考えてみましょう。

なにか目安となるものがあるか、自分の知識でどこまで介入できるか、という要素を増やすことによってギャンブル的要素を減らして投資に近づけることができるはずです。
イチかバチかのギャンブルでお金を使うのは嫌だな。
もちろん、そう考える人は多いよ。
そこに判断基準を加えることによって確実性を上げていくのが、ギャンブルと投資の違いじゃないかな。

株とFXにはファンダメンタル分析がある

数字分析

投資として一般的なのは株とFXですが、株式なら会社や事業への将来性、FXなら国の通貨としての強さや国際バランスという、ある程度の指標も見えてきます。

株式なら四季報で数々の数字も毎年更新されていますし、事業として身近に感じられるものも多く、「これは伸びる」「安定的な地盤」のように投資判断することも割と容易でしょう。

FXは、株式よりは数字として見れるものは少ないですが、国ごとの通貨バランスを考えていき、そこに投資家の心理などを考慮することでさらに判断材料を増やすことができます。

公開されている数字や状況を分析して、現在の価格が割安かどうか、将来的に伸びた時に投資リターンを得られるかを判断するのがファンダメンタル分析です。

長者番付世界3位のウォーレン・バフェット氏は、徹底したファンダメンタル分析での株式投資に特化して財を成したほど、ファンダメンタルは有効な投資方法のひとつです。

個人的には、この分析できるデータ部分が仮想通貨と株式投資を比べて大きな違いに感じます。

仮想通貨に関しては、決算報告のような数字で判断する要素は薄めです。

どのくらい発行されているか、上限はいくつか、現在価格と他の仮想通貨を比べて割安かなどの数字で判断するのが投資基準のひとつとなるでしょう。

テクニカル分析での投資

ビットコインチャート

ファンダメンタルが「価値に対して割安かどうか」を判断する投資法なら、心理面から考えるのがテクニカル分析投資です。

テクニカルではチャート分析が一般的で、毎日毎分の取引が記録されているローソク足を見て、これから上がるか下がるかを判断します。

結局は上がるか下がるかの2択なので、極端な話、勝率が半分以上なら勝ちを積もらせていけるわけですね。(仮想通貨取引は手数料がほぼ無料に近いので、手数料諸経費を考えなくていいのは大きなメリットです)

関連記事仮想通貨ビットコイン取引所手数料比較まとめ

株式やFXのチャート分析が応用できるかはわかりませんが、結局はチャートはほぼ心理分析なので、みんなが同じことを考えていればその方向に価格も動きがちです。

おそらくは、ある程度はチャート分析によって、仮想通貨チャートの動きを予想できる面も出てくるでしょう。

投資家心理がある以上、この辺りは、株やFXと仮想通貨投資が共通する点でもあると思います。

関連記事仮想通貨ビットコイン投資でのデイトレードとスキャルピング

テクニカル分析は、ローソク足による上値抵抗線、下値抵抗線、ゴールデンクロス、デッドクロス、ボリンジャーバンド、移動平均乖離率などが有名どころです。

株やFXよりも仮想通貨の方が初心者向け?

ビットコインを始めとした仮想通貨は予想外の動きをすることも多く、思い切った初心者さんの買いが上手くいくことも多々あります。

グングン上に伸びていくことも多いので、チャートにこだわると買えない状況が続き、手の届かないところまで上がってしまったなんてことも少なくありません。

株やFXでは、テクニカルとファンダメンタル両方を覚えておかなければならない面も大きいですが、仮想通貨投資ではそれがなくても上級者に振り回されないイメージがあります。

チャートのテクニカル分析は覚えておいて損はないけど、決定打にはならないと考えてもいい気がします。

むしろ初心者さんの買いっぱなしの方が、大きく利益を上げている傾向でもあるでしょう。投資初心者さんこそ仮想通貨から始めるのが向いているのかもしれません。

関連記事仮想通貨ビットコインのメリットとデメリット

仮想通貨市場自体がまだ成熟していないからこその、上級者と初心者の差が少ない状況でもあるよ。
初心者が投資しながら勉強するチャンスでもありそうだね。
そうだね、実際に買ってみないと身につかないこともたくさんあるから、少しでもいいからまずは投資してみるのもおすすめだよ。
お小遣い程度の少額で買えるのも仮想通貨投資のいい点だね。
なにもわからないうちはギャンブルかもだけど、少額で始めて、投資しながら勉強するのがいいのかも!

仮想通貨は株とFXと比較して投資としてどうなの?

なにも考えずに投資していては、どのジャンルでもギャンブルとほとんど変わりません。

判断材料を増やすことによって、ギャンブル要素を減らして投資に近づけることができます。

株やFXと比べて、仮想通貨は判断材料が少ないのも現実ですが、市場全体が伸びているという最大の投資価値があります。

株で言うと明らかな有望株、FXで言うと新技術を持った有望国の通貨といったところでしょうか。

株やFXと比べて値動きの激しい分だけリスクもありますが、リターンは莫大と考えてもいいのが現状でもあるでしょう。

株やFX投資を兼ねながら、資産の一部を仮想通貨に分散投資というのも非常におすすめの投資法です。

関連記事仮想通貨ビットコインは怪しい?投資しても損をしない?

仮想通貨は、金が発掘され始めた頃にも似ていて、ゴールドラッシュの再来だと例えられることも多いぐらいです。資金の一部を入れるにはこれ以上ない投資先と言ってもいいでしょう。

伸びる仮想通貨に投資するのが最大のコツ

ビットコインとお金

と言っても、仮想通貨にもたくさんの種類があるので、仮想通貨初心者さんは特に迷ってしまうかもしれません。

仮想通貨投資最大のコツは、みんなが欲しがるような仮想通貨に投資することです。

みんなが欲しがれば自然に価値は上がっていきますし、突然ゼロになるリスクも抑えられます。

具体的にはビットコインが現状の基軸通貨に近く、イーサリアムやリップルなどが追随しているような状況です。

とりあえずはビットコイン投資というのが仮想通貨の基本で、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中で伸びるものを探すというのが王道でもあります。

アルトコイン選びのコツとしては、どこが何を目的として発行したアルトコインなのかというプロジェクト力で判断するのがおすすめです。

アルトコイン投資は、2番手を探すもよし、ICO(新規発行された仮想通貨)からそこそこ伸びるものを探すもよしといったところでしょう。

ただ、ICOはリターンも莫大ですが、リスクも大きいために少額投資をおすすめします。

伸びる仮想通貨を探すのが一番の仮想通貨投資法だよ。
まずはやっぱりビットコインかなー。けど何十倍とかも期待できるアルトコインも探したい!
そうだね!それが王道だと思うよ。
アルトコインは低位ほど難しいからギャンブル感覚になるけど、低額ならリスクは少ない割に、爆発力も味わえるからおすすめかな。
発掘の楽しみも味わえるのは株とFX以上かもしれないね!

仮想通貨投資の利益

投資の利益は大きく2つ、値上がりによるキャピタルゲイン(売却益)と、保有によって配られるインカムゲイン(配当や優待)です。

値上がり利益はわかりやすいですよね。購入時より高く売ればシンプルに利益が出ます。

保有によって得られる特典は、株式なら配当や優待があるというのは一般的ですよね。

FXはスワップポイントという金利を受け取れます。

配当は企業によって異なり、スワップポイントは国ごとの政策金利によって異なります。およそ1~3%といったところでしょうか。

仮想通貨には配当と優待がありませんが、貸仮想通貨サービスというものが始まり、手持ちの仮想通貨を貸し出すことで利用料を受け取れるというものです。

2017年現在では、年率にして最大5%(14日間:年率1% 30日間:年率2% 90日間:年率3% 365日間:年率5%)というのですから、これだけでかなりのリターンも見込めます。

現在は、国内最大のビットコイン取引所のひとつコインチェックで実施されていますが、これは今後拡大されていくサービスだと感じます。

仮想通貨市場全体の成長による値上がりも大きく期待できますし、仮想通貨投資のリターンは株やFXと比べても遜色ないどころか、かなり魅力的な内容となっています。

怪しいイメージもあった仮想通貨だったけど、なんだか普通にリターンが見込めるんだね。
そうだね。怪しいというイメージがあると普及が期待できないから、値上がりもしないし、どれだけリアリティがあるかというのは重要だね。
国が仮想通貨を決済方法として認める[改正資金決済法]が2017年4月から施行されたのも大きいよ。
改正資金決済法?
うん。仮想通貨法とも呼ばれ、仮想通貨が支払い手段の一つとして認められ、仮想通貨取扱い業者に登録制が導入されたんだ。
これで仮想通貨全体のリスクが下がったことは間違いないよ。
なるほどー。リスクが下がると投資する人も増えて、価値がどんどん上がってるって流れなんだね!
元々ビットコインの技術や仕組みが優れていて、安全性は間違いないとされてたけど、この法案で決済方法として認められたことで、ギャンブルから投資に変わったようにも思える時だったんだ。

まとめとおまけ

投資にはリスクとリターンがある限り、ギャンブル要素がゼロとはいかない部分もあるでしょう。

これは株でもFXでも不動産でも仮想通貨でも変わりません。

短いスパンで見ると偶然性の高いギャンブルかもしれませんが、仮想通貨の将来的な価値を考えると、長期的なスパンなら限りない価値への投資に近いものと思います。

ビットコインの一般化はもうすぐそこまで来ていると感じますし、実際に使える店舗も小売店・飲食店・旅行代理店・不動産・中古車屋などなど増え続けています。これは仮想通貨の価値が上がっていく過程を実感できる状況ですね。

仮想通貨が一般化すればするほどリスクは低く、投資のリターンも得やすくなります。

個人的には、仮想通貨が普及する段階で、仮想通貨のことを知って投資できているのは千載一遇のチャンスでもあると感じますし、おそらく仮想通貨投資をしているみなさんが感じていることではないでしょうか。

「伸びていく市場に投資する」というのは非常に有効な手段です。

株やFXとの分散投資もおすすめですし、仮想通貨一本というのもまた大きなリターンを得られる可能性の高い選択のひとつでしょう。

関連記事仮想通貨ビットコイン投資はまだ稼げる?もう稼げない?

手数料や取り扱いサービスなど各項目を比較できますので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。