仮想通貨取引所QUOINEXで予定されていたアルトコインの新規上場が見合わせとなりました。

今回予定されていたのは、NEM(XEM)、ライトコイン(LTC)、イーサクラシック(ETC)ですね。

ジブラルタルブロックチェーンエクスチェンジ(GBX)発行のRockTokenのICOも難航ということで、色々とネガティブ要素が重なる残念な状況です。

QASH価格への影響も懸念されるところでしょう。

QUOINEXでNEM・LTC・ETCの上場が延期

QUOINEXでは、2018年1月中に取扱いアルトコインを10ほど追加したいとのことで、まずはリップル(XRP)が追加されました。

他にアナウンスされていたのは、NEM(XEM)、ライトコイン(LTC)、イーサクラシック(ETC)の3通貨でしたが、今回の上場に関しては様子見になったとのことです。

様子見ということなので、上場自体は計画倒れというわけではなさそうですが、直近での上場は期待しない方がいいでしょうね。

NEM(XEM)に関しては、コインチェックのNEM(XEM)ハッキング被害が影響している部分も大きそうですし、ライトコインやイーサクラシックに関してもタイミングが悪いということかもしれません。

ホワイトペーパー的には問題ないでしょうしね。

コインチェックのハッキング事件を受けて、各取引所に金融庁の立ち入り検査も入るとのことで、上場とは別部分にソースを割くべき時期でもあるのでしょう。

Rock Token ICOは無し

ROCK TOKEN

NEM(XEM)やライトコイン(LTC)の上場は延期という方向だと思いますが、調整を進めていたRock TokenのICOに関しては難しい状況とのことでした。

日本のICOが難しく、Rock TokenはQUOINEの海外サイトであるQRYPTOSで全額売り出すことになるようで、こちらはホワイトペーパーの問題なのだと思います。

日本の取引所のICOに関しては厳しい状況が続くかもしれませんね。

その分、ICOを実施できたトークンに関しては信頼のおけるものとなりそうで、大きな値上がりも期待できそうですが。

QASH価値への影響も

NEM(XEM)などのアルトコイン取扱いに関しては、時期を調整してまた上場となるかもしれませんが、海外ICOが厳しめとなるとQASHの価値にも影響してきそうでもあります。

QASHを使えば、5%ほどのICOトークンセールに参加できるというのも魅力のひとつでしたから、ICOが見込めなければQASHの使い道としては少し減ってしまうところです。

QASHの本領はLIQUIDでもあると思うので、本質的な価値は大きく変わらないとも思うんですけどね。

ICOが制限されそうなのは少々残念なのは正直なところもあるので、今後の進捗などに期待です。

まとめとおまけ

仮想通貨取引所QUOINEXで予定されていた、NEM(XEM)、ライトコイン(LTC)、イーサクラシック(ETC)の上場が延期となりました。

コインチェックのハッキング事件とも関係性があるかと思うので、一連の騒動が一段落してからにまた期待しましょう。

公式サイトQUOINEX

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。