リップル(Ripple)は、リップル社による決済・送金ネットワークシステムで、これまでにない送金の利便性をもたらそうとしています。

そして、XRPがリップルネットワークでのネイティブ仮想通貨となります。

リップル=XRPと捉えられがちですが、厳密にはシステムと仮想通貨という違いになるんですね。

仮想通貨投資市場では、リップルといえばXRPで通じるのでそこまで敏感になる必要もありませんが、ひとまずは違いとして覚えておきましょう。

それではリップルとXRPの特徴や、価格推移と将来性を見ていきます。

リップルとは

リップルとは、リアルタイムに決済や送金ができるブロックチェーン上に構築されたネットワークです。

分散台帳技術を用いた決済と送金のネットワークで、銀行間送金をスムーズにするためのシステムとして開発されました。

特に、時間とコストの掛かる国際間の送金を変革する目的が強く、グローバルな金融取引を短時間で低コストに行えることが期待されています。

数日掛かるほどのSwiftでの送金取引を、リップルなら数秒で決済ができるほどの利便性です。

大手クレジットカード会社のアメックスとの提携によって、クレジットカード業界での運用と普及も期待できることでしょう。
リップル(XRP)とアメリカンエクスプレス(アメックス)が提携

XRPとは

リップルネットワークの動力がXRPです。

投資市場ではリップル=XRPという認識でもありますが、厳密にはシステムと仮想通貨トークンという違いです。

XRPは通貨間の橋渡しをするような役割でブリッジ通貨という位置付けです。

XRPを使うことによって異なる通貨の送金がスムーズとなり、リップルネットワークをより効率的に動かすことができるんですね。

例えば1XRP=50円、1ドル=100円だとして、リップルで100万円を送金するとしたら、100万円→2万XRP→1万ドルというシンプルな流れになります。

これを銀行で国際送金しようとすると、各国の銀行を経由しなければならないので、何日も掛かったり手数料が高くなってしまい、リップルの利便性は非常に高いものとなります。

そして、リップルの使い道は金融だけに限られず、通貨全般のスムーズな送金を橋渡しするブリッジ通貨を目指しています。

これは法定通貨だけに限らず、仮想通貨も含まれるのでXRPの利用価値は非常に大きいものにもなっていくことでしょう。

リップルは、ビットコインと競争するためではなく、ビットコインを補助するという目的もあります。

XRPの時価総額

XRPの時価総額としては、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に次いで3位というのが定位置でもありましたが、ビットコインキャッシュ(BCH)の伸びによって4位となっている傾向です。

リップル時価総額

5位のライトコイン以下は割と競っている数字ですが、4位以上はかなりはっきりと比率の違う数字の開きがありますね。

これは将来性への期待も大きいですが、投機的な部分もあり、時価総額だけで本質的な価値を見るのは少し難しい面もあります。

ただ、現在のアルトコインの評価の中では、XRPはアルトコインの中でもトップクラスと言ってもいいでしょう。

XRPの価格推移

XRPの価格推移も見てましょう。

リップルチャート

1円以下から始まり、2014年に5円まで上昇しましたが、その後は再度1円以下の時期が続きました。

転機は2017年ですね。

リップルが様々な企業との提携や、金融機関でのテスト送金が行われるようになり、その壮大な構想が現実のようなものになってきました。

日本ではSBIの後押しも大きかったように思います。

2017年4~5月はアルトコイン全般が高騰した時期でもありましたが、リップルも10倍以上の上昇を見せ、リップルの構想と市場の期待感がリンクしたようにも思える勢いでした。

そこからは20円台での調整時期という流れですね。

ビットコインや他のアルトコインが高騰する中、少し置いてけぼり感もあるリップルですが、2017年初頭から考えると大きな上昇率でもあるので、2017年後半の調整も致し方がないといったところでしょう。

リップルの将来性を考えると、調整時期に安値で仕込んでおくというのも大きな投資リターンとなるかもしれませんね。

リップルの将来性

何に使うのかわからない仮想通貨や、使い道の類似したアルトコインが多い中、リップルは国際送金に特化した実用面も持っています。

そして、その実用性と利便性が評価されて、各業界の最大手企業との連携も進んできています。

特に金融機関というのは保守的な面もあり、当たり前に使われているSwiftと置き換えてリップルを使用するというのは大きなハードルがあることでしょう。

便利で安いですよー」だけじゃ使ってもらえないんですよね。既存システムに置き換わるには信頼性と将来性が非常に重要となってきます

しかしリップルはそのハードルを越えて提携と実用化にまでこぎつけていますし、銀行だけではなくクレジットカード業界にまでその影響が及んでいるので、その信頼性と将来性は高く評価されていると言ってもいいでしょう。

こういった提携が進んでいけば、リップルは送金そのものの基幹とまでなるのかもしれませんね。

リップルの将来性への期待感は非常に大きいものを感じますし、他の仮想通貨にはない役割を果たせるものと感じます。

まとめとおまけ

送金の変革を起こそうとしているリップル(XRP)は、仮想通貨の中でも少し特殊な位置付けに感じます。

ビットコインも送金革命ではあるのですが、ビットコインそのものが通貨価値を持った送金対象となるので、通貨間の橋渡しのリップルはまた違った役割となります。

むしろビットコインを補助できるのがリップルでもあるでしょう。

国際間の送金需要はこれからも増えていくはずで、リップルの果たす役割は大きいものとなっていくはずです。

投資の短期的な動きは難しいですが、XRPへの長期的な投資とそのリターンを楽しんでいきましょう。

XRP投資におすすめの仮想通貨取引所の手数料やスプレッドも比較しているので、こちらも合わせてご参考ください。

また、アルトコイン投資にはチェンジリーという仮想通貨交換サービスも合わせて使用するのが最も効率的でおすすめです。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方