KuCoin取扱い通貨のポイント
世界トップクラスの取扱い数
独自トークンのKCSが大注目
低位の草コインも豊富

KuCoin(クーコイン)は取扱い仮想通貨種類は非常に豊富で、主要アルトコインから草コインまで幅広いです。

ユーザー投票によって取扱いアルトコインが増えていくというのも面白い点で、人気のアルトコインやICOほど取扱われる可能性が高いのも魅力ですね。

将来的には1000種類の取扱いを目指すというロードマップも楽しみな点です。

KuCoin取扱い通貨や優位性について見てみましょう。

KuCoin(クーコイン)取扱い仮想通貨数

KuCoin(クーコイン)の取扱い仮想通貨数は約100種類で世界トップクラスとなっています。

通貨追加ペースも早めなので、BINANCEの100以上を超えるのも時間の問題かもしれませんね。

KuCoinの取扱い仮想通貨は、トップページ下部に並んでいるので見てみましょう。

(デモ画面でも確認できます⇒KuCoinトップページ

「マーケット」を選択すると、基軸通貨ごとの通貨ペアが表示されます。通貨検索もできるので、お目当てのアルトコインがあれば探してみてください。

現在の基軸通貨はBTC,ETH,NEO,USDT,KCSです。

基軸通貨としては、BTCとETHとUSDTはおなじみでBINANCEとも共通ですが、NEOが使えるのがKuCoinの特徴ですね。

KCSはKuCoin発行の仮想通貨トークンで、基軸通貨としても使えますし、保有量に応じてKuCoinから配当を受けることもできます。

この実用性からKCSは大きく値上がりしています。KuCoinの利益と共に配当額も高くなるので、KuCoinの成長をユーザーも受けられるというのも魅力ですね。
KCS(KuCoin Shares)はKuCoin配当型仮想通貨

また、トレード画面でも通貨ペアを表示させることもできます。

KuCoinトレード画面通貨選択

それぞれの通貨欄から取引したい通貨を選択すると売買板が表示されます。シンプルで簡単ですね。

KuCoinは基本的に使い方が簡単なので、見た目でなんとなくでも使いこなせていくかと思います。

KuCoin(クーコイン)取扱いアルトコイン種類

KuCoin(クーコイン)の取扱いアルトコイン種類は、主要アルトコインからプロジェクトがよくわからないような草コインまで様々です。

ビットコインハードフォークで派生したビットコインダイアモンド(BCD)やビットコインゴールド(BTG)が取引できるのも特徴的ですね。

これからもビットコインフォークコインが付与されてトレードできる傾向なのは大きな魅力です。

おなじみの主要アルトコインとしては、ETH,ETH,DASH,LTCの取扱いがあります。他取引所との価格差でのアービトラージ(裁定取引)もありかもしれませんね。

注目のアルトコインとして、OMG,NEO,EOS,QTUM,XRB等の取扱いもあります。

KuCoin専用のKCSも注目で、KCSのためにKuCoinアカウントを登録する方もいらっしゃるぐらいでしょう。

あとは、時価総額50位以下の中堅どころも並んでいますし、100位以下の草コインもたくさんです。

BINANCEと比べると中堅以下の低位コインが多い印象ですね。
BINANCE(バイナンス)取扱い仮想通貨数とアルトコイン種類
発掘甲斐があり、お宝通貨を見つけた時のリターンは非常に大きいものとなりそうです。

通貨の追加も順次されていきますし、ICO上場もBINANCEとは違った銘柄がラインナップされる傾向で、アルトコイン選択肢を増やすためにBINANCEと併用するのもおすすめです。

KuCoinアルトコインラインナップは公式サイトトップページに並んでいるのでぜひご覧になってみてください。
KuCoin公式サイト

KuCoin仮想通貨トークンKCS

KuCoinを使う醍醐味のひとつが、独自の仮想通貨トークンのKCSです。

KuCoinは、手数料収益の50%をKCSホルダーに還元(所有量に応じて分配)をしていますし、保有量に応じて手数料最大30%割引という実用性ですね。

KuCoinは取引手数料も0.1%という世界最安クラスですが、さらに割引を受けられる魅力です。
KuCoin(クーコイン)取引手数料

KCS保有しているだけで恩恵を受けられるというのが大きく、特に配当とうして還元はKuCoinが取引所として成長するほどにユーザーも利益を受けられるという素晴らしさです。

KuCoinは非常に勢いのある取引所のひとつですので、KCS保有の恩恵も大きく、KCSのためにKuCoinアカウントを登録する方も多いぐらいかもしれませんね。

KCSは価格的にも、2017年末から2018年初にかけて10倍を達成していますし、注目するべき仮想通貨のひとつに間違いないでしょう。

KCS価格チャート

チャートだけを見ると急上昇しすぎて不安にもなりますが、時価総額はまだ40位という上昇余地を残しています。

KCSとBNB時価総額

ライバルと言ってもいいBinance Coin(BNB)は31位ですね。KCS目標価格の指針ともなりそうです。

個人的には、手数料割引メインのBNBよりも、配当型のKCSに魅力を感じるので、30位を越えてもおかしくないのかなと感じます。どこまでKCSが上位ランキングに食い込むのか注目ですね。
KCSの詳細はこちらをご参考ください

人気投票での上場通貨追加

KuCoin(クーコイン)では、上場通貨候補の人気投票も行われています。

KuCoin(クーコイン)上場人気投票

少し日本語訳が怪しいですが、「好きなコインに投票してください。第2回投票」ということだと思います。

この得票数と率によって、上場通貨の参考となるということですね。(色々な問題から上場確定ではないと思いますが、上位通貨はそれなりに上場されるはずです)

推し通貨があれば投票するもよし、上位に来て上場されそうな通貨があれば他取引所で仕込むもよしでしょう。

他取引所に上場しそうな通貨を仕込んでおくのは、仮想通貨投資法の基本のひとつなのでぜひ意識してみてください。
BINANCE(バイナンス)登録から使い方まとめ

海外取引所は草コインが強み

海外取引所を使う大きなメリットは、アルトコイン選択肢の豊富さですね。

特に低位の草コインを購入できるのが魅力です。

草コインはブームが来るまでは資金流入しにくく、相場も動きにくいのですが、一度草コインブームが来ると草コイン全体に資金循環する傾向があります。

そして、少し買われると一気に10倍20倍になるのが魅力ですね。短期間での100倍すら夢ではありません。

ビットコイン⇒主要アルトコイン⇒中堅アルトコイン⇒草コインという資金の流れを見極めるのが重要になってきます。

KuCoinを使う大きな理由も、アルトコイン選択肢を広げるためだと思うので、資金循環を意識して上手くアルトコインの先行投資をしていきましょう。

KuCoin(クーコイン)取扱い通貨種類まとめ

KuCoin(クーコイン)の取扱い仮想通貨数は約100ですが、ロードマップでは1000を目指すということでこれからにも大注目です。

アルトコイン種類の幅も広く、他取引所にはない低位や中堅コインが多いのも魅力です。BINANCE等との併用も効果的ですね。

独自トークンのKCSも非常に魅力がありますし、爆上げ期待のお宝通貨も多数眠っているはずです。

アルトコインの資金循環も意識して、仮想通貨投資とその大きなリターンをぜひ楽しんでみてください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。