保有仮想通貨を守るためにハードウェアウォレットを使うということは定番ですが、それでも仮想通貨を盗まれるケースもあり得ます。

自己管理によるセルフGOXも忘れてはいけませんね。

使い方次第ではリスクをほぼ無い状態にもできますが、ハードウェアウォレットから仮想通貨を盗まれるケースについて考えてみましょう。

ハードウェアウォレットはリカバリーフレーズが命

ハードウェアウォレットリカバリーフレーズ

ハードウォレットは、ブロックチェーン上にある仮想通貨にアクセスする秘密キーを管理するためのものです。

ハードウェアウォレットそのものに仮想通貨が入っているわけではありません

ハードウェアウォレット=セキュリティの強いUSBメモリと考えられている方もいらっしゃいますが、この辺りの仕組みが違います。

そして、その秘密キーを暗号化しているのがリカバリーフレーズで、リカバリーフレーズを使って秘密キーをコントロールするイメージです。

リカバリーフレーズがあれば同じ秘密キーを作れるので、別の端末でも同じ仮想通貨を同期して管理できるんですね

これはバックアップ用を作れたり、復元ができるというメリットにもなるのですが、リカバリーフレーズが漏れると簡単に同期されて仮想通貨を盗まれてしまいます。

例えば、あなたの端末のリカバリーフレーズを教えてもらえれば、誰でもすぐに仮想通貨を盗み出すことができてしまいます。

ハードウェアウォレットから仮想通貨を盗まれるケース

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットから仮想通貨を盗まれるケースは、リカバリーフレーズが漏れたという原因がほとんどです。

リカバリーフレーズをハッキングや総当たりで突破というのは現実的ではないので、リカバリーフレーズを写した紙やデータを盗まれた(コピーされた)ケースですね。

PINコードは漏れても端末とセットでなければ仮想通貨は管理・送金できません。

リカバリーフレーズがなんらかの原因で知られてしまうことによって、誰かがそのリカバリーフレーズを使って同期し、仮想通貨を他のウォレットに送金してしまうというわけですね。

犯人は空き巣?知人?家族?

仮想通貨ビットコインセキュリティ

リカバリーフレーズを写した紙やデータを盗まれるケースは限られていますが、空き巣か知人のケースになるかと思います。

家族が最も盗みやすい環境であることも忘れてはいけないかもしれません。

家族を疑うと、安全な保管場所は外部金庫のような選択しかなくなってしまいますが、この辺りは個々の事情によるところも大きそうですね。

もし身の回りの人がハードウェアウォレットを持っているのなら疑わしいかもしれません。(人間不信になってしまいそうですが)

中古のハードウェアウォレットには要注意

ハードウェアウォレットの中古品は要注意です。

特に、前の所持者がPINコードを指定している場合は、ほぼ100%仮想通貨を盗まれるでしょう。

「初期設定済みです。PINコードはこちらをお使いください」というのは親切ではなく盗むための方便です。前所持者がリカバリーフレーズを持っているので、同期されている状態ですぐに仮想通貨を盗まれてしまいます。

中古品で買っても、PINコードをリセットして初期設定をやり直せばリカバリーフレーズのリセットもできますが、また何か別のプログラムを仕込まれている可能性もゼロではありません。

基本的には中古の購入は避け、新品未開封品を公式か正規代理店で購入するようにしてください

Amazonやオークションで「新品未開封」として売られていても、それが100%信頼できるものではありません。せっかくハードウェアウォレットを使ってセキュリティを上げるのですから、無用なリスクを背負う必要はないです。

ハードウェアウォレット本体を盗まれると?

ハードウェアウォレット端末は、PINコードが暗証番号となっているので、PINコードがわからなければ操作を進められません。

なので、基本的にはハードウェアウォレット本体だけを盗まれても、すぐに仮想通貨を盗まれることには繋がらないでしょう。

Ledger NanoSの場合は、3回PINコードを間違えると初期設定がリセットされますし、PINコード総当たり攻撃もほぼ不可能です。

ハードウェアウォレット本体と一緒にPINコードを盗まれていないのなら、とりあえずは問題ありません。新しい端末を購入してリカバリーフレーズで復元し、心配なら別のウォレットに移すのがベストでしょう。

PINコード忘れは復元で対応

Ledger NanoS PINコード

PINコードを忘れてしまってもリカバリーフレーズがあれば問題ありません。

PINコードを3回間違えると、設定がリセットされて初期設定から始まるので、リカバリーフレーズで復元をしてPINコードを再設定しましょう。

リカバリーフレーズで復元=秘密キーは同じなので、管理している仮想通貨は変わりません。

ハードウェアウォレットで仮想通貨を紛失するケース

盗まれる以外に仮想通貨を紛失するケースもあります。俗にいうセルフGOXですね。

セルフGOXとしては、リカバリーフレーズを無くすことと送金間違えの2パターンです。

リカバリーフレーズを無くすと復元ができなくなるので非常に厳しい状況となってしまいます。(PINコードで別ウォレットに移すことができれば仮想通貨の紛失は避けられますが、PINコードも忘れてしまった場合は打つ手がありません)

送金間違えは、ハードウェアウォレットだけの問題ではありませんが、送金アドレス間違えには十分に気を付けてください。

ハードウェアウォレットから仮想通貨を盗まれるケースまとめ

ハードウェアウォレットから仮想通貨を盗まれるケースは、リカバリーフレーズを盗まれて同期されるか、中古品でリカバリーフレーズを共有されて同期されているパターンとなります。

本体とPINコードをセットで盗まれてもアウトですね。

リカバリーフレーズの管理がとにかく重要なので、家族や知人に対しても100%の信用を置かない方がいいかもしれません。

自分でもそれなりに管理がしやすく、自分以外は絶対に手を出せない場所というと…、うーん、それぞれの環境によってベストは違ってきそうですが、リカバリーフレーズの管理というのは悩みどころですね。

と言っても、取引所だけに預けておくリスクよりは、ハードウェアウォレット使用の方が安全性が高いのは間違いないです。

100%というのは難しいかもしれませんが、ハードウェアウォレットを使って大切な仮想通貨資産を守っていきましょう。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。