QUOINEXはビットコイン以外に多数の主要アルトコインも取扱っていて、XRPやXEM等のアルトコイン追加に積極的なのも嬉しい点ですね。

そしてQUOINEXのアルトコインの目玉は、自社発行のQASHでもあります。

ビットコイン投資はもちろん魅力的ですが、アルトコインの爆発力も外せません。

QUOINEXでの取扱い仮想通貨について見ていきましょう。

QUOINEXの取扱い仮想通貨アルトコイン

QUOINEXでの取扱い仮想通貨は、現在のところビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、QASHの5種となっていて、ライトコイン(LTC)とNEM(XEM)も追加予定です。

詳しくはこちら⇒QUOINEXがXRP・NEM・LTCを取扱い

当初は物足りなかった印象でしたが、積極的なアルトコイン追加によってグッと充実したラインナップになったのではないでしょうか。

QASHが購入できるというのも大きな魅力ですし、アルトコイン投資においてQUOINEXは外せない取引所となっています。

QUOINEXでの取扱いアルトコイン
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • キャッシュ(QASH)
  • リップル(XRP)
  • NEM(XEM)(予定)
  • ライトコイン(LTC)(予定)

QUOINEXアルトコイン取引手数料

取扱いアルトコインの手数料も重要ですが、どの取引所でもビットコインよりアルトコインの手数料の方が高い傾向です。

QUOINEXでは、アルトコインというよりはベース通貨によって手数料が変わってくるのが特徴的です。

QUOINEXでは販売所は無く、ユーザー同士での取引所のみなので、手数料的には他の仮想通貨取引所よりもシンプルな傾向です。

QUOINEXでのアルトコイン手数料を一覧にしてみました。

ベース通貨 ノンベース通貨
(アルトコイン含む)
現物取引/レバレッジ取引 無料 約定金額の0.25%
レバレッジ手数料 0.05%/日 0.05%/日
送金(入出金)手数料 無料 無料

(手数料は変更となる可能性もありますので、詳細はQUOINEX公式サイトをご確認ください。)

ベース通貨というのは日本在住の場合は「BTCJPY」のことで、日本円でのビットコイン取引ということです。

ノンベース通貨はベース通貨以外で、アルトコイン全般と日本円以外のビットコイン取引のことです。

要するに、日本円でのビットコイン以外は手数料0.25%が掛かるということですね。

レバレッジを使用する際は取引手数料+レバレッジ手数料ということになります。レバレッジ手数料は日毎に掛かるので長期投資に向かないのは気を付けてください。

アルトコインのスプレッド

手数料と一緒に気にしておくべきなのが売買価格差(スプレッド)です。

売買価格差が開いていると、それだけで実質手数料のように負担費用が積もっていきます。

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)とビットコインキャッシュ(BCH)のスプレッドを見てみましょう。

QUOINEX売買スプレッド

QUOINEXではスプレッドがしっかりと表示されているのが嬉しい点ですね。

この画像時は、ビットコイン(BTC)が890円、ビットコインキャッシュ(BCH)が5922円、イーサリアムが90円(ETH)というスプレッドでした。

割合としては、BTCが0.1%、BCHが17%、ETHが0.2%という数字ですね。たまたまBCHが大きい数字となりましたが、基本的には1%以下に収まる傾向だと思います。

スプレッドはその時々によって変動しますが、流動性が低いほど大きな数字になる傾向で、ビットコインは数十円程度までスプレッドが小さくなることも多いです。

アルトコイン送金手数料無料

アルトコイン送金手数料が無料なのはQUOINEXの大きなメリットです。

送金手数料無料を生かし、QUOINEXで購入した仮想通貨をもっと高く売却できる取引所に送金することで利益を最大限得ることができるんですね。

「購入→送金→売却」という一手間は掛かりますが、購入価格以上に高く売れる取引所が見つかることもあるので、それだけで利益を出せてしまう場合もあるのが魅力です。

あらかじめ複数の取引所の相場を見ておいて、QUOINEXよりも高く売れる取引所を見つけたらすぐに「購入→送金→売却」をするというアービトラージ(裁定取引)もおすすめの投資法のひとつです。

関連記事仮想通貨ビットコインのアービトラージ(裁定取引)でサヤ取り投資

QUOINEXでのアルトコイン売買方法

QUOINEXでのアルトコイン売買は簡単です。

QUOINEX口座アカウントのダッシュボードに入ってください。

(デモ画面からも確認できます⇒QUOINEX公式サイト

QUOINEXビットコイン購入

「注文パネル」の「BTCJPY」を押すと各アルトコインが表示されるので、売買したい各アルトコインに切り替えてください。

「ETHJPY」だとイーサリアムと日本円、「ETHBTC」だとイーサリアムとビットコイン取引ということです。

指値や成行などの注文方法を選び、価格と数量を決めて売買注文を出してください。

これで注文が売買板に乗り、取引が成立すれば約定です。非常に簡単ですね。

スピード注文からも注文可能です。使い方は注文パネルとほぼ同じなので問題ないと思います。

国内の仮想通貨取引所のアルトコイン取り扱い

QUOINEX以外の仮想通貨取引所での取扱いアルトコインも気になるところですよね。

国内の仮想通貨取引所でのアルトコインの取り扱いを一覧としてみましたのでご参考ください。

取引所取扱数BTCBCHETHETCLTCXEMXRPMONALSKQASH
コインチェック13
bitFlyer7
Zaif5
QUOINEX5予定予定
GMOコイン5
みんなのビットコイン3
bitbank6
BITPoint5
BTCBOX4
BitTrade6
DMM Bitcoin7
(取扱い仮想通貨は変更となっている可能性もあるので、詳細は各公式サイトをご確認ください。)

(さらにコインチェックでは以下のアルトコイン取り扱いがあります)
XMR:モネロ
FCT:ファクトム
REP:オーガ
ZEC:ジーキャッシュ
DASH:ダッシュ

QUOINEXのアルトコインは少し物足りない面があったのですが、リップル(XRP)等の主要アルトコインの追加で非常に充実した印象です。

ビットコインはもちろん、アルトコイン投資用の取引所としても優先的に選択肢とできるラインナップですね。

特にQASHの独自性も強く、QUOINEXはアルトコイン投資において外せない取引所となってきています。

また、前述のアービトラージ(裁定取引)も非常に有効なので、複数の取引所に口座を開設するのも選択肢ですね。

まとめとおまけ

QUOINEXのアルトコイン取扱いは、イーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)を始めとして、リップル(XRP)やNEM(XEM)の追加によって非常に魅力的なラインナップとなりました。

QASH取扱いもありますし、アルトコイン投資においてQUOINEXは外せない取引所ですね。

これからもアルトコイン追加に積極的な印象が持てますし、非常に期待度も高いです。

ぜひQUOINEXを使って、アルトコイン投資とそのリターンを楽しんでみてください。

公式サイトQUOINEX

また、アルトコイン投資においては、取扱数の多さのコインチェックと、独自トークン取り扱いのあるZaifもおすすめになります。

アービトラージやリスク分散のためにも、ぜひ複数の取引所に口座を開設しておきましょう。

仮想通貨ビットコイン取引所おすすめランキング

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方