フリマアプリのメルカリで、仮想通貨ウォレットのハードウェアウォレットの出品が禁止されました。

これは消費者保護において英断だと思います。

仮想通貨の安全保管に適したハードウェアウォレットですが、中古はもちろん、新品でも信頼できる業者から購入しなければならないということですね。

ハードウェアウォレットの購入は、公式か正規代理店というのが原則ですので、ショッピングモールやオークションでの購入は避けましょう。

メルカリでハードウェアウォレットの出品禁止

フリマアプリのメルカリで、仮想通貨の保管・管理ができるハードウェアウォレットの出品が禁止されました。

コインチェックのNEM(XEM)ハッキング事件を受けて、ハードウェアウォレット需要が高まることを危惧しての措置ですね。

ハードウェアウォレットを個人や初見の業者から購入することは大きなリスクがあるので、このメルカリの対応は素晴らしいと思います。

ハードウェアウォレットはその性質上、まっさらな新品ではないと盗難リスクが非常に大きいので、公式か代理店で新品購入をするようにしてください。

ハードウェアウォレットは公式か代理店で新品購入を

ハードウェアウォレットは、中古はもちろん、新品購入も公式サイトか正規代理店で購入するようにしましょう。

メルカリが出品禁止したように、オークションでのハードウェアウォレット購入は危険ですし、Amazonのようなショッピングモールでの購入でもおすすめできません。

初期設定済みの中古品だと、リカバリーフレーズが共有されている状態なので、すぐにでもそのハードウェアウォレットと同期されてしまい、管理している仮想通貨を盗まれてしまいます。

初期設定をリセットすればいいかもしれませんが、誰かが触っていると何を仕込まれているかわかりませんし、せっかく安全のためにハードウェアウォレットを使うのですから、ここで無用なリスクを1%でも背負う必要はありません。

ハードウェアウォレットは、公式サイトか正規代理店でまっさらな新品を購入するようにしましょう。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

まとめとおまけ

コインチェックのNEM(XEM)ハッキング事件を受けて、仮想通貨に対するセキュリティ意識が問われています。

仮想通貨の保管・管理はハードウェアウォレットがおすすめですが、新品を公式か正規代理店で購入するようにしましょう。

メルカリがハードウェアウォレット出品を禁止したことで、ヤフオクなどでもその流れとなるかもしれませんが、Amazonでの新品購入にも注意してくださいね。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。