ビットコインや仮想通貨がすごいのはなんとなくわかったけど、メリットだけじゃなくデメリットもあるんだよね?

ビットコインや仮想通貨は、優れたブロックチェーン技術によって、高いセキュリティと利便性を実現して急発展してきたわけですが、メリットとデメリットがあるのも事実です。

特に、仮想通貨の投資をするなら、非常に気になる点でもありますよね。

メリットだけではなくデメリットを知ることでどの程度のリスクがあるのかも把握できますし、これはぜひ覚えておきましょう。

仮想通貨・ビットコインのメリット

仮想通貨、ビットコインのメリットは、ブロックチェーンの分散台帳による安全性と利便性の高さです。

管理が世界中に分散していることによって、1か所のクラッシュによる消失を防げますし、不正に対するセキュリティも非常に高いです。

そして、主な仮想通貨の用途は、決済・送金・投資・保存ですが、これが全て高速で手数料も安いという利便性も持っています。

仮想通貨は国境の概念がないので、外為両替手数料や手間がかかりません。

例えば、銀行間での送金手数料なら、日本国内で数百円、日本から海外だと数千円もの送金手数料がかかりますが、ビットコイン送金ならどこへでも数十円で送金可能です。

しかもビットコイン送金時間も最短10分という速度で、銀行間の数日かかる送金とは比べ物にならない利便性です。

関連記事仮想通貨ビットコイン取引所手数料比較まとめ

安全性が高く、決済しやすく、送金も速く、投資にも使え、保存も利くという通貨としてこれ以上ない価値が仮想通貨の大きなメリットでしょう。

その価値の高さから、リターンが大きい投資としての価値がクローズアップされがちですが、本来は利便性と安全性の高さが仮想通貨の価値なのだとも思います。

やっぱり仮想通貨のメリットはたくさんだね。
個人的に一番大きく感じるメリットは送金かな。海外に行く人にとっては、両替をしなくてもいいという決済の汎用性が一番のメリットかも。
国が違っても送金と決済できるのは大きいよね。価値があるから結果的に投資でのリターンが一番すごいって現状だけど。
そうだね。価値があるから投資としても魅力なのは間違いないよ。投資も立派な仮想通貨の価値と循環に貢献してるから、興味があるならどんどんするべきだと思う。

仮想通貨・ビットコインのデメリット

仮想通貨にはメリットばかりではなくデメリットもあります。

実物がないことによる不安とリスクが最も大きいデメリットで、パスワード的な秘密鍵を忘れてしまうと所持していた仮想通貨を引き出せなくなってしまいます。

秘密鍵は、金庫のカギのようなもので、無くしてしまうと金庫を開けることができなくなってしまいます。これを防ぐには、デジタル上での管理の他に、紙に書いておくなどのアナログ手法もおすすめです。

お金全般に言えることですが詐欺などにも注意ですね。ビットコイン投資に関する怪しい勧誘などには乗らずに、自分の管理と判断で投資するようにしましょう。

レートの変動もメリットだけではなくデメリットにもなります。レートが下がれば価値は下がってしまうので、そのリスクは避けられません。(レートが上がれば大きなメリットになるのですが)

関連記事仮想通貨ビットコイン投資はギャンブル?株FXとの違いを比較

あとは、使える場所が限られているという決済面で、国内のお店で使おうとするとまだまだ対応店舗は少ないでしょう。

仮想通貨のメリットと比べると少ないですが、デメリットも多少はあるので、自己管理で対応していく必要があります。

 決済に関しては、海外に行ったときに両替なしで使えるメリットにもなりますし、ビットコインを使えるお店がどんどん増えてきているので、実店舗での決済面は時間と共に解消され、むしろお金よりも便利になっていくものと思われます。

マウントゴックス社のビットコイン消失事件

ビットコインのリスクとデメリットを考えるに、マウントゴックス社のビットコイン消失事件は避けて通れません。

これは、ニュースでも取り上げられたのでご存知の方も多いかと思いますが、2014年2月、85万ビットコインと現金約28億円が消失したと、仮想通貨取引所であるマウントゴックス社が経営破たんした事件です。(その後、20万ビットコインは残っていて、消失は65万ビットコインだったようです)

このビットコイン消失は、ハッキングを受けて顧客資産が流失したと発表していましたが、実際はマウントゴックス社による横領だった可能性が高いとして、起訴され、2017年現在も裁判中となっています。

関連記事マウントゴックス社のビットコイン消失事件

 皮肉にもこの事件によって、仮想通貨とビットコインの名が広まるということにも繋がったのですけどね。

ただこれは顧客としては非常に高いリスクで、これから先も同じような事件が起こったとすると、他人事ではありません。

これを避けるには、仮想通貨を取引所に預けっぱなしではなく、自分のウォレットに移しておくことですが、タイミング次第では完全に避けるのは難しい面もあるでしょう。

信頼できる仮想通貨取引所選びが最も重要なのですが、2017年4月に施行された仮想通貨利用者保護が目的の改正資金決済法によって、仮想通貨の交換業者(取引所など)は金融庁への登録が義務付けられ、金融庁の監視下に入ることになりました

 具体的には、取引所の登録制、財務的な要件、経営資産と顧客資産を分離の義務付け、監査法人や公認会計士による監査の義務付け、年に1回の内閣府への報告書提出です。

これによって、取引所が不正をするリスクはかなり低くなったので、当時と比べると非常に安心して取引所を利用できるようになったのは間違いないでしょう。

ただ、リスクはゼロではないので、自分のウォレットに仮想通貨を移しておくような自己管理も大切になってくるのですけどね。

大きく懸念されていたリスクが減り、仮想通貨取引に拍車がかかったのは間違いないでしょう。

関連記事仮想通貨ビットコインは怪しい?投資しても損をしない?

マウントゴックス社の事件はよくわからずに見ていたけど、やっぱり仮想通貨は危ないんだなあという印象を持った人も多かったはず。
そうそう、私もやっぱり怪しい世界なんだなあと思ったよ。けど改正資金決済法で仮想通貨取引がまた気になった人も多いと思う。
うん、実際に2017年4月から仮想通貨全体がグッと値上がりしたから、国のお墨付きが大きかったのは確かだね。
仮想通貨は安心感さえあれば、価値と利便性が高いのは間違いないから、これからも伸び続けていきそうだね。
うん。マウントゴックス社事件の時で1BTC5万円を切っていたけど、今や10倍の1BTC50万円だからね。将来的には100万や1000万という話もよく聞くし、仮想通貨相場はまだまだ伸び続ける気がするよ。

まとめとおまけ

ビットコインを始めとした仮想通貨のメリットとデメリットについて書いてみました。

メリットは、安全性が高く、決済しやすく、送金も速く、投資にも使え、保存も利くという点で、これまでの通貨を凌駕する申し分のない価値でしょう。

デメリットは、まだ発展途中なので実際に使えるお店が拡大中な点と、実物がないリスクですね。

これは法改正やウォレット技術によって解消されていくことでもあるはずですし、決済に使える場所が増えるほど現実の通貨の上位互換になっていくのではないでしょうか。

発展途中だからこそ、投資にとってまたとない状況でもありますし、とりあえずは仮想通貨取引口座を開設しておいて常にチャンスを探っていくのもおすすめです。

関連記事仮想通貨ビットコイン投資はまだ稼げる?もう稼げない?

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方