モナコイン(MONA)は、数あるアルトコインの中でも異彩を放つ存在でもあると感じます。

日本発のアルトコインという魅力もありますが、なんといってもそのユニークな使い方やコミュニティが形成されているのが大きな魅力です。イベント開催も注目ですね。

ブロックチェーンの性能も申し分ないですし、決済や投げ銭としての使い道も実用性として既に動いて今す。そしてお遊び要素も盛りだくさんなのがまた面白い点ですね。

形成されたコミュニティがあるというのは仮想通貨にとっての将来性でもありますし、モナコインはビットコインにはない独自性を持って成長していくのかもしれません。

そこには投資リターンも大きなものを感じますし、ライトコイン並みの価格になってもおかしくないほどのポテンシャルも感じます。

モナコイン(MONA)とは?

モナコイン(MONA)とは、2014年に誕生(ベータ版は2013年12月23日開始)したアルトコインです。

2ちゃんねる発祥のアルトコインという異彩を放ちますが、だからこその魅力も持っています。

モチーフはアスキーアートのモナーです。

おなじみの顔文字でもありますが、これがコインにも使われているのがまあなんともな味ですね。

モナコインは、2chのソフトウェア板でMr.Watanabe(わたなべ氏)によってライトコインをベースとして開発されました。

用途としては決済や送金というベーシックなものですが、ブロックチェーンはライトコインがベースですし、世界初でSegwitを実装された仮想通貨でもあって性能的には申し分ありません。

以前はネタコイン的な印象もありましたが、いまでは主要アルトコインのひとつに数えられるほどに成長していて、その価格推移も急激な上昇を描いています。

モナコイン性能と概要

ひとまず、モナコインの性能と概要をまとめておきましょう。

通貨単位 MONA
コンセンサス
アルゴリズム
PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
マイニング報酬 50MONAから開始
(約3年で半減期)
発行可能上限額 1億512万MONA
Segwit 実装済み
送金速度 平均90秒

ブロックチェーンの承認システムであるコンセンサスアルゴリズムは、ビットコインとも同じPoWですが、モナコインのブロック形成速度は90秒と、ビットコインの10分に比べて6~7倍の速さです。

ちなみにライトコインは150秒で、モナコインの送金速度が光りますね。

その分、マイニング難易度が低いということでもあって、速い=脆弱性という面も出てくるのですが現時点では大きな問題ではないのでスルーします。

さらに、Segwit実装済みということも注目で、Segwitによって効率化されたブロックサイズも性能面の強さとなっています。

Segwitについてはビットコインでも話題となりましたが、長くなるのでここでは割愛します。ご興味がある方は詳しくはこちらで⇒ビットコインとSegwitとは?初心者向けにわかりやすく

コンセンサスアルゴリズムはPoW

モナコインのコンセンサスアルゴリズムはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)です。ビットコインやライトコインと同じですね。

最初に暗号数値を見つけた人にマイニング報酬が渡されるシステムで、スタンダードなアルゴリズムとも言えるでしょう。

モナコインのマイニング(採掘)

モナコインのマイニング(採掘)報酬は50MONAから始まり、2017年7月16日に1回目の半減期を迎え、2017年12月時点で25MONAのマイニング報酬となっています。

この半減期は約3年に1度訪れ、次の半減期は2020年7月予定です。

半減期の度にマイニング報酬は半減していきますが、その分モナコインの希少性が上がる仕組みです。

1051200ブロックごとに半減期が訪れ、1ブロック形成時間が90秒なので約3年周期ということになります。ちなみにビットコインの半減期は約4年周期です。

90秒に一度のマイニングに成功すると25MONA貰えるわけですから、1時間に1000MONAペースということになりますね。

モナコインは2017年12月時点で700円ほどの価格を付けていますから、マイニングが成功し続けるとかなりの報酬も得られる額になってきました。

モナコインのマイニングは、PCのGPU(グラフィックボード)で行うことができますし、これからモナコインのマイニングが盛り上がってくるかもしれませんね。

モナコインの価格推移チャート

続いてモナコインの価格推移チャートも見てみましょう。

しばらくは数円程度の価格推移が続いていましたが、2017年4~5月のアルトコインバブルでモナコインも40円ほどまで価格が高騰しました。

その後は調整を挟みつつ、2017年7月の半減期に向けて80円台を付けていきます。

半減期が来ると価格が落ち着いて50円台で推移していますね。

マイニング報酬の半減期前に価格が上昇し、その後は落ち着くというのは他の仮想通貨でも見られる傾向です。投資材料のひとつとしてみるのもいいでしょう。

そして10月に入り、突然10倍もの高騰を見せます。

これは、最大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerでのモナコイン取り扱い開始、ビットコイン以上の性能の良さ、日本製アルトコインの身近さと実用性、モナコインイベントの開催などが絡んで価格が上昇したのでしょう。

その後は300円まで調整しましたが、再度上を目指す展開なので1000円以上が定位置になるとブレイクするかもしれませんね。

【追記:モナコイン価格が1000円を超えて1200円を付けました。⇒モナコイン(MONA)価格が1000円到達で年間400倍超え!

モナコインの時価総額

2017年12月1日時点のモナコインの時価総額です。

仮想通貨全体で28位ですね。時価総額にして約3.5億ドルです。

それぞれ個性のあるアルトコインも並んでいますが、この順位だとまだ主要アルトコインギリギリといったラインでしょうか。

仮想通貨トップ10の時価総額も見てみましょう。(2017年12月1日時点)

モナコインのベースとなったライトコインは50億ドルの時価総額となっていますね。モナコインとの時価総額は約14倍です。

ただ、24時間の流動性がライトコインの4.6億ドルに対して、モナコインは950万ドルなので50倍近い差があるんですよね。

この取引量(出来高)の差さえ縮められれば、モナコインの実用性から、ライトコイン並みの価値までも視野に入ってきてもおかしくないでしょう。

モナコインは日本に特化している分、直近の実用性は優れていますが、世界的な認知度や実用性がどうしても劣ってしまう面があるのが現状だと思います。

モナコインの価値と将来性と使い道

モナコインの価値と将来性は非常に大きいものを感じます。

実際に、現状の決済や送金として実用されているのは、ビットコインとモナコインぐらいではないでしょうか。

投げ銭としての使い道もユニークで、気軽にモナコインを無償送金(寄付)することも常用されています。

モナコインは投げ銭(投げMONA)としても使えるため、2ちゃんねるやSNSの投稿価値を変えるかもしれません。
これはALISというICOアルトコインが独自SNSで行おうとしているプロジェクトでもありますが。

性能面でもビットコインやライトコインの上位互換と言ってもいいですし、実用性と性能面からモナコインの価値は非常に大きいものを感じます。

あとは流通面と知名度ですね。

ビットコインと比較すると流通面で全く太刀打ちできませんが、ライトコインの位置までは現実的に狙えるのではないでしょうか。

現状で14倍の時価総額の差があるので、ライトコインとの差を3倍ほどまで縮められれば、投資リターンも相当大きいものになりそうです。

こう比較して考えると、1MONAが3000円というのも非現実的な数字ではないとも感じてしまいますね。

ライトコインもビットコインと比べても割安に感じるので、ビットコインを軸として考えるならモナコインはさらに伸びるポテンシャルがあるかもしれません。

モナコイン決済

モナコインは実店舗でも決済が導入されています。

現状では、実店舗での決済ができる仮想通貨はビットコインとモナコインとNEMぐらいでしょうか。

秋葉原ではパソコンショップやメイドカフェ等の飲食店でモナコイン決済ができるお店も増えてきていますし、Amazonギフト券売買などで有名なアマテンでもモナコインでギフト券を購入することができます。
amatenアマテン公式サイト

 

決済方法は、お店のQRコードを読み込んで送金するだけというシンプルな使いやすさです。アマテンではモナコインでポイントをチャージしてギフト券を購入できます。

少数でも決済できるお店があるというのは大きな強みですね。これから取扱い店舗が増えていくのは時間の問題でもあるでしょう。

コミケでモナコイン決済ができるようになると活性化の一因ともなるかもしれませんね。これは出品者のウォレット的な問題も出てそうですが、相性的になかなか現実的なラインだと思います。

モナコインは投げ銭として使える

手持ちビットコイン

どの仮想通貨も送金というのは大きな用途ですが、モナコインはその送金の利便性が高く、投げ銭(投げMONA)としての用途も際立ちます。

性能が優れていても実用性が疑問視される仮想通貨も多い中、これはモナコインのユニークかつ実用性が見えてきている面ですね。

主な使い方としては、Twitterのtipmonaという機能を使います。

tipmonaは、Twitter上だけで送金ができるので簡単に投げ銭をすることができるんですね。

投げ銭はまだお遊び程度ですが、今後はこれがビジネスに発展するかのような可能性までも感じます。

例えば、いいと思った投稿に投げ銭が集まることが通例化すれば投稿の質が上がるでしょうし、投げ銭をした側にもなんらかのメリットが与えられるならコミュニティとサイクルが活性化するはずです。
ん?これってALIS…いやなんでもありません。

tipmonaの使い方

tipmonaの使い方はリプライを使うだけの簡単さで、送金側と受取側がTwitterアカウントを持っていれば可能という気軽さです。

基本的に「@tipmona tip @誰かのID 金額」というリプライを使って、Twitterユーザーにモナコインを送ることができます。

ウォレットが無くてもモナコインを受け取ることができます。これはtipmonaを管理しているモナコインちゃんbotがTwitterのアカウントに紐付けたコインアドレスを作成してくれるからなんですね。

送られたモナコインは、「@tipmona 残高」で残高確認、「@tipmona 出金 金額 アドレス」で指定のアドレスに送金(引き出し)することができます。

モナコインを送る側に回りたいなら、「@tipmona 入金」でtipmonaにモナコインを入金する自分用アドレスを表示することができるので送金してください。

この残高で、「@tipmona tip @誰かのID 金額」のリプライでモナコインを送ることができるというわけですね。

Twitter上の機能で送金が完結するので気軽ですし、受け取った側はサプライズにもなるので、tipmonaはSNS活性化の起爆剤となる可能性まで感じます。

もちろん、そこはモナコインの価値上昇にも繋がってくることでしょう。

tipmonaの詳しい使い方はこちらをご参考ください。

モナコインポータル兼ウォレットのMonappy

モナコインの使用と保管先として機能するMonappyというポータルサイトがモナコインの魅力をさらに高めます。

Monappyではアカウントを作ればウォレットとしても使えますし、このウォレットはモナコインの送金にも非常に便利です。

Monappyはtipmonaとの連携もできるので、tipmonaの残高確認や入出金も簡単になります。

ポータルサイトとしての機能は、モナコイン価格や各種データ表示はもちろん、モナコイン関連のユーザー投稿(記事やイラスト等)でも賑わっています。

ユーザーの投稿に対しては投げ銭ができるので、コニュニティ活性化が進めばSNSとしても大きな将来性を感じます。

MonappyPaymentsでは、モナコインで商品を販売・購入することができ、これもモナコイン決済先のひとつですね。

広告料運営の代わりに、仮想通貨+SNSというのはこれからのスタンダードにもなるかもしれませんね。ALISはその特化版ですし、既存SNSや掲示板にも取り入れられていけば変革にも繋がるでしょう。2ちゃんねるやニコニコ動画にモナコインが標準装備されれば…ゴクリ。

Ask Mona

さらに、モナコインにはAsk Monaという投稿掲示板もあります。

モナコインに関することだけではなく、他の各種テーマや雑談がほとんどですが、モナコインを投げ銭できるのが大きな特徴です。

いい投稿をすればモナコインを貰えるというメリットもありますが、投げ銭する側にもメリットを大きくしていけば大きな発展となるサービスかもしれませんね。

ここまでのtipmona、monappy、ASK MONAという専用サービスが立ち上がっていることから、モナコインの魅力と実用性は他のアルトコインの一段上を行っているのは間違いないでしょう。

モナコインが購入できる仮想通貨取引所

モナコインの入手方法は、マイニングか購入か送金で貰うということになりますが、まとまったモナコインを入手するなら仮想通貨取引所での購入が一般的となります。

現在、モナコインを取り扱っている主要な仮想通貨取引所は、bitFlyerZaifbitbankBitTradeです。

bitFlyerは取引手数料無料ですが、販売所形式なので売買スプレッド的(実質手数料)におすすめできません。

bitbankとBitTradeは売買板取引ですが取引量(出来高)が少なめなので、結局のところスプレッドが5~10%ほど発生している傾向です。

総合的に、モナコインを購入するならZaifがおすすめとなります。

販売所形式は運営会社との売買、取引所形式はユーザー同士での売買です。

取引所ごとの手数料などを一覧としてみましたのでご参考ください。

仮想通貨取引所 取引形態 取引手数料 スプレッド
bitFlyer 販売所 無料 約15%
Zaif 販売所と取引所 Maker:0%
Taker:0.1%
販売所は約5%
取引所は変動
bitbank 取引所 無料 変動
BitTrade 取引所 Maker:0.3%
Taker:0.7%
変動

(各数字は変更の可能性もありますので、詳細は各公式サイトをご確認ください。)

Zaifは取引量も安定していますし、モナコインのスプレッドも1%以下という傾向なので、モナコイン売買ならZaif一択といってもいいでしょう。

公式サイトZaif

 

現在はZaifで間違いありませんが、bitFlyerでモナコイン売買板取引が始まればまた選択肢となるかもしれません。

bitFlyerの海外展開が始まるので、モナコインへの海外資金の流入も期待したいところです。

まとめとおまけ

モナコインは日本発の仮想通貨で、2ちゃんねる発祥という異彩さですが、その性能は実用性はアルトコインの中でも一段抜けているのではないでしょうか。

性能とプロジェクトだけは良くても、使い道が無いアルトコインと比べると、モナコインは既に決済や評価としての機能を持って動いている強みがあります。

独自の文化とコミュニティを形成しているのも発展性を感じます。

日本人として国産アルトコインの安心感はありますが、逆に海外からすると謎コインの印象は拭えないかもしれませんね。

この海外へのハードルを越えられればモナコインのブレイクが来るはずで、時価総額もトップ10に迫っていくものになると感じます。

そしてこのためには、モナコインを盛り上げるユーザーの動きが、海外の興味を引くものとなることが必要なのかもしれません。

逆に言えば、ユーザーの盛り上がり次第でモナコインの価値は高めることもできるはずです。

モナコインは身近でありながらも、非常に魅力的な仮想通貨でもあるので、ぜひモナコイン投資とそのリターンを楽しんでみてください。

モナコインを購入できる取引所
仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。