Zaif(ザイフ)のビットコイン現物取引は、取引所と簡単売買販売所がありますが、この違いは初心者さんにとっては少しわからない面もあるかもしれませんね。

結論から言うと、簡単売買所での売買は損なのでやめておきましょう。現物取引は取引所での売買がおすすめです。

Zaif取引所と販売所の違い

Zaifの仮想通貨現物取引は、取引所と販売所に分かれます。

取引所はユーザー間でビットコインを売買し、販売所はZaifから仮想通貨を購入する簡単売買というのが大きな違いです。

取引所はユーザー間での売買となるので、板情報での注文となるのですが、手数料の安さやスプレッド(価格差)の小ささが非常にお得となっています。

対して、販売所は安定した売買ができるものの、レートと売買価格の差が大きく、取引所と比べるとあまりお得とは言えない仮想通貨価格となってしまいます。

販売所での売買は基本的におすすめできないので、取引所メインで使うようにしましょう。

また、取引所では信用取引やFXや先物取引も可能なので、合わせて選択肢としてみてください。

Zaif現物取引手数料

Zaifの取引所の手数料はmakerとtakerに分かれます。

makerは板に注文を並べる注文(主に指値注文)、takerは板の注文を消費する注文(主に成行注文)です。

ビットコインやそれぞれのアルトコインによっても手数料が異なるので一覧にしてみましょう。

Zaif現物取引手数料
仮想通貨 maker taker
BTC -0.05% -0.01%
XEM 0% 0.1%
MONA -0.01% -0.01%
BCH 0% 0.3%
ETH 0% 0.1%

(-0.05%はキャンペーン中の数字ですが、無期限延長中なので、終了1週間前に告知されます。詳細は、Zaif公式サイトをご確認ください。)

手数料はかなり安いですね。国内トップクラスの手数料の安さです。(安いというか、マイナスなので還元で逆に貰えてしまうぐらいです。)

手数料は、基本的には板に注文を置く方がお得です。急激に値動きして売買が追い付かないのでなければ指値注文をおすすめします。

 ただ、販売所での簡単売買は取引手数料マイナスボーナスが適用外なのが残念な点です。スプレッド(価格差)での実質手数料も掛かりますし、この面でも販売所はやはりおすすめできません。

その他のZaif各手数料はこちらをご参考ください。

Zaif取引所の使い方

Zaifの取引所はユーザー間で取引しているので、スプレッド差はかなり小さいです。

ただ、画面的に少し複雑で、初心者さんにとってはわかりにくい面もあるかもしれませんね。

ざっくりと使い方を。

まず、アカウント右上の「取引」で取引所へ移ります。

メインに使うのは、左上の通貨名と、右側の売買注文入力です。

見てそのままなのでわかりやすいかと思いますが、各売買を選択し、価格と数量を入力して注文を入れるだけです。

Zaif取引所

左上の「BTC/JPY」で各種通貨(ビットコインやアルトコイン)を切り替えることができます。

FXや先物取引もここから切り替えを行います。(AirFXがFX、四半期○○が先物取引です)

こんな感じですね。

Zaif取引所ビットコインアルトコイン

各仮想通貨をクリックすると、該当仮想通貨の取引画面になります。

横の「チャート」を押すと詳細チャート画面が現れ、各指標やトレンドラインなどの機能を使うことができるので、ぜひ色々と試してみてください。投資手法は人それぞれですが、なにか投資の基準が見えてくるかもしれません。

下の「売買注文」にユーザーが出している注文一覧が出ているので、これを見て自分の注文価格を決めていきましょう。

 買いなら最高値以下、売りなら最安値以上でmakerとなります。逆に、現在出ている注文をすぐに売買できる価格ならtakerとなります。(前述通り、makerとtakerで手数料が違います)
右下にはユーザーチャットが流れているので、他のユーザーの考え方や心理状況等の参考にもなります。(チャットはポジショントークも多いので、投資の決定的な判断とするのはおすすめできませんが)

Zaif販売所の使い方

次に、Zaif販売所の使い方です。

使い方は簡単で、アカウント右上の「簡単売買」で販売所へ移ることができます。

簡単売買と位置付けているだけあって、見た目でわかるほど簡単な作りとなっているのが初心者さんにも嬉しい点ですね。

Zaif簡単売買販売所

売買したい通貨を選択し、提示されている金額で買いか売りの数量を決めるだけです。

金額が提示されていて決まっているので、非常に簡単なのがメリットですが、この売買価格差(スプレッド)が大きいのが販売所のデメリットとなります。

この時、取引所ではビットコインが約61万円で取引されているはずで、販売所売買価格とはプラスマイナス13000円ほどの差があります。

取引所で売買すればこの13000円差は発生しないので、実質2%ほどの損をすることになってしまいます。買いと売りを往復すれば4%にもなってしまいますね。

取引所によほどユーザーがいなくて、売買ができないような状況にならない限り、販売所を使って売買するのはおすすめできません。基本的には取引所を使うようにしましょう。

 ただこれでも、Zaif販売所の価格差(スプレッド)は良心的な方です。他の取引所だと3~4%ほどのスプレッドがある印象です。

まとめとおまけ

Zaifの現物取引所と簡単売買販売所の違いは、ユーザーと取引できてお得なのが取引所、Zaifと売買するので簡単なのが販売所という位置付けです。

スプレッドも小さいですし、マイナス手数料も適用なので、基本的には取引所を使って行きましょう。

取引画面もわかりやすくて使いやすく、チャート画面も高機能ですし、なんといってもマイナス手数料が魅力的すぎます。

Zaifは、長期投資派にも短期トレード派にも非常におすすめの取引所なので、口座開設がまだの方はぜひアカウント登録をしてみてください。

Zaifは、サブとしてだけではなく、メインとしてもおすすめの取引所です。

公式サイトZaif

 

また、取引所間の価格差で利益を出すアービトラージ(裁定取引)のためにも、Zaifと合わせてコインチェックとbitFlyerも合わせて使って行くのがおすすめです。

リスク分散のためにも、ぜひ複数の取引所に口座を開設していきましょう。

公式サイトbitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

手数料や取り扱いサービスなど各項目をZaifとも比較できますので、仮想通貨取引所おすすめランキングもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。