仮想通貨取引所

国内大手証券会社のマネックスが、仮想通貨売買サービスに乗り出すこととなりました。

今年中の計画ということで、2017年に金融庁の登録を受け、仮想通貨取引所のオープンまで視野に入っているようですね。

ビットコインだけではなく、アルトコインの取扱いにも積極的なようで、利用者側としては選択肢が広がって嬉しいこになりそうです。

手数料やスプレッドなどの競争も生まれていくでしょうし、各種サービスの多様化にも繋がり、2018年の仮想通貨業界も盛り上がっていく可能性が高いかもしれませんね。

大手金融業者の仮想通貨取扱い業参入

既に仮想通貨取引所を開設しているGMOのGMOコイン、取扱い業者に登録済みで取引所オープン秒読みのSBI、取扱業の他にマイニングにも参入のDMM等々、大手金融業者の仮想通貨関連事業は進み続けています。

関連記事GMOコインの特徴と口コミ評判

基本的に、証券会社とFX取扱い業者などの金融業者は、仮想通貨サービスへと参入してくると見た方がいいのかもしれません。

こういった大手金融業者の参入は、怪しいとされていたビットコインや仮想通貨業界に安心感を運んでくれることにも繋がります。

後発組でも、既に顧客を抱えている大手の強みがあるのは間違いないでしょうから、先行者の仮想通貨取引所も厳しい状況ともなるかもしれませんね。

サービスの競争も生まれますし、選択肢が増えることは利用者としては嬉しいことに間違いないでしょう

 マネックス証券から考えるサービスの特徴としては、手数料の安さやスプレッドの狭さ、トレードツールの高機能でしょうか。マネックス証券は小口投資ほど手数料が安い傾向もありますし、差別化にも期待したいところです。

業者が乱立すると流動性に難点あり

仮想通貨は株式やFXと違って、取引所ごとに独立した売買板での取引となるので、利用者が分散しすぎることによる流動性の低下に懸念は残ります。

ユーザーが多い取引所にさらに人が集まる傾向もありますから、勝ち組は一部となるのかもしれませんね。

ただ、仮想通貨の場合は、複数の取引所に口座を開設して併用するというのがスタンダードでもありますから、とりあえずは使ってもらって、感触が良ければメイン取引を移していくという傾向でもあります。

関連記事仮想通貨ビットコイン投資は複数取引所への口座開設がおすすめ

なので、後発の取引所でも、サービスさえ優れていれば成功してシェアを奪っていく可能性も高いでしょう。それが大手ならなおさらですね。

もしくは、GMOコインのように販売所に特化するというのも面白そうです。
GMOコインはビットコイン購入が簡単な販売所

まとめとおまけ

他の大手業者に続き、マネックスも仮想通貨取引サービスへと乗り出すようです。

今年中(2017年内)にサービス開始を目指すということで、意外に早いサービス開始となるかもしれません。

既に多くの顧客を抱えている大手金融業者が仮想通貨に参入すると、新規資金の流入も間違いなく大きいものとなるはずですから、仮想通貨相場にとってはプラスとなることは間違いなさそうです。

直近の仮想通貨取引所としては、SBIVC(バーチャルカレンシー)が先行予約中ですし、どういったサービス内容でのオープンとなるかが注目ですね。

大手参入によって、仮想通貨市場の信頼度と相場上昇の両面に期待したいものです。

[掲載情報は掲載当時のものです。情報が変更となっている場合もございますので、詳細は各公式サイトをご確認ください]

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。