Zaifに口座を開いたらセキュリティで2段階認証をした方がいいのかな?

Zaif(ザイフ)で、仮想通貨ビットコイン取引口座を作ったとしても、大切な資産を預けておくのですからセキュリティは最も気を付けてほしい点のひとつです。

2段階認証をしておくだけでグッとセキュリティは上がるので、ぜひ設定しておきましょう。

使用するものは、スマホと「Google Authenticator」アプリです。

Zaif(ザイフ)での2段階認証

Zaif(ザイフ)での2段階認証の設定は、スマホとアプリを使用してパスコードを利用する形です。

アカウント→アカウントとセキュリティにある2段階認証設定に進みます。

Zaifでの2段階認証に使用できるアプリが表示されています。

[2段階認証の設定を開始]をクリックしてください。

おすすめの2段階認証アプリが表示されているので、お好きなアプリで構いませんが、今回は定番のGoogle認証システムで説明していきます。

(Google認証システムアプリを使っているとコインチェック口座の二段階認証など他の仮想通貨取引所にも応用できるのでおすすめです。)

Google認証システムアプリでQRコードを読み込む

手持ちのスマホがiPhoneなら「iosアプリ」、Androidなら「Androidアプリ」をクリックしてください。それぞれのアプリストアに飛びます。

パソコンで口座管理画面を操作しているなら、スマホのアプリストアに入って「Google Authenticator」と検索してください。
iPhoneのapple storeなら「Google Authenticator」、AndroidのGoogle Playストアなら「Google 認証システム」アプリが出るはずなので、このアプリをスマホにダウンロードしてください。

アプリを起動し、下の[設定を開始]か、右上の[+]を押すと出てくる[バーコードでスキャン]を選ぶと、バーコードをスキャンできるようになります。

カメラ権限へのアクセスを求められるので許可してください。後から許可するには、設定→プライバシー→カメラ→認証システムです。

これで、Zaif口座の2段階認証設定ページで出ているQRコードを読み込んでください

読み込むと6桁の番号が表示されるので、これをZaifのQRコードの下に出ている6桁数字の入力欄に入れて[確認]を押してください。

「2段階認証の設定を有効化しました」と出れば設定完了です。

6桁の番号が適用されている時間は一定(30秒ほど)で変わるので、ちょうど切り替わるタイミングだった場合は認証されません。その場合はもう一度読み込んで、6桁の番号を打ち込みましょう。

2段階認証を使う場面の設定も表示されているので、合わせてお好きにカスタマイズするのもいいでしょう。

全てデフォルトのままでもいいと思いますが、変更する場合は該当チェックを外して、2段階トークンを入力して[設定を更新]です。

Zaifの二段階認証まとめ

  1. 「Google Authenticator」アプリインストール
  2. Zaif2段階認証のQRコード読み込み
  3. 6桁のパスコード打ち込み

バックアップコードの発行

これでログインや各種設定をするのはスマホアプリでの2段階認証が必要となり、セキュリティは上がりましたが、自分もスマホを紛失したり故障するとどうにもならないという話になります。

この時のためにバックアップコードの発行があります。

バックアップコードを発行しておけば、バックアップコードで一度だけZaif にログインできるので、2段階認証を一旦停止した上で、新しい端末で再度2段階認証を設定し直せばオッケーということです。

バックアップコードがなくても、問い合わせページからも2段階認証停止依頼ができるので時間は掛かりますがどうにかなります。

念のためにバックアップコードを発行しておくのもいいでしょう。

 2段階認証の停止は、2段階認証設定の一番下にあり、パスワードを使用して設置停止をします。

2段階認証でZaifにログイン

Zaif口座での2段階認証の設定は完了したけど、何が変わったのかも試してみましょう。(試さなくても次回ログイン時に確認もできますが)

試すには一度ログアウトをして、もう一度ログインをしてみます。

「2段階認証を設定している場合はクリック」を押すと、2段階認証トークン入力欄が出るので、ここにGoogle認証システムアプリに表示されている6桁の数字を入力してください。

メールアドレスとパスワードと2段階認証トークンの全てを入力しないとログインできない仕様となっているはずです。

ちなみに、「このコンピューターを信頼する」にチェックを入れると、次回からはその端末では2段階認証トークン無しでログインできるようになります。
他の端末からは2段階認証が必要なので、セキュリティは上がったままで、利便性は下がらないということですね。

機種変更などは2段階認証を解除

スマホ紛失時は予期できないのでしょうがないのですが、機種変更で旧機種が使えなくなってしまう場合は一時的に2段階認証を解除してください。

そして新しいスマホで再度2段階認証アプリをインストールして、2段階認証を設定しましょう。

まとめとおまけ

Zaif口座アカウントでの2段階認証設定でした。

流れをまとめると、

  1. 「Google Authenticator」アプリインストール
  2. Zaifの2段階認証のQRコード読み込み
  3. 6桁のトークン打ち込み

というシンプルさです。

2段階認証はセキュリティ強化に必須と言ってもいいほどなので、必ず設定しておきましょう。

公式サイトZaif

 

また、他の取引所との分散管理も重要で、複数の取引所で口座を持っておくことはほとんどの方が取っている方法でもあります。

ただ、複数の取引所での共通パスワードの使用はリスクが高いので避けてくださいね。

Zaifと合わせて使用する仮想通貨取引所は、ほとんどの方が使っているbitFlyerとコインチェックがおすすめです。

公式サイトbitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

複数の取引所口座開設のメリットはリスク分散の他に、ビットコイン価格差で送金して利益を出せるメリットも大きいので、Zaifと合わせてぜひ開設しておきましょう。

仮想通貨取引所おすすめランキングとして、手数料や取り扱いサービスなどの各項目をZaifとも比較できますのでこちらもぜひご参考ください。

仮想通貨ビットコイン投資まずはここから
仮想通貨ビットコイン投資の注意点
仮想通貨ビットコインFX始め方
あなたのビットコイン予想価格は?

ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。
さて、あなたのビットコイン予想価格はいくらでしょうか?

ビットコイン価格の推移
2010年9月 5円 2014年5月 5万円
2011年3月 100円 2017年1月 10万円
2012年11月 1000円 2017年5月 20万円
2013年3月 5000円 2017年9月 40万円
2013年10月 1万円 2018年~ ????

50万円?100万円?1000万円?
仮想通貨の将来性の高さは、大きなリターンを得るチャンスとして果てしなさすら感じます。
ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。