Zaif(ザイフ)の手数料は高い?安い?

Zaif取引手数料
Zaif手数料のポイント
ビットコインが取引手数料無料!
アルトコインが売買板取引できる!
手数料とスプレッド的におすすめの取引所!

Zaif(ザイフ)は、モナコイン(MONA)やNEM(XEM)を売買板取引できるので、スプレッド的にも気にしなくていいという素晴らしさです。

手数料も基本無料ということで、取引以外に変に気にする必要がないのがいいところですね。

他取引所とも比較していくので、Zaifをお得に使う方法を探っていきましょう。

目次

Zaifと他の仮想通貨取引所との手数料比較

まずは、Zaifと他の仮想通貨取引所との手数料比較をしてみましょう。

[table id=1 /]

(手数料は変更となっている場合があるので、詳細は各公式サイトでご確認ください)

やはりZaifの手数料が非常に安いですね。特にマイナス手数料が際立ちます。現在は手数料無料なので、他の取引所との横並びの数字となっています。

出金手数料こそ高いものの、出金頻度は少ないでしょうし取引手数料に比べると重視しなくても問題ないでしょう。

Zaif手数料

仮想通貨ビットコイン手数料

仮想通貨取引所で掛かる手数料は、取引手数料と入出金、送金手数料が主となってきます。

取引手数料は現物・FX・信用取引とそれぞれなので、自分の取引形態に合わせて覚えていきましょう。

取引手数料は、ビットコインとアルトコインで手数料が異なることも多いですが、基本的にはどの取引所もビットコイン取引手数料の方が安い傾向です。

Zaifの手数料を一覧としてみました。

項目 手数料
現物取引 ビットコイン:0%
アルトコイン:0%~0.3%
借入・日次手数料
(FX・信用・先物取引)
0.039%/日
利益手数料
(信用取引)
0.7%
スワップ手数料
(FX)
最大±0.375%
出金手数料 350円~756円
送金手数料 0.0001BTC以上選択可
積立引落手数料 1.5%~3.5%

(手数料は変更となる可能性もありますので、詳細はZaif公式サイトをご確認ください。)

取引手数料は詳細に分かれていますが、現物手数料は基本無料となっています。

Zaif現物取引手数料

まずは、Zaifの現物取引手数料から見ていきましょう。

現物の取引手数料はmakerとtakerに分かれ、基本的にはmakerの方が安く、takerの方が高いです。

makerは板に注文を並べる注文(主に指値注文)、takerは板の注文を消費する注文(主に成行注文)です。

通貨ごとの現物手数料一覧です。

Zaif現物取引手数料
仮想通貨 maker taker
BTC 0% 0%
XEM 0% 0.1%
MONA 0% 0.1%
BCH 0% 0.3%
ETH 0% 0.1%

 

最も流動性のあるビットコインの手数料が安く、取引高の少ないアルトコインほど手数料が高くなる傾向ですね。

ビットコインもアルトコインもmakerなら無料で、取引手数料を気にしなくてもいいのが魅力です。

takerになると少し高くなってしまうので、急ぎの注文でなければ指値のmakerで板に注文を並べるのがおすすめです。

買いなら一番高く、売りなら一番安く注文すればすぐに約定するはずなので、makerにもそこまでデメリットはありません。

Zaif簡単売買のスプレッドに注意

Zaifの現物取引には簡単売買の販売所と、ユーザー売買の取引所があります。

簡単売買の販売所はZaifとの売買となり、スプレッドが実質的負担となるので注意してください。

現在はビットコインとモナコインが簡単売買できますが、基本的に使う価値はありません。

Zaif簡単売買販売所

購入が623169円、売却が598618円ということで、その差の24500円(約4%)が実質的なユーザー負担となってしまいます。

簡単売買は、ユーザー取引がよほど機能していない限りはおすすめできません。基本的には、売買板取引でユーザー同士での取引をしてください。

Zaif信用取引・FX・先物取引の手数料

FX

Zaifは現物取引以外には、借入でのレバレッジを効かせた信用取引と、証拠金による差金決済のFXと先物取引があります。

種類が増えて、ちょっとだけややこしくなってきましたね。

ざっくりとした違いは、信用取引は証拠金によって借り入れができ、倍率を上げたレバレッジ取引や空売りが可能です。(Zaif信用取引の最大レバレッジは7.77倍です)

FXと先物取引は、証拠金による差金決済取引で、決済期日が無いのがFX、決済期日があるのが先物取引と覚えておくといいでしょう。(ZaifのFXと先物取引の最大レバレッジは25倍です)

取引形態それぞれの手数料を一覧にしてみます。

Zaif手数料
手数料 信用取引 FX 先物取引
取引手数料 0% 0% 0%
借入手数料 0.039%/日
日時手数料 0.039%/日 0.039%/日
利益手数料 0.7%
スワップ手数料 最大±0.375%

(手数料は変更となる可能性もありますので、詳細はZaif公式サイトをご確認ください。)

細かく分けられていますが、使う側としては、信用取引・FX・先物取引を使うと1日に建玉の0.039%の手数料が掛かると覚えておいてください。長期投資には向きません。

信用取引は利益確定時に、利益に対して0.7%の手数料も掛かります(1倍時には掛かりません)。利益に対してなので、建玉と比べると実際には大きく掛かるわけではありませんが覚えておきましょう。

FXのスワップポイント手数料は少しややこしいですが、現物価格からFX価格が乖離するほどにスワップ手数料が大きくなり、スワップポイントは2時間おきに確定します。(詳しい計算方法はこちら

これらは他の取引所と比べてもほぼ変わらない数字で高くも安くもありません。FXや信用取引にもマイナス手数料の導入を期待したいものです。

信用取引・FX・先物取引は便利でリターンも大きいですが、リスクと手数料も比例して上がっていくものです。

基本的には現物取引よりも毎日手数料が掛かるものだと覚えておくといいでしょう。

Zaifの信用取引やFX詳細についてはこちらもご参考ください。

[badge name=”関連記事” color=”#17a5ca”]Zaifのビットコイン投資方法(現物/FX/信用取引/先物取引)

Zaif入出金・送金手数料

仮想通貨の入出金

取引手数料以外はそこまで重視するものではありませんが、送金はそれなりに使うはずなのでざっくりとでも把握しておきましょう。

Zaif送金手数料
BTC 0.0001BTC以上選択可
XEM 2XEM〜
MONA 0.001MONA
BCH 0.001BCH
ETH 0.01ETH
Counterpartyトークン 0.00420BTC

この手数料以外に、マイナーに支払う送金手数料を上げることによって送金時間を早くすることができます(仮想通貨の仕様です)。

送金手数料は、送金1回当たりに掛かるので、少額だとかなり割高になってしまうのが注意点ですね。

Zaifへの入金は銀行振り込み手数料がユーザー負担、出金は350~756円で出金額によって異なります。

入出金の頻度は少ないはずなので、そこまで気にすることもないでしょう。

積立引落手数料

Zaifでは、積立による引落しでの仮想通貨購入ができるので、これを利用する場合は手数料が1.5%~3.5%掛かります。

手動で取引する方には関係ありませんが、積立で引落をする方は覚えておきましょう。

Zaif積立投資についてはこちらをご参考ください。

[getpost id=”813″]

まとめとおまけ

仮想通貨ビットコイン取引所Zaifの各種手数料でした。

Zaifはマイナス手数料が魅力的すぎるので、短期トレードメインの方にとっては第一選択肢となる取引所ではないでしょうか。現在はマイナス手数料は終了してしまいました。無料ということで、他の取引所と同等の手数料となっています。

また、1日0.01%で年率3.6%の利殖ログインボーナスもあるので、長期投資の方にもおすすめの取引所です。

ぜひZaifでお得に仮想通貨投資をしていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる