GMOコインはビットコイン購入が簡単な販売所

GMOコインビットコイン販売所

GMOコインは、これまでのスタンダードな仮想通貨取引所ではなく、簡単にビットコインが購入できる販売所メインの形態となっています。

販売所としてはスプレッドも小さく、初心者さんにとって非常に使いやすいのが大きなメリットです。

目次

GMOコインで簡単にビットコイン購入

GMOコインの大きな特徴がビットコインを簡単に購入できる販売所ということです。

他の仮想通貨取引所は、ユーザー同士で売買する取引所と、運営会社と売買する販売所の併設ですが、GMOコインは販売所のみの特化となっています。

正直、これはかなり思い切った形態ですが、販売に特化することによってスプレッドを小さくし、簡単に売買できるのに手数料が掛からないというバランスを実現しました。

使い方は非常に簡単で、ビットコインを購入には、アカウントから「仮想通貨売買」で「BTC売買」を選び、提示されている価格で売買したい数量を入力するだけです。

GMOコイン仮想通貨売買

物凄く簡単ですね。売買板を見て指値や成り行き注文をする手間が掛かりません。

売買価格差(スプレッド)もビットコインで3000円(5000円に変更となりました)と非常に小さいので、ユーザー間の取引所と似たような感覚で取引することも可能です。

販売所は取引所と比べて損をするという通例を変えたと言ってもいいかもしれません。

[getpost id=”2828″]

仮想通貨取引所と販売所の違い

仮想通貨取引所と販売所の違いを見ていきましょう。

ざっくり言うと、取引所はユーザー間の売買、販売所は運営会社との売買です。

手数料は、取引所では少し掛かってしまう傾向ですがスプレッドはほとんどありません。販売所は手数料こそ無料ですが、売買価格差(スプレッド)が大きく、結局のところ実質手数料が高くなるという傾向です。

ただ、販売所には、ユーザー間の流動性に関係なく安定して大量の仮想通貨売買ができるというメリットがあります。

取引相手 メリット デメリット
取引所 ユーザー 手数料が安い 流動性次第
販売所 運営会社 安定した売買 スプレッドが大きい

GMOコイン取引所と販売所の違い

特に、GMOコインはマイニング(ビットコイン新規発掘)事業参入という大きな武器があり、販売所でも安定したビットコインの供給が期待できるのが大きいですね。

他の取引所では販売所の存在意義がかなり低いほどスプレッドが大きいので、GMOコインの影響によって販売所のスタンダードが変わっていくことも期待したいものです。

[getpost id=”2510″]

ビットコイン以外のアルトコイン

GMOコインアルトコイン

GMOコインでは、ビットコイン以外にアルトコインも取り扱っています。

アルトコインはビットコインと比べると流動性が低めですから、取引所よりも販売所での売買が向いている面もあるかもしれませんね。

2017年10月現在はイーサリアムとビットコインキャッシュの取り扱いですが、今後も増えていくものと思われ、こちらにも期待したいところです。

(追記:リップル(XRP)とライトコイン(LTC)の取扱いも追加されました)

[getpost id=”2860″]

まとめとおまけ

GMOコインは、ビットコインを簡単に購入できる販売所形式です。

取引所と比べると少し手数料は高めですが、他の販売所と比べるとスプレッドは小さく、初心者さんにとっては非常に使いやすい形態でしょう。

今後のマイニング事業によって、販売所もどんどんと進展していくでしょうし、GMOコインはかなり期待の仮想通貨販売所です。

[common_content id=”2335″]

他の取引所との併用もおすすめですし、取引所間の価格差で利益を出すアービトラージ(裁定取引)のためにも、ぜひ複数の取引所に口座を開設していきましょう。

リスク分散のためにも、GMOコインと合わせてbitFlyerも合わせて使って行くのがおすすめです。

[common_content id=”2332″]

手数料や取り扱いサービスなど各項目をGMOコインとも比較できますので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる