QASHのポイント
目指すは金融サービス上でのビットコイン
ワールドブックでのグローバル取引所LIQUIDの動力
QASH購入ができるのはQUOINEX

QUOINEXの取扱い仮想通貨QASH(キャッシュ)が非常に注目です。

世界の取引所を繋ぐワールドブックにより、金融サービス上でのビットコインを目指すというだけあって、主要アルトコインのひとつとして数えられることも遠くないかもしれません。

世界的に見ると、アルトコイン誕生は珍しくもないんですけどね。注目点は日本発での仮想通貨ということで、金融庁登録を受けた仮想通貨取引事業者による、世界で初めて法令に遵守したイニシャルコインオファリング(ICO)ということでしょう。

信頼度はもちろん、LIQUIDのワールドブック(世界中の取引所の注文を繋ぐ)プロジェクトへの期待と、実現性の土台も非常に魅力的で大きな価値を感じてしまいます。

QASH

QASHは、日本国内のビットコイン出来高第3位のQUOINEが発行する仮想通貨です。

日本は、仮想通貨取扱業者を国の監視下に置いているほど厳格な基準のある国ですから、その日本の仮想通貨取扱業者が発行する仮想通貨の信頼度と期待感はこれまでのアルトコインとは一線を画すことでしょう。

もちろん、QASHのプロジェクトも魅力的で、QUOINEはQASH前提でのボーダーレス取引所運営を見据えているほどです。

QASHは金融サービス上でのビットコインを目指すというだけあって、仮想通貨取引はもちろん、各法定通貨を介した注文や決済のボーダーレス化を目指しています。

これが実現できるなら、確かにビットコイン、イーサリアム、リップルといった主要仮想通貨に並ぶ価値を持つかもしれません。

まあ、目指すだけならいくらでもできるのですが、これがまたしっかりとした年単位での計画に基づいて進められ、既に出来上がっている土台(自社の取引所QUOINEXやQRYPTOSとの連携)を使いつつ、他の取引所や金融機関との提携(Bitfinexや複数の仮想通貨取引所にQASHを上場)も進んでいるので、QASHのプロジェクトに大きな現実味があるのは確かでしょう。

QUOINEのロードマップ通りに進むと、QASHが大きな価値を持つことは遠くない将来に感じます。

QASHはQUOINEプラットフォームで使用可能

QUOINEX

QASHは、イーサリアムプラットフォーム上のERC20トークンのひとつです。ERC20は数々のアルトコイン発行に使われていてICOではおなじみですね。
イーサリアム(ETH)とは?価格推移とスマートコントラクトの将来性

2019年にはERC20トークンから、QASHの独自ブロックチェーンへと移行予定です。

そしてQASHは、仮想通貨取引プラットフォームLIQUIDや、QUOINEの取引所QUOINEXやQRYPTOSで提供されるすべてのサービスに使用されるように設計された仮想通貨です。

QUOINEX等のQUOINEの全てのプラットフォーム上で、ユーザーがサービス対価の決済に利用でき、手数料の支払いや与信の担保として使用することができるというのは、すぐに価値を感じられるという点で非常に大きいです。

日本人としては、QUOINEXでの取引手数料や、取引の担保としてもQASHが使えるので、これだけでかなり現実的な用途なのではないでしょうか。

QUOINEXに上場するICOのトークンセールにも使えるとのことなので、こちらもお得な使い方ができそうですし、ICO熱が高まるほどQASHの価値も上がっていくことでしょう。

これはQASHの計画の入り口ですが、これだけでもQASHの用途は確約されているので、「なんのために使うの?」というアルトコインとは価値が全く違う点でしょう。

QASHは各取引所で上場予定

仮想通貨取引所上場

QASHは、QUOINEの取引プラットフォーム及び、その他の仮想通貨取引所で売買ができるように計画されています。

投資ができるということは最も価値を高めやすい手段のひとつで、投資価値が投資価値を呼ぶという流れにもなるのは想像に難しくないでしょう。

投資ができるということは流動性としてもプラスですが、ICOのほとんどはプロジェクト内容よりも投資リターンのみが主目的な気すらしてきます。

そしてその売買ができる取引所が多いほど投資価値を高めやすく、どれだけ多くの取引所に上場できるかというのもICO成功のポイントになります。

その点、QASHはQUOINEXやQRYPTOSを始めとして、世界第一位のビットコイン取引量を誇る仮想通貨取引所のBitfinexとの提携もありますし、他のICOと比べても明らかに底固めができています。

様々な取引所にQASHを上場させることは、流動性によってトークンの有用性を高めることとQUOINEも非常に重視していて積極的な姿勢なので、他の取引所への上場計画もどんどんと進んでいくのではないでしょうか。

 取引所に上場が決まるだけで、そのアルトコインの価値が爆発することは通例でもあります。それが信頼度が高い取引所ほど強い傾向なのは明らかですね。

QUOINEプラットフォームLIQUIDとは?

LIQUID

何度も出てきているQUOINEプラットフォームですが、これも触れておかなければなりません。

QUOINEXは主に日本人が使う仮想通貨取引所で、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの現物購入やレバレッジ取引等ができるおなじみの取引所です。

QRYPTOSは、QUOINEXの外国版と思ってください。

そしてLIQUIDですが、これがQASHの用途と大きく関わってくるんですね。

LIQUIDは、QASHを使用した世界的な仮想通貨取引プラットフォームで、各仮想通貨や各法定通貨をボーダレス化した取引を可能とするのが大きな目的のひとつです。

ワールドブックによって、世界中の仮想通貨取引所の注文を繋げ、異なる取引所同士でも注文ができることを目指し、これが可能ならばどれだけ凄いことかは仮想通貨投資家のみなさんなら想像に難しくないでしょう。

例えば、日本のA取引所でビットコインを日本円で買い注文を出して、アメリカのB取引所でビットコインをUSドルで売り注文を出した人を繋げるというイメージです。

これまでは、国、取引所、通貨が違えば、売買板も当然別なので直接取引は不可能でした。取引所間の送金等のワンクッションが必要だったわけですね。

これをQASHやLIQUIDの技術によって直接繋いでしまうのですから、その利便性と価値は非常に高いものになるでしょう。

LIQUIDのイメージとしては仮想通貨取引所のモールでしょうか。

身近に例えてしまうなら、個々のお店がネットショップを開いて、それぞれのお店でしか使えなかったポイントが、楽天市場ができたことによって決済やポイントシステムが共通化され、流動性が増したようなイメージに近いかもしれません。

結果、楽天市場の価値はもちろん、出店する個々のお店とユーザーも利便性が上がったというわけですね。

通貨のボーダーレスと、ショップのモール式はまた違いますが、ひとつの括りに入れて垣根を低くし、使いやすくするというイメージとしてはそこまで遠いものでもないと思います。

決済の共通化には法定通貨と仮想通貨のボーダーレスが必要なのですが、その役割をQASHが担うことになれば、その価値が非常に高いものになるのは間違いありません。まさにQUOINEが目指している「クリプト金融のビットコイン」です。

QASHの金融業界への決済や送金にも利用可能

ホワイトペーパーには、「QASHは金融業界およびその他の業界すべてにおいて利用可能」「QASHの使用又はその事業にQASHの使用を希望する企業の種類を限定しません」とあります。

これは「どの業種でもQASHをどんどん使っていってください」ということでもありますね。

そして、その期待は特に金融業界に向けられています。

金融機関やパートナー企業に、推奨されるトークンとしてQASHを採用してもらうよう協議を行っているということで、QASHが支払いや送金を始めとする様々な目的のために幅広く利用されることが目標のひとつでもあるようです。

金融機関での決済や送金にまで利用される段階まで行けば、その価値はもはや疑う余地はないでしょう。

QASH ICO

QASHトークンセールは2017年11月6日(シンガポール時間0:00、日本時間1:00)に開始され、セール期間は最短1週間、最長1ヶ月3日間となります。

当初は、QRYPTOSで10/21の先行販売開始予定でしたが、QUOINEXと足並みを揃えての11/6の同時販売開始となりました。

11/6からはパブリックプレセールということで20%OFF、11/9からはパブリックセールで10%OFF、11/12からは通常価格での販売となります。購入するなら早めがお得ですね。

【追記:ビットコインのハードフォークが11月15日付近に発生する可能性が高いことから、QASHのトークンセールス期間が「11/6(月) 01:01 ~ 11/9(木) 00:59」の3日間となったようです。価値が高まる一因ともなりそうですね。】

QASH購入は取引所QUOINEXからとなるので、QUOINEX口座を開設して待機しておきましょう。審査と郵送物受取があるので日数は余裕を持っておくことをおすすめします。

公式サイトQUOINEX公式サイト

【2017年11月6日追記:QUOINEXでQASH ICOトークンセールが始まりました⇒QUOINEXでQASH ICOトークンセール開始

【2017年11月16日追記:最終的には世界98か国、合計4,988名の投資家の参加となり、比例配分での3.5億QASH=350,000イーサリアム(ETH)の販売となり、約134億円相当を調達できたようです。これは3日間としては異例とも言っていいICOでの資金調達額で、LIQUIDに大きな期待が掛かりますね。】

QASH購入方法

日本でQASHを購入するにはQUOINEXからとなります。(今後はアルトコインとして他取引所での取り扱いも増えていく可能性も高いですが)

QUOINEXに口座を開設して、日本円を入金してQASHを購入しましょう。

公式サイトQUOINEX公式サイト

口座開設の流れは簡単で、登録はすぐに終わります。

  1. 公式サイトの「口座開設」
  2. メールアドレスとパスワード登録
  3. 各個人情報入力
  4. 送られてきたメールクリックで認証
  5. 本人確認書類をアップロード
  6. 郵送物受取で口座開設完了

本人確認書類のアップロードまではすぐに終わりますが、郵送物受取までに数日が掛かるので、QASH購入予定日を決めているのなら余裕を持っておいてください。

これでQASH購入ができるので、あとはQASH投資やそのリターンを楽しんでいきましょう。

QUOINEXでのQASH購入方法の詳細はこちらをご参考ください。

QUOINEXでのQASH購入方法

QASH発行数とレート

QASHの発行総数は10億QASHで、トークン販売数としては2.5億QASHへと変更になりました。

レートは、1QASH=0.001ETHなので、1イーサリアムを3万円とするならば、1QASH30円のレートとなりますね。
調達金額は2.5億QASH×30円で70億円に上ります。

【11/7追記:QASH ICOトークンセールでは予定の3日間を待たずして、24時間内に2.5億QASH完売となりました。これは非常に高い期待感の現れでしょう。上限が無ければいくらまで調達できたのかを見てみたかった気もするぐらいです】

【11/8追記:購入希望者の要望に応えて、1億QASHをトークンセール用に開放し、3.5億QASHに増加となりました】

2017年9月のICOは37件で960億円の投資資金が入ったことを考えると、1件平均26億円ほどですがQASHがどこまで調達額を達成するかで勢いと注目度を計ることができるかもしれませんね。

ちなみに、よく比較されるCOMSAの資金調達金額は10月下旬時点で100億円達成となっています。

2017年1位はFILECOINの約257億円、第2位はTEZOSの約232億円、3位のEOSで約185億円、4位のBANCORが153億円、5位がCOMSAの100億円となっているので、QASHがベスト5に入れるかどうかも注目となりそうです。

発行会社 QUOINE Pte Ltd.
トークン名 QASH
コード QASH
発行総数 10億QASH
最大販売数 2.5億3.5億QASH
最小販売数 0.5億QASH
1QASHあたり販売価格 0.001ETH

QUOINEロードマップ

QUOINEの歩みと、示しているロードマップもまとめてみました。

2014 QUOINE設立
QUOINEX開始
2016 日本に本部移転
2017 Q2 QRYPTOS 開始
2017 Q3 QUOINEX 日本金融庁に登録 登録番号00002
2017 Q4 QUOINE QASHトークン発売
2018 Q2 QUOINE LIQUID公式開始
2018 Q3 ダイレクト・マーケット・アクセス
2019 Q1 アセットマネジメントおよび
インベストメントバンキングサービス拡大
2019 Q2 QASH ブロックチェーン開始
2019 Q3 正式な銀行免許

QUOINEとQASHに対する具体的なロードマップがあると、大きな期待感と安心感にも繋がりますね。

QASH価格推移

QASHのQUOINEX上場後の価格推移は非常に堅調なものとなりました。

上場時のETH価格が50000円を付けていたこともあって、1QASH50円での上場となり、その後も下値を切り上げながら上昇を続けています。

QASH相場は節目の100円を超え、一時180円まで付ける場面もありました。

これはQASHのプロジェクトに対する高い期待感の現れでしょう。

今後、どこまで伸びていくのかも注目ですね。

まとめとおまけ

QASHは、ボーダレスな仮想通貨取引プラットフォームを目指すLIQUIDで使用される仮想通貨トークンです。

と言っても、それはぼんやりした計画ではなく、既に稼働している取引所のQUOINEXやQRYPTOSに使用されることから実際に感じられる価値も大きいです。

他の大手取引所との提携と上場が決まっているというのも大きな付加価値ですね。

具体的な足固めと大きな将来性で、明らかに優れたICOのひとつに間違いないでしょう。

金融サービス上でのビットコインを目指すというだけあって、それに近づいていく過程で受けられるリターンも魅力的ですし、日本初のICOという期待感も大きいですね。

QASHの有用性を感じる方は、仮想通貨投資選択肢のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

日本でQASHを購入するにはQUOINEXからとなります。QUOINEX口座をお持ちでない方は、まずは口座を開設しておきましょう。
QUOINEX公式サイト

【QUOINEX口座開設の流れ】

  1. 公式サイトの「口座開設」
  2. メールアドレスとパスワード登録
  3. 各個人情報入力
  4. 送られてきたメールクリックで認証
  5. 本人確認書類をアップロード
  6. 郵送物受取で口座開設完了
仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。