日本発であるQUOINEX ICOのQASHトークンセールが非常に好調です。

11/9.01:00に始まったQASHトークンセールですが、24時間経たずして目標資金調達額100%に達し、完売となりました。

思ったより完売が早くて買えなかったという声もたくさん聞こえますし、これは非常に高い期待感の現れですね。

このまま行くと最大販売数超過での比例分配ともなり、QUOINEX上場後の相場上昇も大きく期待できるのではないでしょうか。

【追記:QASHは55%の比例配分となりました。⇒QASH ICOトークンセールは55%比例配分へ

QASH ICOトークンセールが好調

まず、当初の予定では1週間~1か月のトークンセールという触れ込みでしたが、11/15付近のビットコインハードフォークに伴って、QASHトークンセールは3日間のみの変更となりました。

3日間の20%オフはそのままですが、QUOINEX口座を開設してQASH ICOに参考しようと思っていた方にとっては間に合わないということにもなってしまうかもしれませんね。

そして、24時間経たずしてトークン最大販売数の2億5000万QASHの販売達成となったようです。

【11/8追記:購入希望者の要望に応えて、1億QASHをトークンセール用に開放し、3.5億QASHに増加となりました】

QASH ICOトークンセール

20時間経過時点で90%ほどに達していたので、QUOINE側も想定していた以上の早さだったのではないでしょうか。

1QASH=0.001ETHで、ETHが34000円ほどなので1QASH=34円ほどとなり、85億円ほどの調達額ということになりますね。

20%オフを差し引くと68億円の調達額でしょうか。それでも1日での調達額としては異例でもあるでしょう(COMSAの調達額で1か月で100億円強で、2017年の世界第5位の額です)。

発行数が10億QASHで、2億5000万QASHを売り出しでしたが、これでも足りなかったぐらいの結果となり、大成功のICOとも言えそうです。

もし5億QASH売り出していても完売したのかも…と考えると、150億円の規模の資金調達まで達成できたのかもしれませんね。

この最大額の調達で、LIQUIDの開発も理想通りの展開となっていくのではないでしょうか。
LIQUID(リキッド)とは?QASHが動く仮想通貨プラットフォーム

購入数100%でQASH比例分配?

個人的にもQASHを購入させていただきましたが、追加資金でさらに購入したい感も出てきました。みんなが欲しくなって売り切れると自分も欲しくなる欲ですね。

ホワイトペーパーによると「購入要求総数が販売期間以内に最大販売数を超過した場合、QUOINEは購入者の要求数の割合に応じてQASHを比例配分する」とあるので、あと2日間の購入希望は比例配分となりそうです。

最終的な購入倍率から見た自分の購入希望の割合しか買えないので、総購入希望額が2倍となるなら、自分の購入希望の50%が比例配分されるということになるのでしょう。
QASH ICOトークンセールは55%比例配分へ

買えなかった方や買い増し希望の方は、比例分配狙いの注文をしてみるのもよさそうですね。

ICOに関する情報更新もあるかもしれないので、公式サイトをぜひチェックしてみてください。

公式サイトQUOINEX公式サイト

QASH上場後の勢いにも期待

このトークンセールの勢いには期待感の大きさも感じますし、QASH上場後の価格も非常に楽しみになってきました。

QUOINEXの口座開設がまだの方はぜひ口座開設をして、QASH投資とその将来性かつリターンを楽しんでみてください。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)口座アカウント開設登録から入金の流れ

QASHの詳細についてはこちらで解説していますので合わせてご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方